不動産開業の取扱説明書【第8回】開業したら始めにすべき挨拶回り

ポイント(この記事は2分で読み終わります)
  1. 開業したら「地域の不動産業者」「ハウスメーカー」への挨拶まわりが大切。
  2. 不動産業界は物件情報を出来るだけ多く持っているのが成功のカギ。他社の物件も取り扱わせてもらえるよう関係構築すると良い。
  3. 前もった挨拶回りは今後の営業において円滑に回すためのもの。

この記事は、3分で読み終わります。
ポイント:開業したら「地域の不動産業者」「ハウスメーカー」への挨拶まわりが大切。
ポイント:​​​​​​不動産業界は物件情報を出来るだけ多く持っているのが成功のカギ。他社の物件も取り扱わせてもらえるよう関係構築すると良い。

1.地域の不動産業者への挨拶

準備が整えば、開業することになります。まず一番最初に行うべきことは、挨拶回りをすることが先決です。丁寧にご挨拶をする事で、売り上げや業務の幅も増えていきます。開業してからしばらくは、名刺を100枚持って、地域の先輩不動産業者へ挨拶回りをすることが大事です。「今度、○○地区で開業した者です。どうぞよろしくお願いします。御社で取扱いの物件を扱わさせて頂けるものがあったらご紹介ください」と、挨拶をしにいくとよいでしょう。

不動産業は特殊な営業形態で、不動産屋の近くに、別の不動産屋が開店することは、珍しいことではありません。もっとも取扱い物件や経営形態が異なるために、完全な競争になることが少ないです。そもそも不動産業者は、取扱いの物件に早く入居してもらうことで、収入を得ています。
 <

残り578文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

関連記事