【第6回】教室名で失敗しない4つのポイント

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 教室の名前をつける時は「わかりやすく、覚えやすいこと」「被らない名前にすること」「ドメイン名をつけること」「インターネット集客を考えること」の4つを抑える。
  2. 運営のコンセプトなどしっかりと思いを込める
  3. SNSを最大限に利用できる物にする事

この記事は、5分で読み終わります。
ポイント:教室の名前をつける時は「わかりやすく、覚えやすいこと」「被らない名前にすること」「ドメイン名をつけること」「インターネット集客を考えること」の4つを抑える。

1.ネーミングの重要性

教室を開くことになったら、大事になってくることは、名前を付けることです。
会社では株式会社〇〇という名前を付けると思います。また教室であれば〇〇教室や〇〇塾といったように名前を付けると思います。

自宅で小さく始めるし、わざわざ名前まで考えることはないのでは?と思うかもしれませんが、ネーミングこそしっかりと考えておかなくてはいけません。
ネーミングには、教室運営のコンセプトや思いが込められたものになりますので、いい加減に決めないようにしましょう。

1-1.ネーミングを付ける際の注意点

ネーミングを付ける際に、何を考えていかなくてはいけないのでしょうか?
少しネーミングを付ける際の注意点について考えていきましょう。

わかりやすく、覚えやすいこと
ネーミングを付ける際には一目で理解できてわかりやすいものがいいとは思います。少し捻った名前を考えたいと思うのであれば、お客様が名前を聞いた時に、あなたに聞いてみたくなるような興味を持たれるものもいいかもしれません。短くて、わかりやすくて興味が引かれるものを心がけていく必要があります。凝り過ぎてしまうと、なんでこんな名前なの?という状況になってしまうので、注意しましょう。

被らない名前にすること
教室の同じ地域や同じ業種のなかにあなたの考えるものと同じ名前が被っていないかは調べておくようにしましょう。
インターネットを使って考えている名前の候補を検索してみるといいでしょう。すでにありふれている名前をつけてしまうと同じ業種でなかったとしても他のお店などに埋没してしまう可能性もあります。なるべくであれば、名前を検索したときにあまり表示されないものを選んでいくといいのではないでしょうか。ただ奇抜な名前で、あなたのコンセプトと全く関係ない名前をつけてしまうのは本末転倒なので注意してください。

ドメイン名を調べること
ホームページを活用しようと考えている方は、ドメイン名を調べることも必要になってきます。
できれば、教室名+.com・教室名+.co.jpなど取れるように先に調べておくことも大事です。

インターネット集客が出来るかを考える
インターネットを使った集客を考えていない方は特に必要はありません。しかし積極的にインターネットを活用していこうと考えている方はしっかりと調査をしましょう。
特に、教室名で上位表示出来るかという点についてはしっかりと競合調査が必要です。似たような教室名が存在している場合は、その教室よりも上位表示することが困難になります。また、SNSを活用して集客を考える場合は、twitterやfacebookで教室名で登録出来るかということも考えていく必要があります。

ーこちらの記事も合わせてお読みくださいー
【第7回】教室運営に必要な3つの集客方法

おすすめの関連記事

ートラブルを未然に防ごう!ー
副業では「著作権侵害」に注意しよう


ー開業する前に必ずやるべきことー
勝つために必要なネットショップの開業準備まとめ

記事にコメントしたり、専門家に質問しよう

コメント数:0

ダウンロードコンテンツ

関連記事