総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
税・会計・法律
成長する人
失敗
セールス&営業
人材開発&育成

成果を出す人ほど具体的、簡単、短くを意識している

目次 [非表示]

コミュニケーションの基本だと思います。
具体的に、簡単そうに、短くをとにかく意識しましょう。

具体的というのは、数字やわかりやすい実際の事例、1枚の表にする、グラフにするなど色々な方法があると思います。とにかく自分の話がいつも具体的かということを問いましょう。

簡単そうというのは、話を聞いている側がなんとなくあなたの話は難しいと思ってしまうと、話をほとんど聞かなくなってしまいます。難しい話→自分には理解できない→聞かないという流れです。そのため、常に簡単を意識しましょう。話を簡単にする、わかりやすくする、シンプルにするということです。これは話す順番や理解しやすいフレームワーク(結論から言うとか、理由は3つ以内にするとか)を取り入れることや、使う言葉そのもの、たとえ話などを調整することでよくなっていきます。

短くというのは、話が長くなりすぎないようにということです。端的に伝えること、グダグダと意味のない話をしないということです。

何を話すかでなく、どうやったら好かれるかを考えている

たとえば、トイレに行きたくて仕方なさすぎる状況の人に、相手がそのような状況であることに気付かずに、自分の一生懸命考えてきた事業プレゼンをしている人がいたとしたらどのように思いますか?

結果はうまくいくことはなかなかないでしょう。
実はこのように話の内容や話し方の問題が原因でなく失敗していることが色々な局面であります。ただ本人は相手がトイレにどうしても行きたくて話が全く入ってこなかったことにもちろん気がついていませんので、ダメだった理由として、自分の話す内容や話し方がよくなかったのではと思ってしまうのです。

このように、成果が出ない人が大きく誤解していることの真実があります。
話す内容や話し方ではなく、そもそも、相手に好かれるということに優先順位がないということが原因のことがあります。


人がすべて相手の場合には、話す内容や話し方ということももちろん重要なこととしつつも、「相手にどうやったら好かれるか」を常に最優先に考えましょう。

「相手にどうやったら好かれるか」を意識して失敗することはありません。
もちろんここで言っているのは媚びへつらうなどということを言っているわけではありません。相手に応じてどうやったら好かれるかは異なりますが、それを伺いつつ、好かれるように段取りしていくことが大切です。

そもそも、相手の人にこの人は良い人だなと思われることができれば、
多少プレゼンが下手でも、内容が不足していてもチャンスは十分にあります。
ただ、相手に好かれずして、プレゼンがうまいからとか内容が良いからで選ばれることは
実は少ないです。人には必ず感情があります。多くの人は感情を優先します。そのため良い悪いは置いておいて、感情での判断が中心となります。

相手と自分の関係を構成する要素には色々なものがありますが、話す内容や話し方というのは構成要素の一部にすぎません。これが全てであると思ってしまっては絶対にうまくいきません。とても目線が狭いです。

そもそもの目的が相手がYESと言うことであれば、自分が用意してきた話をしなくても、YESという結果になればよいわけです。

このことを是非わかっておいてください。

常に相手を見て、相手の目線で見ると今は何をすべきか、自分はどう立ち振る舞うべきか、気にしても気にすぎることはありません。

関連記事