総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
税・会計・法律
成長する人
失敗
セールス&営業
人材開発&育成

成果を出す人ほど最初に1人強い人脈をつくってしまう

まずはじめに、人脈という言葉が好きではありません。そもそも人脈というと自分のことを棚に上げているようなニュアンスを感じるからです。結局は人は好きな相手やメリットのある相手でないと付き合うことはありません。人脈があるとか、すごいというのは、結局、自分自身がその人脈に見合うだけの力を持っていないとそもそも成立しないわけです。ただすごい人を知っているなんていうのは全く人脈にはなりません。人脈というのはあなたが困ったときに助けてくれる人のことです。この前提で人脈の話をしていきます。

人脈というのは間違いなく自分の力に比例して増えていったり、質が高くなっていきます。つまり自分に力がないときというのは、人脈はつくりにくいわけです。相手にメリットがない、あなたが相手にメリットを提供しにくいので仕方ないわけです。

このようなタイミングであっても、ただひたすらに人に会うことをしがちだったりします。
人にたくさん会うことを人脈形成の文脈でやっていたらすぐにやめたほうがいいです。人脈形成の文脈でなく、色々な人にとにかく会いたいということであればよいと思います。

ただ多くの人を知っているは人脈ではありませんので、ただたくさんの人に会っても人脈は間違いなく増えません。

力のないときこそ、人脈のないときこそ、1人の人に絞り込んで徹底的に行動を共にさせていただくことをおススメします。自分よりも目線の大分高い、力のある人1人で構いません。その人にまずは可愛がられることや気に入ってもらうことに集中したほうがいいです。その人との関係の中の経験、学びが、あなたの力を育み、他の人との関係でも必ず役に立ちます。

人脈というのは広さではなく、濃さがあっての広さです。まずは濃さをつくるべきです。
この1人の人があなたに誰かを紹介してくれるまで1人の人にコミットしてよいくらいです。この人が紹介してくれる人は本物であること可能性がとても高く、この人の紹介ということであなたのことを可愛がってくれます。これであなたのことを可愛がってくれる人が2人になりました。このように濃さをまず徹底的に大切にしながら徐々に広さを広げていくべきです。

関連記事