JAZZを身近な音楽に~JAZZを通じて、実り多く、心豊かなライフスタイルを~【第1回】自己紹介~その1~

ポイント(この記事は3分で読み終わります)
  1. 音楽を通じて心の中に余裕をもたらす
  2. 転勤族の中で見つけた自分の強み
  3. 世の中にある事象に無駄なことは一つもない

初めまして。名古屋を中心に活動中、JAZZボーカル伊藤綾です。このたび、ご縁をいただき、記事を書かせていただくことになりました。起業に向けて準備をされている方々に、私の経験、知識が少しでもお役に立てば幸いです。毎月2回、半年の連載。どうぞお付き合いください。

自己紹介

まずは、自己紹介から。音楽の街、浜松で生まれました。浜松から沖縄へ。沖縄から福岡へ。福岡から鳥取へ。鳥取から青森へ。父親の仕事の都合で、何度も転校を経験。高校受験を視野にいれ、青森から浜松へ帰って来たのが最後の転校となります。転校が決まるたびに、「友達が出来なかったらどうしよう。」と不安で泣く私に。
「綾なら大丈夫だよ。」と笑顔で励ましてくれた母の方が、よっぽど不安だったんじゃないかなと、今では思います。

父の異動のせいで、友人と別れる寂しさを味わいましたが、初対面の人でも、すぐに打ち解けて仲良くなれるのは、転校経験があったからだと思います。保育園時代からオルガンを始めたのは両親の影響が大きいです。父も母も音楽が大好きで、ビートルズやエルビスプレスリーなどの洋楽から、邦楽までジャンルを問わず、いつも音楽が流れていました。

高速道路を運転しながら、アリスの「チャンピオン」を熱唱していた父のおかげで、私たち姉妹は、みんな、「チャンピオン」歌えます。小学校入学から、中学3年生までエレクトーンを習っていました。エレクトーンという楽器は、右手でメロディーを。左手でコード(和音)を押さえ、左足は、ベースを、右足は音の強弱を担当します。両手両足を使う楽器である事に加えて。クラシックから、ポピュラー、JAZZのスタンダードナンバーを。メモリーに内蔵されている、いろんなリズム、例えば、8ビート、16ビート、4ビート、ワルツ、サンバ、マンボに合わせて演奏するうちに、いつしかドラムへと興味が移ってきました。また、この時に覚えた曲、リズムの種類が、JAZZボーカルとしての活動に役にも立っています。

ドラムへの興味と同時に、映画、特に洋画に夢中になった高校時代。当時、翻訳と言えば、戸田奈津子さん。映画を見終わると、最後の方に「翻訳 戸田奈津子」という文字が、映画を見るたびにスクリーンに映し出されるのを見て、「英語を勉強して翻訳家になったら、大好きな映画が、誰よりも一番早く見られる!」という安易な考えで、大学は英語を専攻する事に。同時に、入部した軽音部ではバンド演奏の楽しさに目覚めます。

もう時効だと思うので告白しますが、授業には出てなくても、部室には、必ず顔を出す毎日。ビートルズのコピーからはじめ、オリジナルも演奏するようになり、いくつかのコンテストにも出場、入賞するほどのバンドに、名古屋市内のライブハウスにも出演するようになり。

夢は翻訳家からドラマーに変わりました。しかし、夢を見ていたのは、私だけ。バンドメンバーが、全員、就職決定。プロになるものだと思っていた私ですが、ドラマーだけでは、何にもできません。仕方なく、就職活動をはじめるものの、採用をいただけず、海外にでも行こうかなぁと、卒業を一週間後に控えたある日。ゼミの友人から「私の伯父が、支店長をやってる会社があって。事務の子を探してるみたいなんだけど、綾ちゃん受けてみない?音楽活動を続けるにしても、収入があった方がいいよ。」と説得され、入社試験を受けたところ、音楽にしか興味のない、生意気な私を採用していただく事になりました。

面白い事に、音楽とはかけ離れた、その会社に入った事で、JAZZの世界の扉が開き、今の私があるのです。ここまでを振り返ってみて、以下の事に気が付きました。
・幼少のころから音楽が身近であった事
・周りの友人に恵まれていた事
・常に興味のあるものに真剣に取り組んだ事
音楽が身近な家庭環境については、親に感謝。周りの友人に恵まれていたことについては、友人たちに感謝。自分の興味のあるものには、素直に、そして真剣に取り組んだ事は、良かったなと。身に着けたものは、確実に今のジャズボーカルに役に立っております。

例えば、英語。JAZZの歌詞は英語です。覚えるのも苦労されてる方がいる中で、普通に音読できて、発音にもそんなに困らないのは、翻訳家 戸田奈津子さんに憧れて、英語を勉強したおかげ。そしてエレクトーンを習ってたおかげで、いろんな曲を覚え、リズムの種類も詳しくなりました。そして実際にドラムをたたいた事により、リズム感も良くなり、バンドで演奏した事により、周りの音も聞けるように、全てがジャズボーカルとして活動するために、必要な要素を身に着けるための経験だったように感じます。

世の中に、無駄なことは何一つないと私は思っております。もしかしたら遠回りに感じるかもしれないけれど、その時その時に興味があるものは全力で取り組み、ある程度のレベルまで極める事。そうすると、自分が人生をかけて極めたいと思う「何か」にたどり着く事ができます。私の場合は、JAZZでした。もしかしたら、まだやりたい「何か」が見つからない方もいるかもしれません。大丈夫です。繰り返しになりますが、少しでも興味を感じたもの、気になったものは試してみる事。そして始めたからには、極めるまで続ける事。そうすると、私がJAZZに呼ばれたように、人生をかけて、取り組みたいもの、仕事にしたいことが見つかります。

次回は入社後からJAZZに出会うまでを書いていきます。お楽しみに。


6/4~英語とJAZZのコラボイベント実施~
Enjoy English through Jazz with Aya 略してEEJA(イージャ)
http://www.ongaku.cc/aya/liveinfo/entry-1139.html
伊藤綾オフィシャルサイト http://www.ongaku.cc/aya/#top
LINEアプリ内で「@ayaito_jazzvocal」で検索すると出てきます。

 


 おすすめの関連記事

ー第2回はこちらからー
JAZZを身近な音楽に~JAZZを通じて、実り多く、心豊かなライフスタイルを~【第2回】自己紹介

ー第3回はこちらからー
JAZZを身近な音楽に~JAZZを通じて、実り多く、心豊かなライフスタイルを~【第3回】JAZZに夢中になった瞬間

 

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事