稼ぎたい方必見の「儲かる!?フランチャイズランキング」

目次 [非表示]

大きく稼ぎたいとは思うものの、1人で独立起業して安定して経営することができるほど顧客がついてくれるかどうかに自信が持てなくて、起業に踏み切れずにいる方も多いでしょう。そんな時に選択肢に考えたいのが「フランチャイズ」。

独立起業ではありますが大手企業の看板を背負って仕事をする安心感もあるので、これから起業しようと考えている方は必見です。

フランチャイズとは

フランチャイズとは、すでに評価の確立されている大手企業の商品やサービス、商標などを使用する権利を得て営業する代わりに、その対価としてフランチャイズ本部に一定のロイヤリティを支払う仕組みのことです。

世の中の多くのコンビニエンスストアが採用している業務形態で、街中で見かけるコンビニ店の多くが本部とフランチャイズ契約を結んだ独立店舗であることを知っている方も多いでしょう。知名度が全くない状態から営業を始めるよりも、開店当初からある程度の顧客を見込めるところがその最大のメリットです。

また広告宣伝なども基本的には本部に任せることができるので、自分は店舗の売り上げ増に集中することができるのも魅力です。

コンビニ以外のフランチャイズ

実はコンビニ以外にもフランチャイズ形態で店舗運営をしている業種は意外なほど多く存在します。まずは居酒屋や喫茶店、ラーメン店などの飲食業です。フランチャイズ本部に定番の人気メニューなどがあれば、最初からその商品を提供することができるので顧客獲得がスムーズです。

また飲食業では店舗の立地が売り上げを大きく左右します。どんなに人気のあるレストランでも見つけることが困難なほど分かりづらい場所にあるのでは、新規の顧客を呼び込むことが難しく、利益が先細っていく可能性があります。 競争相手の多い業界ですから、少しでも目立つ位置に店舗を構えることが売り上げ増の条件となります。

多くのフランチャイズ本部は新規開店する地域の立地調査を行なってから出店の可否を決定するので、勝算がある好条件で開業することが可能です。自力で立地調査や市場調査を行なうことはなかなかできませんが、フランチャイズなら出店地域の段階から比較検討できるというメリットもあります。

サービス業にも多くのフランチャイズがあります。代表的なものは清掃業、買取業者や学習塾などです。

学習塾なんてとても無理だと思うかもしれませんが、自分で授業をする必要は全くといっていいほどありません。塾講師は大学生に人気のあるアルバイトですから、本部が必要な人数分だけ講師を手配して配属してくれます。その学生たちのシフト管理や顧客である生徒の保護者との連絡業務などが主な仕事内容となります。

最近ではパソコンを使用して学習を進める「教えない塾」という形態を謳う学習塾も増えてきました。この形態であれば、場所と機器さえ用意できれば大学生のアルバイトも必要最小限で済みます。学習コンテンツやカリキュラムなども本部が用意してくれますから自分で考える必要もありません。

テレビでCMを流しているような有名学習塾のフランチャイズなら開校と同時に生徒が集まってくることも珍しくありません。

フランチャイズのデメリット

フランチャイズにも気をつけておきたいデメリットが存在します。

まず最大のデメリットはロイヤリティを支払わなければならないということです。多くのフランチャイズでは売り上げの数パーセントから多いものでは50パーセントを超えるものまで存在します。ただ金額に大小だけを見るのではなく、その方式にも注意が必要です。売り上げに対して歩合で計算されるのか、それとも売り上げ金額にかかわらず毎月決まった定額を支払うのかによっても違ってきます。

また多くのフランチャイズ契約では契約期間が設定されています。契約期間内になんらかの事情で自店舗を閉店せざるを得ない場合に違約金などが発生するケースもあります。さらに契約期間終了後に同地域で同種の独立店舗を開業することを認めないという契約形態もあります。

つまり「将来の完全独立起業のための経験としてフランチャイズを」と考えているならそのような同地域での同業種の開業が認められているかどうかも確認する必要があります。

フランチャイズ契約の際に気をつけるべきこと

まずは「正しい情報を見分ける」ことです。店舗数を拡大したいフランチャイズの営業担当者が説明する内容に少しでも不明な点や不審に思う点があるなら、納得できるまで営業担当に質問を繰り返します。特に見込みの集客数や開業後数年の収益の見通し、期間やロイヤリティなどの契約形態などではしつこいくらいに確認を重ねます。

フランチャイズ本部が開催する説明会へ参加することも大切です。同じフランチャイズ加盟店の情報を集めることも有効な方法です。これなら実際に働き始めてからの具体的な問題点や注意点が見えてきます。

次に「適正なロイヤリティか」を検討します。単純に金額で比較するのではなく、あくまでも自分で納得できるものであるかどうかを見極めるということです。

多少高額のロイヤリティでも安定した集客力を見込めるだけのブランド力が本部にあるなら問題にはなりませんし、逆に低額のロイヤリティであるために本部の力をあてにすることができず、オーナー自らが宣伝広告まで行わなければならないケースもあります。飲食系なら売上の数パーセントから10パーセントほどが相場で、学習塾などはもう少し高めに設定されているところが多いようです。

儲かる!?フランチャイズランキング

このようにロイヤリティはフランチャイズの形態によって価格帯が幅広く店舗の状況によっても異なりますが、参考までに一般的なロイヤリティ率を基準とした業種ランキングを紹介します。

1位「飲食系」
基本的にロイヤリティは他業種に比べて低めです。最近では移動販売形態や宅配ピザなどのフランチャイズも増えてきています。これなら店舗の立地を考える必要がありません。

2位「小売系」
コンビニだけではなく、100均やリサイクルショップなどのフランチャイズも存在します。在庫のコントロールができるなら本部によってロイヤリティの率や「どこまでやってもらえるのか」が変わります。

3位「生活関連サービス系」
家事代行などが代表的です。清掃だけではなく買い物代行や墓参代行などまだまだ開拓できる市場も多い業種です。他人とは違う視点で開業するなら狙い目かもしれません。

4位「教育系」
塾や家庭教師がこれにあたります。仕入れの必要がなく在庫を抱える心配もありませんから他業種に比べてロイヤリティも高めです。利益を出すためには多くの生徒を獲得する必要がありますので、本部が行なう広告に加えて地域独自の宣伝を行なう場合もあります。

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事