総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【ベトナム最終日→タイへ移動】タイで猛烈に起業されている若手2人との出会い

ポイント
  1. タイに到着してからのギャップ
  2. 二人の起業家との会合で見つけれるもの
  3. 東南アジア各国の街の雰囲気のギャップ

目次 [非表示]

おはようございます!初めてホテルの朝食を食べることができました。
朝食後、ホテルをチェックアウトして空港へ。市街地からはタクシーで20分程度、10万ドン程度です。

空港では、楽天カード作った際についてきていた、ラウンジ利用し放題のカードでラウンジにいきます。
楽天カードのよいところですねとても!海外行かれる方は費用対効果かなり高いと思います。

IMG_2305

 

 

 

 

 

 

 

 


約1時間20分程度のフライトを経て、初めて、タイ上陸です。上陸後、空港で遅めのランチ。
空港内のお店は日本と同じ金額ですね。僕はカニチャーハンを注文。大体900円です。

フィリピン、ベトナムとは明らかに違う都会感。特に、空港から電車が出ているかは大きいですよね。(フィリピン、ベトナムでは全然電車を見かけません。)タクシーで中心地から移動すること40分程度(空港から少し離れています)宿泊のホテルにチェックイン(2泊2名で9千円です)めちゃめちゃよいホテルです。安い!

そこからタイ1発目のインタビュー先である、越さんとの待ち合わせ場所にウーバーで移動しました。越さんは驚くくらい等身大で、カッコをつけずにめちゃめちゃベンチャーの泥臭いお話しをしてくださいました。めちゃめちゃ共感の連続のインタビューとなりました。

「会社退職から1年間の事業計画づくりを経てタイにて起業」
「タイ人エンジェル投資家からの資金調達」
「給与の未払いなどピンチの連続の中で味わった起業の真実」
「成功する経営者に唯一共通するポイントは・・・」

越陽二郎さん(Talentex

インタビューを終えて、21時よりクリニック・薬局経営をされている飯田さんとインタビューでした。日本人が常駐する薬局・クリニックということで、とても安心感のあるお店でした。既に5店舗出店されています。飯田さんは現在28歳です。何で薬局やろうと思ったか気になりませんか?

「21歳大学3年生のときに就活中に会社を設立してしまった」
「23歳タイで起業をしようと1週間の視察で決意」
「日本人が常駐しているという唯一の薬局というポジション」
というめちゃめちゃ面白いお話を伺うことができました。インタビュー楽しみになさっていてください。

飯田直樹さん(ブレズクリニック

インタビュー後、街を少し歩きいろいろなお店を体感しましたが、露店が多いですね本当に。またフィリピン、ベトナムと比べると、旅行者の方が多いです。良いご飯屋さんが見つからなかったので、セブンイレブンで食事を買って、ホテルに戻り早々に寝てしまいました。おやすみなさい。

ーこちらも合わせてお読みくださいー
アウトソーシングとは?言葉の意味やメリット・デメリットを知って上手に活用する

 

おすすめの関連記事

前の記事
【ベトナム2日目】海外であっても小さい一歩が最初のスタート

後の記事
【タイ2日目】日本企業のマーケテイング支援、農業、ホテルの分野で起業された日本人に会うの巻 

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事