総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

イトケン先生が起業家として成功を感じたのはどんなとき?

イトケン先生が起業家として成功を感じたのはどんなとき?

起業家としての成功とは定義が難しいものではありますが、まず、会社として存在し続けていると言うことそれ自体が小さな成功として実感しています。

また、自分のビジョン・世界観を実現できているかできていないかと言う要素も成功の実感に結びついています。

その過程でマイルストーン的に細かい目標も存在し、それを達成し続けることも成功と捉えて良いと思います。

更に自分がかつてできなかったことが、成長していくに伴ってできることが当たり前になるといったことも成功として実感します。

伊藤 健太
株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学3年時リクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年8月にスイスのダボスで開催された、世界の若手リーダー140カ国から400名超が集まる、グローバルシェイパーズサミットに日本人3名のうち1名として参加。
2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。現在は多くの地方自治体からの依頼を受け、地方と起業家をマッチングさせる活動も行なっている。

YouTube詳細情報

起業家の0→1→10を支援する「01CHANNEL」では起業・士業のみなさまに役立つ情報を平日毎日更新しています!
ぜひ、ご覧ください!

チャンネル登録は↓から
YouTube壁紙

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事