愛宕 翔太
伊藤 健太
株式会社ウェイビー 代表取締役CEO

「最高の製品をつくりたい!」~東大在学中に社会人、そしてちょっとヒモになった起業家の生き方~

ポイント(この記事は7分で読み終わります)
  1. 自分の中で大きく変えてくれる存在に出会う事
  2. 答えられるニーズには出来る限り答えつづけて走りまくってた
  3. これまでになかった最高の製品で、最高の体験を届ける。

東大からベンチャーへ。25歳までに起業する。

対談
START
 

株式会社ウェイビーです。よろしくお願い致します!まずは、自己紹介からお願いします。

対談
START
 

コデアル株式会社代表の愛宕(あたご)と申します。会社は今5期目です。事業としては、ITエンジニアの採用支援事業を行っています。完全成果報酬型で、優秀なITエンジニアの採用が可能な「コデアル」という製品を自社で開発・運営しています。

対談
START
 

起業に興味を持ったのはいつですか?

対談
START
 

最初に起業に興味もったのは大学2年の頃でした。当時は特にやりたいこともなく、地元長崎から上京し、遊びほうけていました。たまたまそんな時、大学の先輩が学生団体に参加してみないか?と僕に声をかけてくれたので、よく分からないままにとりあえず暇だしということで、参加してみることにしました。

その学生団体は、母校の大学OBと現役の学生の接点をつくるような活動をしている学生団体でした。そのため、たまたまなのですが、起業家の方に限らず、官僚の方、研究者の方、商社に勤める方、とにかく様々な仕事についていらっしゃる、多くの社会人の方々とお話しさせていただく機会に恵まれました。

そんな中、自分にとって、一緒にお酒を飲むと楽しく、この人たちに少しでも近づきたいと直感的に思ったのが起業家のOBの方々に多かったのです。また当時彼らとお話しさせていただく中で、苦労を苦労と感じさせないその快活な人柄に強い魅力を感じたのを覚えています。

対談
START
 

学生時代にそういう機会があるのは、いいですね。

対談
START
 

そこから興味が湧いたので、まず起業家の方が書いた書籍を100冊ほど読みました。その中で僕が最も興味を持った会社がソニーで、ソニーの創業者である盛田昭夫さんの存在を初めて知り、すごくカッコイイなと思いました。単なるミーハーですがw

今になって思えば、きっとこれまでなかった切り口の製品を世の中に問いかけていたその企業としての姿勢が、自分を直感的に惹きつけたのだと思います。
そこからソニーのような会社を創るにはどうしたらいいのだろう?と考えるようになりました。ソニーのような会社といった時に、やっぱり技術に強い会社を創らないといけないと考え、今の時代、21世紀のソニーを考えるのであれば、成長領域である、インターネットの領域で、技術に強い会社をやらなきゃいけないと考えました。

ただ悲しいことに、当時僕は大学3年生になっていましたが、ブラインドタッチも出来ない、タイピングも遅いという始末。。。そもそも高校生の時も家にPCはなかったし、全くPCに触れるということすらまともにない状態でした。

対談
START
 

そこからどう動いたのですか??

残り3219文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事

著者プロフィール

愛宕 翔太

コデアル株式会社代表取締役社長 全国高校囲碁選手権大会 全国大会出場 大学3年の夏から旧東京大学産学連携のデータマイニング企業「リッテル」(現在は株式会社ネクストに譲渡)にジョイン。東京大学経済学部経済学科卒業。大学では新宅純二郎先生の下、MOT (技術経営) を学ぶ。卒業後、買収先の株式会社ネクスト リッテル研究所に入社。 新卒2年目で株式会社ネクスト新規事業部門にて、新規Webサービス「メンターズnet」を企画・実装(現在はサービス提供終了)。2012年にコデアル株式会社立ち上げ。コデアル株式会社代表取締役社長に就任。

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO

慶應義塾大学3年時リクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、 23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 起業当初お金がなさすぎて、カードで借金生活を送る。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案し、大ヒットを連続。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。 月間20万人以上の商売人をお助けしている「助っ人」や 全国500人以上の商売人が参加している、世界で一番お客様を喜ばす商売人輩出のアクセラレーションコミュニティー「チャレンジャーズ」を主宰 2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年8月にスイスのダボスで開催された、世界の若手リーダー140カ国から450名超が集まる、グローバルシェイパーズサミットに日本人3名のうち1名として参加。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任し、 超実践的な売上を上げていくマーケティング手法や、新規事業の立ち上げ方、イノベーションについて研究や講義を展開。 また全国の自治体との取り組みも開始し、 徳島県美馬市、千葉県銚子市、熊本県人吉市、福井県おおい町、和歌山県などと 地方創生×起業家の新しい可能性を示しています。 元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。