総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

次はあなたの番!?取り込み詐欺(パクリ屋)にご注意!!

ポイント
  1. 取り込み詐欺(通称パクリ屋)は商品を買ったんだけど代金を払わずに姿をくらますこと
  2. 最初はきちんと支払いをし、慣れてきた頃に大口を持ちかける
  3. 現金化しやすいOA機器などが狙われる

目次 [非表示]

早速ですが、取り込み詐欺って聞いたことありますか? 通称パクリ屋とも呼ばれてます!

私は前職で企業調査会社にいたんですけど、「また関西で暴れてるらしいよ」、「タブレット端末が狙われてるみたい」なんて会話をちょこちょこ耳にしてました。まあ、詐欺って言うぐらいですから、良からぬものであることは間違いないんですけどね。これから「起業するぞ!」って張り切っているあなた!順調に起業したあなた!

これを読まないと、ヤバイ事になるかも・・・

起業家なら知っておきたい!取り込み詐欺って何!?

簡単に言うと、商品を買ったんだけど、代金を払わずに姿をくらますことです。

日本の場合、昔からの商習慣で”X日締めX日払い”ってあるじゃないですか。
だから、実際にお金が振込まれるのは、30日後だったり、45日後だったりするわけです。

その間に、こういう連中は逃げちゃうんです。

「そんなの、いきなり料金後払いなんてやらないよ~。いくら起業したての会社だからって、最初のうちは現金前払いだから、俺には関係ないね」って思ってる人もいるでしょ。

それがヤバイんです!!

連中は最初っからはダマさないんですよ。最初はちゃんとお金も払って、いい子ちゃんぶってるんです。
そんなこんなで、何回か取引実績を作って、ある日、大きな取引を持ち込むんです。当然金額もそれなりの額だから、「ね~今回のはX日締めX日払いでいい?」ってさら~と聞いてきます。

その頃になるとあなたの会社も、相手をちゃんとした取引先って認識してるから、「イイっすよ!」ってなっちゃうんですよ。これが悪夢の始まりなんです。こういう連中を通称パクリ屋って呼んでます。

当然パクリ屋は、だまし取った商品を第三者に売って、現金化します。なので、だまし取るのはすぐに現金化しやすい物なんです。例えば、食料品やOA機器なんかが結構狙われやすいんですけど、最近は何でもアリって状況にもなってます。

こちらもあわせてお読みください
商売をうまくできるようになるためには、失敗を早くに繰り返すべし

 起業家なら知っておきたい!取り込み詐欺の特徴(その1)

パクリ屋と言っても、一見すると普通の会社なんです。

ただ、休眠会社っていうんですかね~。登記だけして、実態がない会社を買い取るケースが多いんです。(もちろん、休眠会社を買い取った会社が全てパクリ屋じゃないですよ!念のため・・・)なぜ、休眠会社を買い取るかと言うと、

  •  簡単に社歴が手に入る!
    社歴の長い方が信用が得られやすい傾向にありますよね。
  •  銀行口座が入手できる!
    起業家のみなさんならわかると思いますけど、銀行口座を作るのって結構大変じゃないですか?
  •  免許が入手できるかも!
    既に不動産なんかの免許を取得している場合は、そのまま使えたりする場合も!

などなどです。あと、ホームページや会社パンフレットも結構ちゃんと作ってますよ!

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事