総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

無資格の補助者から、行政書士法人の代表になった男が教える組織で働く良さとは~第2回目~組織で働く者の心構え

目次 [非表示]

組織で働く者の心構え

前回の記事をお読みいただいて、「組織で行政書士として働いてみたい!」と思われた方もいらっしゃるかと思います(そう思ってくださる方がいることを願うばかりです。。。)。 ここでは、私の経験を踏まえ、組織で働く者の心構えについてお話ししたいと思います。  

①組織の中で自分が活躍できる場がないかを常に考える

組織の中では、個は埋もれてしまいがちです。せっかく勉強して資格を取得して行政書士になったのに、いまいち活躍出来ずに組織を辞めてしまうという方もいます。そんな組織の中で、自分が活躍できる場、輝ける場を見つけることができれば、組織の中での自分の存在価値が高まり、自分自身の成長にも繋げることができます。   私が名南行政書士事務所(現:行政書士法人名南経営)に入った当時、代表の行政書士は税理士と兼業で、専業で働く行政書士は存在していませんでした。当時、行政書士の資格を持っていなかった私が考えたことは、「とにかく早く資格を取得して、専業行政書士になる」ということでした。その考えは正解だったようで、唯一の専業行政書士として、組織内で重宝されるようになりました。


  資格を取得してからは、テレアポや飛び込み営業をしたり、HPを制作したり、DMを打ってみたり、建設業者向けの研修を始めてみたり、とにかく先輩方がやってこなかったことにチャレンジをしてみました。組織に不可欠な存在になろうと行動してきた結果、今の立場になれたのだと思います。  

②行政書士業務以外のことにチャレンジする

組織に入ると大体そうだと思うのですが、確実に視野が狭くなります。行政書士事務所に入れば、行政書士業務のことしか見えなくなります。行政書士業務という型に囚われてしまいます。そうなると、悪く言えば組織の歯車の1つとなってしまい、行政書士の仕事が楽しめなくなります。自分自身にとっても、組織にとっても悪い状況となってしまいます。   私は学生時代の夢は「社長になる」というざっくりしたものだったので、自分の成長につながることであれば、何でもやってみたいという気持ちでいました。実際、名南行政書士事務所に入所してから2年間は、ほぼ行政書士業務をやっていません。これは、今思えば、上司に感謝なのですが、全く行政書士業務に関係のない2つのプロジェクトのメンバーに選出され、その企画から運営まで携わらせてもらいました。そのおかげで、行政書士という枠にとらわれない考え方が身に付いたと思います。その後、行政書士の資格を取ってからも、その考え方は変わっていません。行政書士という枠にとらわれない考え方ができると、お客様のニーズを解決するために、さまざまなアプローチができるようになります。  

③組織の資源を活用する

「組織の良さ」でも述べましたが、組織に入ったからには、組織の資源を活かさなければ意味がありません。資源とは、ヒト、モノ、カネ、情報です。   例えば、組織が持っている研修室を利用して、お客様を集めるセミナーを開催してみたり、スタッフ何名かで協力して新しいサービスの提供を始めてみたり、組織が持っている情報を、他事務所に提供するサービスを始めてみたり、資源があるとできることが多いです。   最近、私が資源を活用しているのは、「名古屋行政書士探究会」という行政書士向けの勉強会です。行政書士法人名南経営のスタッフ(ヒト、カネ)、研修室(モノ)を活用して運営しています。この勉強会の説明は省略しますが、主催する目的は、業界内で行政書士法人名南経営のプレゼンスを高めたり、情報を集めたり、アライアンスパートナーを見つけたり、というものです。   組織の資源を活かして、自分自身で何かを主催してみるというのは、非常に勉強になります。勉強会の主催について、やることを細かく分割すると、日程調整、講師の依頼、会場の確保、集客、参加者への連絡、会場の準備、受付、司会、懇親会会場の確保、講師料の支払い等、の仕事が発生します。当然組織のためにもなるのですが、自分自身の成長にもつながります。  

④チームプレイを大事にする。

行政書士になりたいと考えている方は、行政書士が専門家として1人で黙々と仕事をするようなイメージをお持ちかもしれません。また、そのように働くことが当たり前だと考えられるかも多いかもしれません。1人事務所としてやるのであれば、そのような個人プレイ的な考え方で良いのですが、組織の中で働くとなると、その考え方は邪魔になることが多々あります。   当然個人プレイが必要な場面もあるのですが、組織で働くとなると、重要視されるのは個人プレイではなく、チームプレイです。スタッフ間の連携が重要です。   行政書士法人名南経営の許認可チーム(5名)の場合、1つの案件を複数人で対応することがほとんどです。受注担当、業務管理担当、書類作成担当という感じで分かれているイメージです。業務分担しているので、スタッフ間の連携がうまくいかなければスピーディに案件を処理することができません。ホウレンソウ(報告・連絡・相談)の基本を押さえておけば、まず問題ないです。これを怠ると、案件が進まないという事態に陥り、クレームの原因になりかねません。   また、専門性の高い案件(例えば、私が最近処理している案件から挙げると、特定信書便許可申請等。)については、業務分担が難しいため、個人プレイ的に1人で最初から最後まで対応します。この場合でも、業務に関するホウレンソウは必須です。自分が現在どのような案件を抱えていて、いつ・どのくらいの時間を使っているか等を共有しなければ、他のチームプレイが求められる案件の対応が難しくなるためです。   基本はホウレンソウですが、その他にも、理念の統一、知識・ノウハウの共有、スケジュールの共有等、チームプレイを円滑にするために必要なことは他にもあります。組織で働く上で、チームプレイを意識して働くことが大事です。  

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事