総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

全世界に拡大する『士業の協働』【弁護士:北村豊】

目次 [非表示]

【第1回】既存の業界の壁を越えた新しい法務サービス提供に取り組んでいる北村豊さんに、『士業の協働』についてお聞きしました(全4回)

 
世界4大会計事務所の一角を占めるEY(アーンスト・アンド・ヤング)のメンバーファームとして日本に弁護士法人が新設されて3年。日本初の本格的ワンストップ法務・税務・会計サービスを立ち上げた北村豊氏。世界の専門家との協働に本格的に取り組む弁護士法人の先駆けである。あらためてEY弁護士法人立ち上げの経緯をお聞きしました。
 
 
――まず、EY弁護士法人を立ち上げたときのことを教えてください
 
北村:いわゆるBIG4のメンバーファームとして弁護士法人を設立することは日本では初めて(2013年新設)だったので、弁護士会などの関係者と色々とご相談させていただきながら準備を進めました。(現在、EYネットワーク150以上の国または地域のうち、73の国または地域にEYメンバーファームの法律事務所が存在する)
 
 事務所の実態は、ある意味単なるベンチャーローファームです。弁護士は12名前後でやっています。日本の業法の観点から、各メンバーファームは、監査法人、税理士法人、弁護士法人というように独立した組織体になっております。
 
――日本国内におけるEY弁護士法人の強みはなんですか?
 
北村:『士業の協働』、とくに法務・税務・会計の協働を徹底的にやるというところが、他と差別化できるポイントであり得意分野です。国内および海外でM&Aのサポートや税務訴訟といった法務サービスを、税務・会計の専門家と連携しながら包括的に提供しています。
 
 日本のプロフェッショナル・サービスのマーケットにおいて『士業の協働』というアプローチは、従来からありましたが、それを徹底的にやる法律事務所はあまりなかったのではないかと思います。日本では、いわゆるBIG4の中では私どもが最初だったのですが、グローバルには、特にヨーロッパ大陸系のところでは、従来から法務・税務・会計の包括的サービスが広く提供されていました。それが今、全世界に拡大してきております。
 
 実際には分野によって『士業の協働』を進めやすい場合と、必ずしもそうではない場合があります。税務訴訟、M&A、クロスボーダー、この3つが当面は主な取扱分野になりますが、中・長期的には『士業の協働』が活かせる分野が他にあればその分野にも注力していくことを考えております。
 
――税務訴訟、M&A、クロスボーダー。この3つは大きな規模の会社だけですか?
 
北村:大きな規模の会社だけではありません。お客様の層は、割とバラエティに富んでいます。大企業から中小企業まで幅広くサポートさせていただいており、個人のお客様もいらっしゃいます。
 
――M&Aやクロスボーダーでも税理士は必要ですか?
 
 
北村:案件の規模にもよりますが、例えばM&Aの場合、財務(会計)デューディリジェンスをやらないケースは少ないでしょう。それに加えて法務・税務のデューディリジェンスをやりますか、ということになりますが、割と小規模な案件でも財務・法務・税務のデューディリジェンスを一括して効率的にやってほしいというニーズは大きいと思います。
 
 
 
 クロスボーダーものも進出の規模によりますが、法務・税務・会計を包括的にサポートしてほしいというニーズは根強いと思います。
 
――それは日本の地方においてもありますか?
 
北村:むしろ日本の地方の方が多いかもしれません。地方の企業様は、一般的な法務相談については地元の顧問弁護士に依頼されるケースが多いと思います。もっとも、M&Aや海外進出については、それを得意とする法律事務所に依頼されるケースが増えてきているのではないでしょうか。
 
――逆に、私たちがいれば海外進出しやすいですよということはありますか?
 
北村:あくまでも先にビジネスありきだと思います。最初は予算も限定的なので、まずは現地に駐在員を派遣して苦労しながら情報収集するところからはじめられることが多いようです。私どもはあくまでもそのサポーターに過ぎませんが、少しでもお客様の海外進出のハードルを下げる方向でお役にたてればと思います。
 
・プロフィール
「勝てる税務訴訟」へ。税務訴訟に強みを持つ弁護士。
 
EY弁護士法人 マネージングパートナー:北村 豊(きたむら ゆたか)
 
弁護士登録した2000年に「長島・大野・常松法律事務所」入所
2006年にミシガン大学LLM、2007年にニューヨーク州弁護士登録、ニューヨーク大学LLM in Taxation、ワシントンDCのCaplin & Drysdaleで研修。2009年から2012年まで金融庁総務企画局政策課金融税制室課長補佐として金融業界や金融取引に関する税制改正要望業務に従事。2010年から2015年まで京都大学法科大学院において非常勤講師(税法事例演習)を務めた。
2013年にEY弁護士法人を立ち上げ、現在に至る。
                   
 

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事