独立開業から根底にあるのは「友情」と「信頼関係」。ベンチャー企業における副社長の役割について

ポイント
  1. 小学生の時の親友たちとの起業。
  2. 適材適所をする事、不得意な事を隠すことより得意な事を伸ばす。
  3. 互いの信頼関係があるからこそお互いに頼る。

残り2160文字

続きを読むにはメルマガ登録(無料)が必要です。
入力はメールアドレスだけ!10秒で登録完了!

メルマガ登録がお済みの方はこちらからログイン

メルマガ登録

登録することで、利用規約・プライバシーポリシーに同意したものと見なされます。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

助っ人編集部

助っ人編集部

起業家を増やし、一緒に世界を楽しくするべく立ち上がった助っ人編集部。 起業家、起業を志す全ての方へ、全国の有力な起業情報をお届けします。 無料会員登録をしていただくと さらに多くのコンテンツをご覧いただけます! ホームページ: https://suke10.com/

北見 大輔

北見 大輔

1986年4月25日生まれ 慶應大学経済学部卒業 株式会社ウェイビー代表取締役副社長 大学卒業後に、2012年に上場しました株式会社ベクトルに入社し TV番組や雑誌を通じてモノやサービスを広めるPR業務に従事。 同時に将来の起業のため、ベンチャー企業での実務経験を積む。 その傍ら株式会社ウェイビーを設立。 ウェイビー内においては主に起業家を対象としたイベント、デザイン、PRなどに従事。 日本最大級のビジネスマン向けビジネスコンテストや20代限定の起業塾などを開催し、 起業家という生き方、起業という手段を多くの人に認知してもらうために活動している。