総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【第1回目】税理士ってどんな人?

目次 [非表示]

税理士のイメージは世間的にはどのように見られているのでしょう? 「税金を計算する人」「確定申告する人」「頭が固そう」など色々な印象を持たれているのではないかと思います。 私自身も一言で税理士ってどんな人と言う事に対して返答してくれと言われても返答に凄く迷います。 なぜなら、サラリーマンにもいろいろな職種があるように、ひとくちに税理士と言っても、その実態は分かりにくいです。 税理士にも色々な方がいて一般的な税理士業務を行っている方と一般的な税理士業務のほかにコンサルタント業務など付加価値業務を行っている税理士も増えてきているからです まずは、一般的な税理士業務について紹介します。

①税務代理業務

税務署等へ法律で定められた書類を法律で定められた期限までに提出する必要があるが、この税務関係の書類を納税者の方に代わって税理士が代理で提出することができます。 その他にも納税者に税務調査等が入った場合、納税者が税理士の立会を求めた場合には納税者に代わって税務問題について税務署等に主張ができます。  

②税務書類の作成業務

納税者の税務書類の作成支援代理も税理士でないと行うことができません。


主な税務書類としては所得税・消費税・法人税の確定申告書類、年末調整、法定調書の作成、償却資産税の申告書類、相続税・贈与税の申告書類す。  

③税務相談業務

税務署等に提出する申告書等を作成する場合には、税金を算出するまでに様々な税法を用いて計算することが必要です。 税金を算出するために、納税者から税法の相談を受けるのは、税理士でないと行えません。 凄く簡潔に言えば、納税者に代わって税金計算及び税務申告の代行、税務関係の相談、税務調査の立会いを代行してあげる人となります。 ここで注意が必要なのが、税理士資格がないのに“無料”で税理士業務を代行した場合には法律違反で犯罪になるので注意が必要です! ここまでが一般的な税理士業務となります。 では、税理士業務の他にコンサルタント業務を行っている税理士はどのような事を行っているのでしょうか? 一般的に行っているコンサルタント業務としては以下のようなものがあります。 ・創業支援である資金調達、会社設立 ・経営計画書の作成 ・経営会議 ・WEBコンサルティング ・販売促進支援 ・広報支援等 ・財務支援 一昔前ではこのようなコンサルタント業務を行っている税理士と言うのは少なかったのではないかと思います。 税理士がコンサルタント業務を行う必要が出てきた理由としては平成14年税理士法改正(平成14年4月1日法律施行)及び景気の変化が大きく影響しているのではないかと思います。 一昔前までは広告規制もありWEBも普及していなかったため税理士同士に競争原理が働かなかったのではないかと思います。 が税理士法の改正により広告規制が撤廃、税理士法人制度の創設、税理士報酬は税理士法によって基準となる報酬の最高限度額が規定させていましたが、報酬規程が廃止されたため税理士を選ぶお客様からすると低価格で高品質な税理士を選べるようになったため、差別化の一環として税務以外の付加価値を提供していかないと低価格競争に埋もれると言うのが一つの理由です もう一つの理由として、景気が低迷してきたために、黒字に回復するための売上アップ支援、経費削減支援や黒字倒産を防ぐための財務支援が本当に必要になってきたためコンサルタント業務についても取り組まないと顧問先の期待に応えられなくなったのも要因である。 個人的にも顧問先の経営成績を見ている税理士が経営コンサルタント業務に携われるのはとても良い流れなのかなと感じます。 なので、税理士ってどんな人の返答を一言で返すのが難しくなっています。  

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事