総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【第1回】地方で突き抜ける士業になるための極意!~士業界の常識は非常識?~

目次 [非表示]

開業当初を振り返る

私は、2001年4月に宮崎県宮崎市宮崎郡佐土原町という、九州の片田舎で開業しました。
私は、愛知県の出身であり、宮崎県内には、特にこれといったコネクションもなかったのです。

特に誰かに学ぶわけでもなく、なんとなく仕事をしてきました。
それでも、10年程度で宮崎県内最大手クラスの事務所になっていました。
すなわち、地方というのは、ちょっと頑張れば、すごく伸びる余地があるなぁと感じています。

今からすれば、かなり反省するところが多いと感じています。
最近は、20代、30代の若い社会保険労務士の先生方と触れ合う機会が多く、すごく刺激を受けています。東京や大阪で開業し、数年で1億以上の売り上げを作っている仲間がいる現実があります。

私と同じように地方に居ながらも、全国を飛び回り、着実にブランディングしながら、お金のまわるプラットフォームを作り上げた仲間がいる現実があります。
彼らに共通することは、自分の考えだけで行動している。つまり、他人から小さな枠をはめられたり、ネガティブな洗脳を受けていないということです。

幸い私は、自らの失った10年の経験と素晴らしい仲間たちの成功体験に触れることができています。
そして、私の経験と彼らの頭脳を融合することで、さらに高次のノウハウが出来上がってきています。
まだまだ、この士業という商売は面白くなります。 ずばり!地方で突き抜ける士業にための極意は、ただ一つ!

先ず成功者の真似をするよりも、失敗者と同じ過ちを犯さないことが成功への早道!  

1.師事した先生の考え方が、仕事のやり方や報酬の決め方の固定概念になり易い

私は、1年間だけ、サラリーマン時代にお世話になった社会保険労務士の先生に師事しました。
その間、貴重な体験をさせていただくとともに、社会保険労務士業界やの先生に関するさまざまな情報を教えていただきました。
師事した先生が宮崎県内でも有力者であったため、多くの先生方からも、さまざまな薫陶を受けることになりました。  

今から思えば、これらの情報が自分に枠をはめてしまったように思います。
宮崎県は所得が低いから、顧問料も安くないと契約に結び付かない。
顧問料が安く、売り上げが少ないから、3年間は食べることができない。

宮崎県内の社会保険労務士の考え方が、全国のスタンダードな考え方であると錯覚してしまったのです。
まだネガティブな考え方に染まっていない先生方は、是非次の点に気を付けてください。

仕事のやり方や報酬の決め方は、自分で考えるもの。 他人の意見は、全く関係ない!  

2.同業者の先生からの薫陶が洗脳になる

宮崎県のような田舎では、社会保険労務士であれば、3000万円の売り上げで成功者と言えるでしょう。
いや、確実に成功者ですよね。
そのような先生方が、社会保険労務士会の役員をしているのですから、入会したばかりの先生にとっては、とっても凄い人に感じてしまいます。

  どの先生も優しくて、人間的に素晴らしい先生ばかりです。いつも、協調性や社会性を気にされて、無難なアドバイスをしてくれます。
売り上げのお話や営業手法のお話を細かくしてくれることもあります。 私は、そのような先生方の教えを胸に開業から10年間、ほどほどに売り上げを伸ばしてきました。

ほどほどに成長していくので、先輩の先生方からも一目置かれるようになり、社会保険労務士会の役職を受けるようになるのです。
役職を受けると、さらに先輩の先生方と触れ合う時間が増え、多くの先生方が共感する一般的な考え方に染まっていくのでした。
会のお役目は、会の現状と自分自身の位置を知るために活用するもの。 決して、他人の考えに流されないように注意!  

3.サラリーマンの所得=社労士の売上に満足しちゃう

あなたのサラリーマン時代の年収はいくらでしたか? 士業として独り立ちして、今いくら稼いでいるのでしょうか?
良く聞く言葉で、年商300万円の壁があります。宮崎県の一人当たりの県民所得が220万円ということを考えると、宮崎県内のサラリーマンからすれば、300万円の売り上げをあげている士業の先生は成功者であると考えてしまうのでしょう。

なお、田舎では、夫婦のどちらかが、県や市町村の職員、教育、若しくは看護師などであり、その地域内では恵まれた収入を得ている場合が多いように感じます。
実家が農家であれば、食べ物にも困りません。
ですから、のんびり営業していても看板を上げ続けることができるのです。
売上と所得は違う! 本気で稼ぎたいのですか?胸に手を当てて考えてみましょう!  

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事