総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

サロン開業取扱説明書【第2回】オープン前にすべきコト2

ポイント
  1. 名前を決めよう
  2. 目を引く開店前の工期を見逃すなかれ

目次 [非表示]

名前を決めよう

立地とともに大変に悩むのがサロンの名前になるのではないだろうか。 名前はサロンそのものを現すだけに、いい名前をつけてアピールしたいところだろう。

ただ、ここで気を付けてもらいたいのはあなたが自己満足でいい名前ではなく、お客様 に向けてメッセージ性が感じられたり、一度見たら記憶に残るものであったりと来店して くださるお客様がどう感じるかを主軸にして考えていただけたらと思う。

こちらも合わせてお読みください
サロン開業取扱説明書【第1回】オープン前にすべきコト1

覚えてもらえるか

  事業を行っている側は理解しているが、お客様のほうには意味がさっぱり理解できない名前の代表格が単語でもないアルファベットが羅列された名前ではないだろうか。

例えば3人で創業したので、創業者3人の名前の頭文字のとって響きがいいように並べ た場合などは、創業メンバーには名前に感慨深さを感じるかもしれないが、それを見かける側の感想としては何の意味だろ?で終わってしまう確率が非常に高くなる。


あなたのサロンが全国展開を行うようになって店舗数が数百店舗となれば、テレビCM も打てるだろうから名前の意味が理解できなくても集客は可能だろうが、個人で開業する時から意味があるのかないのかわからない名前を使用することは控えておくといいだろう。

看板やチラシ、ホームページから一見して名前を理解できることを軸にして名前を考え ていくといいのではないだろうか。

埋没する名前には注意

エステサロンでは少ないかもしれないが、アロマを扱うサロンではオイルに使用してい る植物などの名前がそのまま店舗の名前となっているところも存在するようだ。一見すると植物から使用するアロマの香りを連想させるのでいいのではないかとも思わ れるのだが、こいつが危険性大である。

何しろ植物の名前はあまりにも定番であり、使用しているサロンが実に多い。 近所には存在していなかったとしても、全国的にみれば数多くの店舗が使用していること にすぐに気が付くはずである。

同じ名前が乱立していると地域にしか配布しないチラシでは問題が発生しなくてもイン ターネットから検索して、あなたのサロンを見つけるお客様には混乱が生じてしまう可能 性が高くなるだろう。ネットで埋没してしまうと、せっかくあなたが作ったホームページの効果が薄れてしま うことになるので、ありきたりすぎる名前にも注意が必要だということになる。

認知度が高く被らない名前を

では、どのような名前がサロンにふさわしいかと言われれば、サロンとして認知される 名前であって他の店舗を連想させるようなことのない名前がいいということになる。

このような名前を考えるには1つの単語だけで表現することは厳しいと思われるので、 誰でも知っている言葉を重ねてみるなど工夫をこらして、あなたのサロンにしかない名前 を作り上げてほしいと思う。

目を引く開店前の工期を見逃すなかれ

注目される開店前工事を利用しよう

無事に店舗となる物件を決めたとして、次は理想のサロンを実現するための内装と外装 の工事を依頼することになる。 この工事期間を単に無駄に過ごしてしまうのは非常に勿体ないと言えるだろう。工事期間なんて特に利用する価値ないだろうと思っていては、あなたはせっかくのサロ ンのアピールチャンスを見逃していることを理解しておかなくてはいけないだろう。

ではどうやって工事期間をアピールとして利用するのか? あなたも遭遇した経験があると思うので想像できるだろうが、テナントの入居での工事で は必ず周辺の人々に工事をしていることをお知らせしているはずだ。

あなたもそのような工事現場に出くわした場合には、なんとなく興味を持ってどのよう なものが完成するのだろうかと覗いて見た経験は間違いなくあると思われる。 ただ工事を行っているテナントに工事が完成してオープンしても継続して興味があるかと 言われれば別である。

終わってしまえば普段の街の風景に溶け込んでしまうので、存在そのものを忘れている ことの方が多いのではないかと思われる。 せっかくの工事期間は普段と異なる風景で人々の注目を自然に集めることができるので、 その時期を最大限に利用してサロンの存在をアピールしてしまおう。

工事が経過を見ながら常にサロンの存在を頭に刷り込まれていけば、自然と人々は試し に訪れてみたいという心理になっていくものである。 工事期間で注目をしてくれたお客様がそのままリピーターになってくださるかは、あなた のサロン次第であるが、オープンしたばかりではとにかくサロンをいかに多くの人に体験 していただくかが重要になってくるだろう。

何を行う店であるか知らせよう

工事期間でアピールに使用する看板などは、とにかくわかりやすいことを心がけて制作するといいだろう。 わかりやすいとは単純に言えば、あなたのサロンの名前を大きく表示するのではなく、エ ステサロンであるという何のサービスを行う店であるかをアピールするほうがお客様にと ってのイメージがしやすくなってくる。

看板をせっかく置いたとしても、その場だけで終わってしまうのは勿体ないと思うあな たは素晴らしいと着眼点を持っていると思う。その場だけのアピールで終了しないためにも、お客様が持ち帰ることが可能なチラシや サービスのカタログなどを作成しておき、ご自由にお持ち帰りくださいと記載して看板と ともに手に取りやすい高さに置いておくといいだろう。


すこしでもサロンの存在を知らせるためには工事期間でも徹底的に利用していくようにし てもらいたい。オープン前でも資金がかかっていることを理解していれば利用するものは徹底的にと強 く思えるのではないだろうか。

おすすめの関連記事

ーオープン前の準備はまだありますー
サロン開業取扱説明書【第3回】オープン前にすべきコト3

ーサービスの名前も必要ですー
サロン開業取扱説明書【第4回】サービス・技術提供について

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事