総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【島根県で起業!】東京から一番遠いまちで3つの会社を運営する秘訣

目次 [非表示]

地域で活躍する多様な起業家を特集するこの企画。

「東京から一番遠いまち」

あなたはどこかのまちが頭に思い浮かびましたか?

地理Aの教科書で「東京から一番遠いまち」と記載されているのは、島根県江津市です。そんなまちで、ゲストハウスやパクチー栽培、地域活性のコンサルなど複数のプロジェクトを手がけている江上尚さんにインタビューをしました。ビジネスコンテストで大賞をとり、紆余曲折ありながらも江津市へ移住。移住してからは顔と名前を覚えてもらうため、顔写真入りのビスコを配った経験もある江上さん。

面白く、そしてアクティブに活動する彼だからこそ話せる、地方での仕事の進め方や地方特有の文化への適応方法、またプロジェクトベースの地方での仕事についてお伺いしました。

プロジェクトベースで動く仕事。共通点は全て自分と地域にとって初めてなこと

image5(17)
自然あふれる江津市の風景

ーまず最初に自己紹介していただいてもよろしいでしょうか。

江上)江上尚です。高校の地理Aの教科書のコラム欄で「東京から一番遠いまち」と紹介されている、島根県の江津市に移住し、会社を経営しながら地域活性化に取り組んでいます。よろしくお願いします。

ちなみに島根県江津市が「東京から一番遠いまち」といわれる所以は「東京から本州各地への鉄道による移動時間」で江津市が一番時間がかかるためです。

ーそうなんですね!初耳でした。江上さんはそんな江津で会社を経営されてるとのことでしたがどんな事業をされてるのでしょうか。

会社自体は3つあります。

1つ目の会社が、地域活性化に関するコンサルティングです。2つ目がゲストハウスやコワーキングスペースを運営する会社。3つ目が農業と旅行業の会社で水耕栽培によるハーブを生産しています。

会社を3つ立ち上げている理由は、それぞれ事業目的が違い、スポンサーが異なるからです。

ー3つも会社を経営するとなると忙しそうですね。基本的にはその3社が中心なのでしょうか。

当然のことながら、自分の会社を中心としていますが、最近の働き方のスタイルとしては、舞い込んできた案件をプロジェクトベースで回す感じになっています。

自分の活動のキーワードをざっとあげてみますね。
image1(6)

ーかなり多様なワードがたくさんありますね。地域活性はもちろんのこと、観光や教育、マーケティング、イベントなどが中心になってくるのでしょうか。

キーワードだけ見ると、一貫した共通項がないように思われるかもしれません。でもこれらの仕事は、自分にとって初めての挑戦であり、なおかつ地域にとっても初めてという共通点があります。

パクチー栽培も、江津市で栽培されてないですし、知名度もあまりなかったので、地域ブランディングのためにやってみようという流れです。

51148184_793633991011006_8277313732229464064_n
地元の人も食べたことがなかったパクチーを栽培

ー自分にとっても地域にとっても初めてのことをやるというのは非常に面白い視点ですね!

例えば、江津高校の魅力化プロジェクトの統括プロデューサとしては、東京にいるデザイナーさんや地元で活躍するカメラマンやイラストレーターの方と協力しながら、学校案内のパンフレットを魅力的にする仕事だったり。

地域外の方とも協力してプロジェクトを進めていくことで江津市に不足しているプレイヤーは補完できますし、関係人口も増やしていくことができ、ひょっとしたら移住してくれるかもしれませんよね。

自分がワクワクするかどうかというのも判断基準として大切にしてます。

ビジネスコンテストで大賞を取り、注目度が変わった。

image6(14)
ビジネスコンテストで大賞を取られた際の江上さん

ー江上さんはビジネスコンテストで大賞を取られたとお聞きしたのですが...?

そうです。最初は、「ビジネスコンテスト出ませんか?」とお声がけいただいたのがきっかけでした。当時は、新規事業開発の仕事をしていましたし、経営大学院にも通いビジネスアイデアもいくつか持っていたので、挑戦することに決めました。

その中の選択肢をいくつか提示したところ、ゲストハウスの反応が良かったので、ゲストハウスのプランを提出しました。

ービジネスコンテストだと移住が前提だったりすると思うのですが、江上さんは移住を考えていらっしゃったのでしょうか。

最初は、ビジネスコンテストで勝ち抜いても移住するつもりなんて全くありませんでした。

一次審査通過して本戦に出ることになりプレゼンテーションをして大賞を取ることができ、賞金も振り込まれました。

ただ、自分は東京で仕事をしながら、江津にパートナーを持って経営していこうと思ってましたね。

その後、頻繁に江津市の行政の方から連絡をいただき、都内で会ったり、江津に通うようになりました。でもまだ移住の決意はできておらず...

最終的に、「江上さんの力が必要」と行政の方に言われたのが移住の決め手になりました。仕事も一段落して大学院も卒業するというタイミングも重なったので、2016年の5月に江津に移住して、会社を始めたという流れです。

ーあなたの力が必要と言われると、嬉しいですもんね。ビジネスコンテストの影響は何かありました?

ビジコン経由で起業するのと、普通に起業するのは圧倒的に注目度が変わると思います。

具体的には行政・金融機関・メディアの人からの注目度が変わった実感がありました。

私の場合は、ビジネスコンテストも行政が中心となり動いていたため、ビジネスプランコンテスト出場者への起業支援は市役所が積極的にお世話してくれました。例えば、地域のキーパーソンへの挨拶まわりに同行してくれたりしましたね。

メディアの人たちに取り上げてもらうことで、地域の住民の方の認知度も上がりますし、市広報誌の特集で取り上げて書いてもらうこともありました。

そう考えると、ビジネスコンテストで大賞をとったことによる恩恵はあったと思います。

移住1年は地方特有の文化にイライラしたり、焦ることもあった。

ーここまでお話を聞いていると、かなり順調に起業がうまくいってると思ったのですが、移住してから都心部との違いなどでギャップを感じることはなかったんでしょうか。

さすがに移住して1年目はイライラすることもありましたよ(笑)特にサラリーマン経験者としては、理解できないこともありました。

例えばアポイントメント。こっちではアポを前もって取る習慣がないんです。サラリーマンだったら、企業訪問にいく時や誰かとMTGする時は、数週間前に日時を調整して指定された時間の5分前には伺うじゃないですか。

でもここではいきなり私のオフィスに訪問する人がいて、しかもそれが朝の7:30だったりすることもあって...

最初は「アポイントなしで訪問してくるのは珍しいな」と思っていたのですが、だんだんとこれが標準ということに気づきましたね。

他にも請求書がいつまでも発行されなかったり、支払い期限が決められていないということには驚きましたね。顔も分かっているのでもちろん踏み倒されるなどといった問題はないのですが、さすがに焦りました。

ただ、そんな地方の文化も見方を変えれば、プラスになる部分になった経験があります。

例えば、ゲストハウスの古民家をリノベーションした時は見積もりを取らずにやりましたが、結果的にそれで良かったと思います。

image9(3)
アサリハウスのリノベーション作業の様子

ーサラリーマン経験者からすると、見積もりを取らないというのは考えられないですし、後々問題になる予感しかしないのですが...(笑)

結果を先にお伝えすると問題は起こらなかったですね。

ゲストハウスのリノベーションの際は、地元の企業にお任せをしましたが、リノベ関連に対応できる業者が少なく、相見積もりが取れないといっていました。

言ってしまえば、建材やユニットバスも今時ネットで安く購入できるじゃないですか。でも本体を買って取り付けだけ地元企業にお願いすると、作業賃金しかお金が発生しないわけです。つまり地元企業からしたら雀の涙程度のお金しか入らない。

最終的には、値段は自分でネットで購入して取り付けてもらうよりも高くなりますが、地元の工務店に、本体の購入から取り付けまでお願いしました。そうすると思わぬメリットが出てきました。

不具合が出た時に、すぐに直しにきてもらうことができるんです。

電気量販店でユニットバスを購入して壊れたら、○年保証などと期限が決められて、それを過ぎると直してもらえないのが普通です。ですが、アフターケアも地元の工務店さんにお願いすると、保証期間を契約してるわけではないので、ずっと対応してくれる。

image2(22)
リノベーションが終わったアサリハウスの館内

ーそうなると、見積もりが出てこないようなデメリットもあるし、逆に永久保証のようなメリットもあるわけですね。

そもそもですが、見積もりを飛ばして請求書がきたとしても、法外な請求はこないですね。こちらの支払能力を知っているので(笑)

基本、人間と人間の信頼が構築されてない場合は貨幣でしか測れないですよね。

でも、田舎に行けば行くほど人と人との関わり方が深くなってきて、地方の信頼関係を図るのが貨幣以外のものになっているんです。

ー貨幣以外となると、何が信頼関係の指標となるのでしょうか。

人と人との関わりですね。そのような関係性・経済の流れのが大きくなってる。日常的に食料がスーパーで買わなくても手に入る。

僕は野菜作ってるので、ご近所さんに配ったりしています。そしたら今度は、漁師さんがサバを食べきれない量持ってきてくださったりして。さばいて一夜干しにしてご近所にまた配って。

そしたら、大根漬けたやつを交換でいただいたり、柿が食べごろだから庭に勝手に入って好きなだけ持って帰ってと言われたり。

契約書や貨幣以外の信頼関係で暮らしが成り立っているいい例だと思います。

顔写真入りのビスコを配り住民の方に顔と名前を覚えてもらった。

image7(11)
地元住民の方と食事を囲みながら積極的に交流も行なっている

ー先ほど、地方は信頼関係で成り立っている部分が大きいとおっしゃっていましたが、移住する上で何か心がけたことはありますか?

まずは、当たり前なことから始めることですね。顔と名前を周りの方々にしっかりと覚えてもらうことは大切だと思います。

自分がやったことで言えば、新聞に記事として取り上げてもらったり、ケーブルテレビに出演したり、市の広報誌に掲載してもらったことが大きいですね。自分から掲載をお願いしたメディアも中にはあります。

あとは、自分の顔写真入りのビスコを作って、配りまくったこともあります。

image8(2)
江上さんの名前と顔が入ったビスコ。

ー面白いですね!そんなことやってる方聞いたこともないです!

実際、ビスコを配った後から、近所のスーパーで「江上さんですよね」と話しかけてくださることが増えましたね。いちおうツッコミどころを含ませるために、新宿御苑の芝生の上で昭和アイドル風にカメラマンに撮ってもらった写真を使っています。ご近所には60代以上の住民が多いですからね、既視感を狙いました(笑)

他にも、移住した夏にゲストハウスでビアガーデンをしたりしました。地域のおじさんたちとコミュニケーションとる機会にもなりますし、一緒にビール飲みながら、「こういうことしてる」と伝えることもできます。

あとは、今までの価値観をいきなり最初から否定しないようには心がけています。

信頼をつくるという観点だと、地元の人たちにはできないけど自分にはできることをやってあげることですかね。

例えば自分の世代はITに強いですが、地元の高齢者の方は苦手な人が多いです。

「孫からLINEやれと言われてるけど設定方法わからない」だったり、商品の検索はできるけど、インターネット通販で注文ができない」という問題を抱えていました。

なので、LINEの設定を手伝ってあげたり、私が代わりに注文したこともあります。そうすることで、結果的に信頼に繋がったと思います。

島根県の西部石見地方のエコシステムをアップデートする。それが私の志。

image3(21)

ー最後に江上さんの今後の目標を教えていただけますか。

目標というより、自分の使命・志として掲げているのが、「島根県西部に位置する石見地方のエコシステムをアップデートする」ということです。

誰とどのようにいつまでに実現するかは決めていませんが、間違いなく今やっていることが繋がっていくと思います。

この記事を読んで、2人でも3人でも刺激を受けて、繋がって、また新しい取り組みをして、自分の考えに共感してくれる人が増えてほしいなと思います。

その結果、江津市でやる仕事が増え、関係者人口も増えていき、志である「島根県の西部に位置する石見地方のエコシステムをアップデートする」が達成されると思っています。


アサリハウス:公式HP

執筆者:中村創twitter

協力 ローカルクリエイターラボ

農山漁村地域の起業に、チカラを「INACOME」

農山漁村が活力を取り戻し、持続可能な発展を実現するためには、何よりもまず、雇用と所得を生み出すことが重要です。農山漁村には魅力的な資源が豊富にあり、これを活用した多様な事業を起こすチャンスに溢れています。農林水産省では、豊富な資源とやる気溢れる人材、そして必要な資金を組み合わせ、農山漁村地域に新たなビジネスを生み出すことを目的として、Webプラットホーム『INACOME』を設置しました。

『INACOME』はこちらからスクリーンショット 2019-11-21 18.07.32

おすすめの関連記事

全部言っちゃうフランチャイズ経営の失敗や原因

初めての起業におすすめ!フランチャイズ厳選7選

起業するならコレ!人気フランチャイズ5選

フランチャイズ起業でも起業支援は受けられる?

フランチャイズで起業。メリットとデメリットを熟知しよう!

フランチャイズオーナーが知っておきたい労務関係の基礎知識~社会保険編~

フランチャイズと直営店の違いは?おさえておくべきポイント

フランチャイズで起業しても失敗してしまうことってあるの?

コンビニ起業するならどこがおすすめ?フランチャイズのメリットとデメリット

個人起業にはない、フランチャイズ起業、独立のメリット

関連記事