副業者こそ”スキマ時間”を活用すべし!

更新日:2017.02.23

1 / 2 1 2

課題は時間の少なさ

こんにちは!松山利基です。

 

今回は副業を行われている方にとっての時間活用について書きます。会社員や主婦の方が副業をするにあたっての一番の課題と言えば、そう「時間の少なさ」ですね。フリーで働かれている方よりもビジネスを行うことができる時間が圧倒的に少ないといったことが、本業の傍らで副業を行われている方にとっての悩みです。

 

特に夜遅くまで働かれている方であれば、「いつ副業すればいいんだ!」と訴えたくもなるでしょう。明日の会社のことも気にしないといけませんので睡眠時間を削ることもできません。となると休日を返上して副業を行うことになります。貴重な休日の全てを副業の時間に当てることになりますが、やはりその負担は少しでも軽減していきたいものです。

 

そんな時に僕が活用していた時間テクニックをご紹介します。タイトルにもありますように「スキマ時間」の有効活用です。会社員、主婦といはいえ一日中何かをしているわけではありません。必ず「スキマ時間」が存在します。そんなスキマ時間を見つけて副業に関して少しでもできることをやってしまいましょう。僕の場合は会社員でしたので、会社員が有効活用できる「スキマ時間」をご紹介します。

会社の休憩時間を有効活用せよ!

会社員の方であれば、ほとんどの方に休憩時間があると思います。僕の場合はお昼休みとして1時間の休憩時間がありました。この休憩時間を有効活用し、その日の夜に仕上げてしまいたい仕事の準備をします。Webライターの僕の場合であれば、記事のネタや文章構成を考えておく、クライアントと連絡をとる、納期等のスケジュールを調整しておく、といった準備を行っていました。食事はおにぎりやサンドイッチなどを食べながら、スマホを使って準備をしていました。栄養が偏らないように野菜ジュースは欠かさずに(笑)

 

こうすることで、会社後の作業の時間が記事作成に集中することができ効率が上がります。物販の副業をされている方であれば相場や商品のリサーチ、コンサルタントの方であれば、ブログ記事の考案やSNSの更新、クライアントとの連絡などが可能ですね。ご自身がされている副業で、少ないスキマ時間でも完了することが得きる仕事を見つけて実行しましょう。その後の仕事の効率性がグッとあがりますので、細かい簡単な仕事はこういう時間を使って片付けておくことがベストです。

 

上司や同期からの食事の誘いもありましたが、全て断っていました。断っていくうちにだんだん「あいつは誘ってもこない」という存在になるので、どんどん一人で行動できます。それが寂しいというのであれば、例えば週に1回だけは皆と食事をするなど調整しましょう。僕は「会社員を辞める」という目標で動いていましたので、会社内での好感度や付き合いはほとんど気にしていませんでした。そのためお昼の1時間の休憩時間を思い切って有効なスキマ時間として活用することができました。

次のページ

1 / 2 1 2

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

メニューを閉じる