総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
税・会計・法律
成長する人
失敗
セールス&営業
人材開発&育成

世界経済フォーラム選抜リーダーが教える、圧倒的な結果を出す人(成長編)

目次 [非表示]

今回は「成長」をどのような捉え方をすれば結果を出せる人になれるのかをわかりやすく説明していきます。

成長することの楽しさを知る

出来ないことが出来るようになることはとても楽しいことです。
ビジネスにおいては常に前進していく必要があります。いつまでも同じことを繰り返し、商品やサービスが全く変わらずにいることはできません。

これらを良い方向に変えること=成長であると言えます。会社とは人の集まりです。その人々それぞれの成長が会社には欠かせません。会社はお客様を喜ばせるために成長し続けなければなりません。

それでは一体なぜ成長が必要なのでしょうか。
それはまず、成長することが単純に楽しいからです。

例えば、
「出来ないことが出来るようになる」
「お客様にとても感謝される」
「他の人が出来ないことがあなたしか出来ないと言われる」
など、これは非常に嬉しいことです。
私たちは働く上で、お客様を喜ばせるという使命がありますから、成長しなければなりませんし、当たり前にそれが出来ればワクワクするし楽しいので成長ということにとにかくこだわってコミットしていただきたいと思います。

出来ないことを出来るようにする

それでは成長とは一体何かというと、出来ないことを出来るようにすることです。
例えばこれまで
1分かかっていたものが5秒で出来るようになった、これはもともと出来ることを続けた成長です。
成長と一口に言っても沢山ありますが、ここではわかりやすくするために、出来ないことが出来るようになることを成長だと思ってください。

出来るようになったことを改善や変化をつけずずっと同じ方法で続けることは一番良くないと私は考えます。

例えば、電話の対応が最低限できたとしてもこれは改善することができ、もっと良い対応が出来るはずです。
他のことにも同じように言えますが、もし仮に最低限のことが出来ていても、改善しようとせず永久に同じ対応をし続けることは成長とは言いません。むしろマイナスです。

今の自分で満足しない

成長ということを考えたときに、ひとつ大切なのは
「誰と競争しているのか」
ということを間違えないことです。
競争相手は紛れもなく常に「自分」であることを忘れてはいけません。過去・今・未来の
3つの自分がいたとき、今の自分は未来に向かって時間を過ごしています。成長していく上で、今までの「過去」の自分に負けないということが重要です。昨日より今日、一年前より今という風に比較し、成長していなかったら負けです。これは過去との比較です。

もうひとつは「未来」との比較です。未来にこうなりたいということから逆算して今に計画を立てていたとして、全くその計画が達成されていなければ、未来の目標が達成できていないことになります。
ということは、未来の自分に負けています。

したがって、競争相手は自分であるので、「過去」の自分や「未来」の自分という観点で思考し成長にこだわってほしいのです。

そして、出来ることを繰り返しても成長はせず、常に出来ないことを意識することが大切なのです。もし既に出来るようになったことでももっと上手く出来るようになるのではないか、こうした視点で考え続けることが成長を生むことに繋がるのです。

正しい失敗の意味を理解する

では、出来ないことに挑戦していく上で一体何が最初に訪れるでしょうか。
それは「出来なかった」という事実です。これを失敗だと捉えてはいけません。

出来ることを何の改善もせず続け、何も失敗していないから成功している、こうした見方は絶対にやめてください。出来ることを続け、出来ないことを出来るようにしなかったことこそが失敗なのです。出来ないことに挑戦していく過程で、
「出来なかった」
「失敗した」
と思ってしまう様なことは必ず起きます。でもこれは失敗ではありません。ですので「失敗」という考え方を間違えないことがとても重要なのです。

私がよく言う話なのですが、自転車に初めて補助輪無しで乗ろうとして、一回目から乗れてしまう人なんて世の中にいないはずです。自転車に補助輪無く乗る事がゴールだとして、それを達成するために転んだとします。
これは失敗でしょうか。

失敗ではありません。

転ぶことは成功に紛れもなく繋がっています。
仕事においても同じです。社長や上司が「まだそんなことも出来ないのか」と偉そうに言ってしまったとします。自身の若いころを考えてほしいのですが、自分ですら初めから完璧に出来ていたということはないはずです。
失敗の意味を間違えていると、部下に悪い意味での失敗という認識を与えてしまいますし、出来ないことへのチャレンジ精神やエネルギーを奪う結果になりかねません。

したがって、上司サイドも部下サイドも双方が失敗の定義を間違えないことが大切です。

スキル的な成長と人間的な成長

ここからは成長を「スキル的な成長」と「人間的な成長」の2つの目線で説明していきます。
スキル的な成長と人間的な成長どちらが重要かということではなく、どちらもバランスよく進めるという捉え方をしてください。

スキル的な成長とは、例えば
「今までは資料など全く作れなかったけれどパワーポイントを使っていいものが作れるようになった」
「敬語が上手く使えなかったけれど使えるようになった」
こうしたものが「スキル的な成長」です。

人間的な成長とは簡単に言うと人として良い人、素敵な人になるということです。
周りから見ても、
「あの人は優しい」
「一緒に仕事がしたい」
「一緒にいると楽しい」
など、いろいろな見方があります。要するに誰から見ても素敵な人を目指していくというような成長だと思ってください。

人間的な成長においての自責と他責

人間的な成長について、いくつかポイントを説明していきます。

他責というのは、何かが起きたときに全て誰かのせいにするということです。
例えば、会社の業績があまりよくないとします。原因は何ですかと聞いた場合、
「業界的に業績が下がっているから自社も下がっています」
「少子化が進んでいるので売上が下がっています」
「外部の環境が良くないので売上が下がっています」
というような、問題の原因を外のせいにするというのが他責です。

他責の人が成長することはありません。
殆どのケースが自分のせいなのです。他責の人は物凄く格好悪いですし、そういった人と付き合っていきたいという人もいなくなります。

何かのせいにするのは簡単ですが、私たちがやらないといけないのは自分の成長なので、
「もっと良くできないか」
というように極力自責的に捉えてほしいのです。外のせいにせず自身の頭でしっかり考えて、
PDCAの流れを自分の中に作っていくことが大切なのです。

例えば、電車がとある理由で止まってしまったとして、タクシー乗り場に長蛇の列ができてしまったとします。自責的な人であればこの状況を早く言い方向に持っていこうとし、ある種リーダー(リーダーというのは役職ではなく、誰もが持っているもので持たないといけないものです)のような要素を持っています。
タクシーには一人ずつ乗っていきますが、同じ方面に行く人が多い可能性が高い場合があります。タクシー一台に四人乗れるのに一人ずつ乗っても効率は悪くなります。
この「タクシー乗り場に長蛇の列ができている」という全体の問題を解決しようと思ったら、
「○○方面に行きますがどなたか一緒に乗りませんか」
「相乗りしませんか」
のように提案すれば、通常の四倍のスピードで進んでいきます。

自責的に捉え、物事を良くしようという視点を持っていれば、このような問題でも生きてくるわけです。

人間的な成長にこだわる

これまで述べたように、成長には「スキル的な成長」と「人間的な成長」があります。スキル的な成長は比較的分かり易いので大丈夫かと思いますが、人間的な成長にもこだわっていただきたいです。

人間的な成長は、年齢は問いません。年齢を重なると傲慢になり若いころの方が素直だった人もいます。ですので、自分の中でなりたい自分像をしっかりと見定め、素敵だと思う立ち振る舞いや考え方、相手への配慮の仕方などを改めて考えていただきたいのです。

 

おすすめの関連記事

ー質の高い記事の書き方はこちら!ー
“ブログは基本読まれない!” 否定から始まる集客のためのブログの書き方

ー副業ライターを志すのであればこの記事を読みましょうー
なぜ副業に「Webライター」を選んだのか?

ーブログ集客初心者の方はまずこの記事を読みましょうー
【超最新攻略法】 初心者でも簡単に集客できるブログの基礎の基礎

ー起業する年齢別の違いはこちらからー
起業する年齢別の問題やパターンについて10代-50代まで

ー起業1年目のお話ー
起業1年目は売上がたたない3つの理由

ーマーケティングに必要なことはこちら!ー
ニーズを知ってウォンツを知る?マーケティングに重要なこととは?

ーLINE@の使い方はこちら!ー
コンテンツマーケティングのお供に!LINE@の概要から使い方まで解説

ーマーケティングの2つの考え方ー
【解説】Webマーケティングとコンテンツマーケティングの違い

ーweb集客の流れを解説ー
web集客コンサルタントが教えるweb集客の流れとは?3つのポイントを理解しよう

ーフリーランス研究家のインタビューはこちらからー
フリーランスに欠かせない3種の神器 by フリーランス研究家&議論メシ コミュニティデザイナー・黒田 悠介さん

ー実際の集客方法の解説はこちらからー
実際に使える集客方法23個と集客力を高める考え方とアイデア​​​​​​​

関連記事