総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

士業の転職|人事担当からみた履歴書の書き方

目次 [非表示]

士業の転職希望者、士業の採用面接を多数経験してきました。

人事担当者が目を見張る履歴書の書き方について説明します。

士業の転職をうまくいかす、5つの履歴書のポイント

貢献できることを記載せよ

→あなたがしたいことではなく、あなたが応募した士業事務所に貢献できることを書くべし。ビジネスの鉄則は、他者利益の追求にあります。

儲かる行政書士なるの考え方は参考になります。

 

しっかりと他の士業事務所との違いを事前に調べるべし

本当に入りたいという熱意を大切にするべきです。1つ1つの士業事務所には、大きな個性がある。その個性を掴んでおく必要があります。個性が一番わかるのが、ブログ、SNSです。

是非、自分が応募しようとしている士業事務所のブログ、SNSを検索してみましょう。

各士業事務所、全く違う印象を受けると思います。

 

士業としてできることではない

行政書士、税理士、社労士として、こんな経験がありますとか、

ずっと法律事務所で働いてきましたというのは、よくある履歴書。

そのような似た人材の採用ばかりしていると、士業以外の強みが気になります。

そのため、是非、士業としての強み&それ以外のビジネスマンとしての強みも書くようにしましょう。

 

大きな夢を書く

あまりこれまでの履歴書の中で、夢を書かれている士業の人をみたことはありません。

しかし、絶対に大きな夢を書くべきです。

 

士業で働きたい理由を書く

士業で働きたい理由を書いている人も少ないです。

しかし、何故、士業として働きたい?ということもしっかり書くべきす。

 

士業の転職のまとめ

これまで数多くの士業転職応募者の履歴書をみてきました。

面白い履歴書はなかなかなく、個性を感じることも少ないです。

せっかくなので、自分らしさを全面に出した履歴書にしてみることをオススメします。

自分らしさとは、やはりあなたの夢のことです。夢を大切にした履歴書を意識されるといい履歴書になります。

 

関連記事