総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

税理士のweb集客方法とは?

目次 [非表示]

税理士のweb集客方法について

税理士の集客方法には、リアルでの営業、インターネットでの集客、有料広告の三つがあるというお話はすでに税理士の集客術を教えて、でしました。今回はこれらのうち、インターネットでの集客と有料広告の二つに関するお話です。   まず、インターネットでの集客について詳しく説明しましょう。インターネットがなかった昔の時代、実は会社の経営者というのは良い税理士を探すのが大変でした。   なぜなら自分から税理士を見比べることが難しかったからです。この場合の主な手法は、「人の紹介」でした。評判の良い税理士を人づてに探して、紹介してもらうのです。   とは言え、この紹介というのもお互いに知り合いの税理士が少なかったため、「知っている」という程度の紹介であることも少なくなく、税理士の能力や対応に不満を持つ経営者もたくさんいました。   これに対して、現在はインターネットが発達したことにより、経営者はたくさんいる税理士の中から自分で検索をし、条件に当てはまりそうな税理士を選ぶことができるようになりました。   これは、税理士の側から見れば、良くも悪くもあります。良い面としては、実力があり集客の知識も勉強している努力家がより報われるようになったことです。   そして悪い面としては、実力があっても集客の知識がなければ、仕事の依頼が来づらくなってしまったことです。つまり、集客に対する勉強量の違いが、売上に大きく影響するようになったのです。   では、実際問題としてこのインターネットによる集客の知識は、どのようなことを勉強すればいいのでしょうか。これは、ぜひ三つのステップで覚えておいてください。   1.他の税理士との違いを明確にする 2.SEO対策の実施 3.ネット広告の勉強  

1.他の税理士との違いを明確にする

まず一つ目は、他の税理士との違いを明確にすることです。これは別の言葉で「ウリを明確にする」と表現することもできます。上でお伝えしたように、今の時代は相手が税理士を一覧して、その中から選べる時代です。このような中で、選ばれるために必要なものが、ウリの明確化なのです。もしもあなたが「特徴のない普通の税理士」と見られれば、あえて相手があなたを選ぶ理由はありません。「他より安い」ですとか、「他よりも小規模企業への顧問に特化している」といった相手のニーズに合う特徴のある税理士が、選ばれてしまうでしょう。  

2.SEO対策の実施

二つ目は、SEO対策の実施です。このSEOという言葉は、「Search Engine Optimization(検索エンジン最適化)」を意味する言葉になります。   これは分かりやすく言ってしまえば、グーグルやヤフーで「税理士」と検索をされた時に、その検索結果でなるべく上の方に表示されるための対策ということになります。   このSEO対策の実際の方法ですが、一番はたくさんの記事を書くことと覚えておいてください。 例えば中小企業への税務顧問に特化しようと考えるのであれば、中小企業の税務に関して1000文字以上の記事を毎日ブログ的に更新していくのです。このようにすると、検順位は上がってきます。   あとはもう、正直ここで簡単に紹介することが難しいほど奥深い世界となっておりますので、ぜひご自身で「SEO対策」と時間がある時にでも検索してみてください。  

3.有料広告

三つ目は、任意ではあるのですが、インターネット上での有料広告です。   これに関してはぜひグーグルやヤフーで、「税理士」と検索してみてください。実際に広告を出している人のホームページが、「広告」と書かれた上で目立つように表示されているはずです。 これは1クリックされるごとに○○円という形での広告になるのですが、何人の人がクリックをしてそのうち問い合わせの電話があったのが何件かなどと費用対効果を見極めやすいため、少額からでもテスト的に行う上ではとてもお勧めとなっています。   もちろんこの他、有料広告による集客では新聞の折り込みチラシなども挙げることができますが、実際のところこれらリアルでの有料広告に関してはその費用対効果の計算が難しいため、もしあなたが広告を考えているのであればひとまずこちらのインターネット上での広告でテストしてみることをお勧めいたします。    

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事