成功の確率の上がる人材紹介会社起業のススメ【第6回】 人材紹介業における最適な顧客獲得法

更新日:2017.02.23

1.企業の顧客獲得方法

どのビジネスを行う上も重要になってくるのは、どうやって顧客を獲得するかということです。
人材紹介業においては顧客である求人を必要としている企業をどのように獲得するかということを考えていかなくてはいけません。

 

どんなに素晴らしい能力を持っていても、それを発揮するための顧客がいないことにはどうすることもできません。
ですから、顧客獲得方法を考えておくことは非常に大切なことであると言えます。
いろんな方法がありますが、どの方法があなたに最適なのかを考えて実行していくようにしてください。

1-1.ホームぺージを活用した集客

特にホームページでの顧客獲得がおすすめです。
他の営業方法は抜きにしてネットだけの営業が一番やりやすいと思います。

 

現在はインターネットがパソコンだけでなくスマートフォンの普及で気軽に情報をホームページやスマホで調べる時代に
なってきています。
より多くの顧客獲得を狙っていくのであれば、これからはホームページを持つことはほとんど必須のことであると言えるのではないでしょうか。
下手をすればホームページを持ってない会社だと、人材紹介事業を行っていることを潜在的な顧客に認識されることすら厳しい状態に陥るかもしれません。

 

また人材紹介会社のような、仕入れを必要とせず、情報を提供するよう業種では情報の新鮮さが非常に大切ですから。
その点から考えてもいつでも新しい情報があればすぐに更新できるホームページは人材紹介会社とは非常に親和性が高い媒体と言えます。
代表者のブログと合わせてホームページをリンクさせていけば、よりあなたの会社をアピールすることができますので、是非チャレンジしてみてください。

1-1-1.ホームページの作成方法

ホームページを自分で作るという選択肢もありますが、ちゃんとしたホームページにしたいのであれば
私としてはホームページ制作会社に依頼することをお勧めします。

 

ホームページを依頼することになると数十万はかかるとは思います。
リターンのある投資だと思えばそこまで高くは感じないはずですが、最初から規模の大きな企業のように数百万円以上もかけて作ることは辞めておきましょう。

 

1-2.ホームぺージ以外の集客方法

ホームページ以外の営業方法としては以下のようなものも挙げられると思います。

 

・友人・知人からの紹介(会社関係のつながりが強固ならありだと思います)

・直接営業する(いわゆるアナログ営業ですが、効果は低いかなと思われます)

・ダイレクトメールなどを出してみる(反応率は低いのでお勧めはしません)

・各種の団体などの加入してみる(情報収集の目的ではいいかもしれません)

・交流会に参加してみる(人脈を広げるには役に立つので後々になって仕事になるかも?)

あなたが人材紹介事業で成功するためには、たくさんの分野で企業に必要とされる優秀な人材をいかに多く探し出すかがポイントになってくることはわかると思います。

 

2.求職者の獲得方法

求人を出してくれる企業を確保することも、大事ですが、求職者の確保も合わせて重要になってきます。
それでは求職者を集める方法をいくつか挙げていきましょう。

2-1.自社のホームページを利用する

顧客となる企業を集める際にも利用することをお勧めしましたが、求職者を集める場合にもホームページは大きな武器になることは間違いありません。

 

求人が必要な企業を集めるホームページと一緒して求職者を集める方法もありますし、2つのホームページを制作して、求職者用と求人が必要な企業用に完全に分けてわかりやすくする方法もあるでしょう。

 

2つのホームページを制作して運用するとなると、初期のコストも心配になってきますが、ホームページの維持管理費用として毎月の固定費が発生をしてきますが、費用面と効率面を考えてどの方法を選ぶかは、経営者であるあなた次第ということになります。

 

ホームページの有効な使い方は依頼をする場合には制作会社の方とよく話し合いをして方針を決めることが大切だと考えています。

2-2.様々な媒体に登録者募集の広告を掲載してみる

広告掲載の場合には、掲載予定の媒体によっては費用が莫大にかかることがありますから、あなたの事業の営業戦略をしっかりと練って、最も効果的だと思うものに資源を集中させないといけないでしょう。

 

開業当初であることを考えると新聞の折り込みチラシなどは金銭的に負担が多いので、広告を掲載できる媒体は自然と限られてくるのではと考えられます。

 

2-3.ポスティングをしてみる

チラシなどを作成して、一般住宅の郵便受けへポスティングしてみるのも手法の1つです。
効率的にチラシを投函するにはマンションなどの集合住宅が乱立している地域がお勧めと言えるでしょう。

 

ただ住んでいる年齢層によってチラシに記載する情報を変更していかないと、全く関係ないと判断されて読まれることすらないこという危険性も考えられます。

 

このほかにも事務所近辺に仕事の情報をお知らせとして出してみたりと考えられるとは思いますが、やはり求人企業を集めるときと同様に情報の新鮮さが重要ですのでホームページを使って集める方法が最も有効かつ効率な方法であると考えています。

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる