ゼロ起業のリアル ~40代外資系製薬会社の営業マンが、 今日からリフォームビジネスで起業にチャレンジ!【第1回】なぜ僕が高給、安定の外資系製薬会社をやめて、リフォームビジネスで起業にチャレンジするのか?

いつかは起業したい! 1年後には必ず起業したい! と考えているあなたへ

 

皆さん、はじめまして!

僕は、三浦 芳嗣と申します。

 

こちらで記事を連載されている他の皆さんと違って、僕は本当に起業の第1歩目を今まさに踏み出したところです。

 

これまで20年働いてきた外資系製薬会社をやめて、縁もゆかりもないリフォームビジネスの立ち上げ準備を始めるところです。タイトル通り、まさにゼロ起業の状態です!

 

ですから起業について、皆さんにお伝え出来るような有益な情報は、残念ながら今は持ち合わせていません。

 

そんな僕が今回の連載を引き受けさせて頂いたのは、将来起業したい! 1年後には必ず起業したい! と思われている方に、ほんのちょっとだけ先を歩いている自分が、何か少しでもお役に立てればと思ったからです。

 

いつかは起業したい! 1年後には必ず起業したい!

そんなあなたに、この記事を読んで頂ければとても嬉しく思います!

 

それでは今日から、宜しくお願いします!

僕がゼロ起業にチャレンジする3つの理由!

あなたが「もうこの仕事、無理!やめたい!」と思う時はどんな時ですか?

 

給料が安い! 上司や同僚と合わない! 休みがない! などなど、色んな理由がありますよね。

 

僕が高給、安定といわれる外資系製薬会社をやめた理由。それは3つあります。

 

1つ目は父への想い、2つ目は一人の人間としてのやりがい、3つ目が起業家の皆さんとの出会いです。

1つ目:父への想い

1つ目の理由。中古車販売業を営んでいた父の「誰にも縛られず、自分の考えで全てのことを行っていく」 その精神をつぎたい! それも大きな理由の一つです。

2つ目:人の人間としてのやりがい

ただ、それ以上に大きな理由がありました。それは自分が一人の人間、一個人として、製薬会社の

残り1228文字

続きを読むには会員登録(無料)が必要です。
入力は↓の3つだけ!30秒で登録完了!

会員登録がお済みの方はこちらからログイン

メールアドレスでの会員登録

利用規約

SNSからの簡単会員登録

Facebookログイン
Twitterログイン

類似記事

関連記事