総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

「個人型確定拠出年金」のメリット

目次 [非表示]

士業の方が今すべき資産運用について、前頁では年金作りに最適な「個人型確定拠出型年金」と「小規模企業共済」の活用方法について説明をしました。この項では、個人型確定拠出型年金のメリットについて、ズバリお伝え致します!

メリットその1:金融商品のコストが低い

確定拠出年金はほかに比べて、金融商品のコストが安いというメリットがあります。このうち投資信託を例にすると、投資信託は通常三つのコストがかかります。 一つめは購入手数料。確定拠出年金ではほとんどの商品がこのコストがかかりません。二つめは信託報酬。投資信託を保有している間、継続的にずっとかかってくるコストになりますが、確定拠出年金では信託報酬が安く設定されています。三つめは信託財産留保額。これは投資信託を解約する時にかかる手数料ですが、このコストもかからない商品が多いのです。

メリットその2:圧倒的な節税効果

確定拠出年金の最大のメリットは節税効果ですが、三つの節税ポイントがあります。 一つめは、前述のとおり、毎月の掛け金が全額所得控除になります。例えば、課税所得400万円の人が、毎月の掛け金が2万3千円とした場合、掛け金の合計は年間27万円になります。
この27万円が所得控除となり、支払う所得税は5万5千円減額され、住民税の減税も合わせると合計8万円の減税効果となります。 二つめは、運用中の利益が非課税である点です通常株や投資信託など、利益が出た場合、利益に対して20.315%の税金かかるのですが、確定拠出年金は、積み立て中は非課税となります。 三つめは、年金を受取るときに「退職所得控除」または「公的年金等控除」が適用される点です。   このように確定拠出年金は、コストが安く、税制メリットが使えるため、資産形成にすぐに活用すべきなのです。  

おすすめの関連記事

 

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事