「個」の時代を生きる、“起業”という働きかた【最終回】個人事業から株式会社へ

更新日:2017.02.23

この記事は、3分で読み終わります。
ポイント:法人化により、税務・財務・人事など経営的な面で個人事業とは新たな側面が見えてくる。

【最終回】社会の幸福な発展に貢献する

全12回にわたり、“起業”に関するお話しや、私の想いや考え方、弊社の事業について書かせいただいた『「個」の時代を生きる、“起業”という働き方』ですが、今回で最終回を迎えました!お読みいただいた皆様、本当にありがとうございました。

この記事を書かせていただいて、自分の中でも、今までの軌跡やこれからのビジョンを見つめ直す機会になり、非常に良い経験となりました。また、実はこの連載の最中、2016年10月に法人化を行い、個人事業から「株式会社」となりました!

社名も「SCコンシェルオフィス」から「株式会社アルフォース・ワン」(英名︰ULFORCE ONE Co., Ltd.)に変更し、心機一転、第二の起業人生を歩んで行くこととなります。社名にある「ULFORCE」とは、、英語のUltimateとForceを組み合わせた造語で「Ultimate」「Force」「One」それぞれに会社、人(内外)、社会に対しての"想い"が込められています。

弊社では、我々にしか提供する事のできない、唯一かつ最高のサービスをもってお客様はもちろん、全ての物事に対峙し、常に驕ることなく、「社会の幸福な発展に貢献する」という最も遠くにある目標に向かって、一丸となって前進していきます。

目まぐるしく変化するこれからの時代を「個」の時代と捉え、社員一人ひとりが個人で社会と戦える「強い個」であることと同時に、会社という屋根の下に集った、目的を一つにした「強い集団」でもありたいと考えています。

まさにこの記事を書いている現在もバタバタと準備や事務処理に奔走しているのですが、個人事業とは勝手が違う部分も多く、日々新しい課題との闘いです・・・。法人化することにより、起業についてはもちろん、税務・財務・人事など経営的な面でも新たな側面が見えてきて、楽しい反面、やはりプレッシャーも半端ないです(笑)法人化にあたっても、決して私一人の力でできたものではなく、多くの仲間や友人、取引先の皆様のお力添えがあって初めて、今回の法人化を実現することができました。

今後も、「強い想いと力をもって、唯一の価値を提供し、社会の幸福な発展に貢献する」という、弊社の新・経営理念のもと、立派な経営者として、また皆さまに胸を張ってお会いできるよう尽力していきたいと思います。

最後になりますが、この連載の機会をいただきました株式会社ウェイビーの皆さま、連載にあたりご協力をいただきました皆さま、ご愛読いただきました皆さま、長い間、本当にありがとうございました。またどこかでお会いできることを楽しみにしております。

おすすめの関連記事

ーアイデアを研ぎ澄ましていくためのキーワードー
魔法のことば 結局は何がしたいのか?がヒット商品を生む

ー上手に「人を雇う」ためにー
初めて人を雇用する際に知っておくべきコトのまとめ

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

メニューを閉じる