総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
税・会計・法律
成長する人
失敗
セールス&営業
人材開発&育成

成果を出す人ほど交流会に行かないで自ら会を主催する

交流会に行って人脈を広げようとする人がいます。もちろん誰が主催する交流会で、どのようなポジションで行くのかということによって交流会なども効果的なことはもちろんあります。ただ一般論として圧倒的多くの交流会には致命的な欠陥があります。
それは人脈が欲しいとか、自分の困りごとを解決するためにほとんどの人は参加をしているということです。

つまりこういうことです。
世の中には2人の人しかいません。
TAKEする人とGIVEする人です。

交流会には当たり前ですがTAKEする人が圧倒的に多くいます。
つまり交流会で確率高く自分の問題を解決することは構造的に難しいのです。

また、そもそも圧倒的に成果を出す人というのは交流会に自ら行くことはなかなかありません。(交流会に行くとしても知らない人が主催している交流会に一参加者としていくことはないと思います。意味がほとんどないことを知っているからです。知っている人が主催している交流会には行くことはあるでしょう。)
理由はTAKEの人がたくさんいることを知っているからです。

さらに、発想としても、交流会に一参加者としていくのでなく、自ら交流会を主催したほうがよいのではないかと思うからです。

一参加者として交流会に行く場合には、色々なコストとリスクがあります。
最大のリスクは会いたい人に会えないリスクです。これはかなりの確率で遭遇します。(TAKEの人ばかりなので)また仮にすごい交流会だったとしても一参加者という目線で、相手の人の印象に残りにくいということもあります。

これが交流会の主催者だったらどうでしょうか。
そもそも誰が参加できるかを決めることができます。また交流会申込み者とは全員繋がることができますし、交流会の一参加者からすれば主催者が会いたがっているとなればそれは一参加者の目線で会うよりも話としてしやすくなります。

交流会を主催するメリットというのは交流会の一番の目的である新しい素晴らしい人との出会いとその関係を深めるという唯一の目的に対して、一番効果的なやり方といえると思います。

ただ人との出会いが得られるだけでなく、新しいことをはじめるチャンスにもなりますし、交流会を主催することで色々な学びも得ることができます。PDCAサイクルの総回転数にも寄与します。そもそも自分の成長が全てに勝る目的でした。

〇復数人で主催する
ここは少しテクニカルな話ですが、1人で主催しなくてももちろん構いません。
誰かと一緒に主催してもよいと思います。誰かと主催するというパターンは結構みかけます。1人だと色々な役割が重くてやりきりにくいことも出てきたりしますが、目的を共有しつつ、役割など協力してもらえる人を巻き込んで一緒にやれるととても効果的です。
またそもそもちょっとメタ的にみてみると、この巻き込む人との関係を強化したい、一緒にプロジェクトなどを持つことによって会う頻度が自動で増えるなどということも別の目的においても良いかもしれません。

僕が良く使うやり方ですが、この人とは是非もっと関わりたいと思った場合に、その人との関係を強くすることを目的として何か小さなプロジェクトや継続的なプロジェクトを企画して一緒にやりませんか?とお誘いすることがあります。自分主催で何かをできる、したことのある人というのはこういう意味でもとても強い選択肢を持つことができます。
交流会をやっていることで、その中でゲストとして是非関係を強化したい人に来ていただくなど本当に良く使っています。ゲストとして声をかけられて嬉しくない人はあまりいません。人が集まって、〇〇さんの話を是非聞かせてくださいと言われたら嬉しいものです。このような選択肢を瞬時に取れるようにもなります。

〇交流会参加の条件に1人知り合いを連れてきてもらう
類は友を呼ぶといいますがこれはほぼ間違いありません。交流会やイベントの目的である新しい人との出会いを強化したいと思った場合に2つの目的で参加条件に知り合いを1人連れてくるということを入れることがあります。

1つは、イベントなどの参加者数を確保しやすくするということです。50人の人が参加をしてくれればその50人が1人ずつ人を呼んでくれるので100人にすぐになるということです。自分だけの力でなく周りの力も借りることをすべきですし、それをそもそもの設計に入れてしまうということです。

もう1つは、類は友を呼ぶです。
既に知っている人の中で、今回このようなイベントをやろうと思っているので、是非来てほしいですとご招待をします。この声をかける人というのはご自身の中で良い人だと思っている人にします。良い人が連れてきてくれる人というのも良い人であることが極めて高いです。このようにうまく類は友を呼ぶを使って、あなた自身の人脈の質を高めていきましょう。
 

関連記事