総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

たくさんの仲間が大きな支えに

これまでの歩みを簡単に教えて下さい。
平成18年に試験に合格して、司法書士事務所、法律事務所などを経て平成21年の春から開業してからことしで8年目になります。
開業に至った経緯、背景を教えて下さい。
勤務する中で、組織の中での人との関わり方が難しいと思うようになったことや、仕事の内容を覚えていくうちに自分でもできるんじゃないかって思うようになっていったことだと思います。
開業当時の様子を教えて下さい。
はっきり言って何もアテがありませんでした。とりあえず場所や物件を選んで、ネット環境を整えることをしました。ですけど、それからホームページを作成して、チラシを作って配り始めたら、過払い金請求や自己破産申立などの案件や、相続手続きやなどの依頼はぼちぼちありました。事務所の場所は駅から近いところにしたので来て頂く方からすれば、アクセスはよかったと思います。当時は,過払い金の案件などが比較的まとまってあったので一定の売上にはつながっていました。
一定の売上を確保する一方で、課題や問題はありましたか?
自分の事務所を地元の人たちが頼りにしてくれているという意識がある一方で、相談内容が当時は自己破産申立などの深刻な相談内容が多かったので、当時は、お客さんの相談事に無意識のうちに深く入り込み過ぎる日々が続いていくうちに、精神的に疲弊してしまう時期がありました。相談内容がとても深刻なので、できるだけよい解決策を模索して考えるということに力が入り過ぎてしまっていたんだと思います。だからある時から、思い入れ込み過ぎないようにしようと、相談内容を客観視するよう意識するようにしました。よい状態で仕事するということが自分のためにもお客さんのためにもなると思いますので。
コンディションはプロに大切な要素ですよね。それから事務所や仕事はどのようになっていきましたか?
過払い金の案件などが少しずつ減少傾向になっていきましたが、新たに成年後見や不動産登記などが増えていきました。相談の案件内容は何かの分野が減ると何かの分野が増えてくるという感じです。今では企業法務や金融機関案件も増えてオールラウンドになってきているので、今後は扱う業務を絞って、より専門性を高めていこうと考えています。
今現在事務所の課題と展望について教えて下さい。
仕事量が増えてきているので、新たにスタッフが必要になってきています。いままでも、経営者と従業員では事務所に対しての想いが大きくちがうことや、信頼関係を得るのにうまくいかないこともあって、新しい人を雇用するときは躊躇することも多いです。新しいことに取り組むときは、信頼できる仲間と一緒にいろいろと考えると行動に移しやすいので、信頼できる仲間がいることは大事だなと思いますね。これからのことを考えると、いずれ事務所は10人くらいの規模でやっていきたいと思っています。お客さんを幸せにすることが大事ですから、一緒に働いてくれる方は気持ちが強くて志が高い人がいいですね。
鶴澤さんが仕事やプライベートで大事にされていることを教えて下さい。
たくさんの仲間と信頼関係を築いて、濃い仲間づくりをすることを意識しています。受験勉強の時の仲間や司法書士の仲間、士業の仲間など先輩後輩問わず。毎日誰かに電話したり、たまに食事に行ったりしています。仲間の家族を含めて大所帯で旅行に行ったりもします。自分が悩んだ時にそれを聴いてくれる人や情報交換をしてくれる人、力を貸してくれる人がいるので、今までやってこれたなと思っています。これ一番大事ですね。そういった仲間の支えもあって、今は仕事を楽しんでいるという感じですかね。
独立や起業を考えている人にメッセージをお願いします。
何が正しいかはやってみなければわからないけれど、独立しようかなと思ったのなら、そう思ったことがいいきっかけなので、その時に独立すると決めて進めてもいいと思いますよ。


<プロフィール>
メガリス法務司法書士事務所
司法書士 鶴澤 大輔

学生時代は、音楽演奏活動をしており、海外(中国)への演奏旅行(上海公演、北京公演など)も経験する。
また、進学塾等で塾講師として勤務し、相手に理解してもらうことの難しさ、楽しさ、大切さを学ぶ。
司法書士試験合格後、司法書士事務所・法律事務所の勤務を経た後、メガリス法務司法書士事務所を開設し、代表司法書士に就任。
また、大手司法書士試験受験指導校で入門講座のゼミ長として、後進の育成にも携わる。

大阪狭山市相談員
総務省近畿管区行政評価局
堺すいよう行政相談所相談員
司法書士相談センター堺相談員
日本司法支援センターと民事法律扶助業務につき契約し、法テラス契約司法書士

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事