量から質が生まれる

目次 [非表示]

アイリスオーヤマの大山会長についてご紹介します。

19歳でお父さんが亡くなって早く会社を継がれたんですね。事業を見たときに、自分の会社って儲からない仕事ばっかりだったと。

これすごく重要で、頭でっかちにならないでほしいんですよ。質なんて、量をやらない限り出てこないわけなんですね。でも量をやってないくせに質を求める士業の先生すごく多いわけですよ。

(大山会長は)どんなに儲からない仕事もまず引き受けて、そこで顧客が望む以上の結果を出し続けましたと。その評判が高まって自然と利益率のいい仕事が集まってくるようになりましたっていう。まさにこの通りですからね。

僕もこれです。最初の単価なんて2万円くらいしかもらえない業務をずっとやってたわけですよ。それからたくさん数をやっていって、開業して2年目ですよ、23歳の時に本3冊出してるわけですよ。

そのうちの2冊は実務本ですからね。23歳、2年目で。こんなやついないわけですよ。
でもなんで出せたかっていうと、他の先生が一生かけてでもやらないカードを1年でやったからですね。資金調達とか。本はいまだに売れてますからね。

だからとにかく数を積んでいくと、そこで質が生まれるわけですよ。どうやって数が集まるんだろうって、それだけ考えてたらいいんです。

でもお客様のとらえかたを間違えると、あなたて勝手にお客様の幅狭めてるわけじゃないですか。自分の当たり前っていうのを絶対取らないといけないです。広がりしかないです、あなたの世界には。今日会う人が全部お客様になりえるわけですね。

やたら頭でっかちに質だけ追い求めないでくださいね。量全体で考えないと質ってうまれないわけですよ。

これはサービスの質だけの話じゃなくて、あなたのマーケティング力だったり事務所経営力だったりも全部そうです。あなたが色んなトライをすればするほど、失敗するほど、たくさん量をこなすほどあなたの精度はどんどん高くなっていくんですね。

だから何もやらないで理屈だけこねる人は、何もできないですからね。あなたがやらなきゃいけないのはアクションです。量の部分。

僕、すごくすきな話があって、世の中で一番ベンツ売ってる人の話なんですけど。世の中で一番ベンツ売ってる人って、たしかに件数で一番売ってるんですけど、今まで一番ベンツを販売することに失敗してきましたって言ってるんですよ。今まで一番自分が断られてますって言ってるんです。

量からしか質はでてこないって話ですよ。あなたがどれだけトライしてますかって話ですよ。営業にしてもマーケティングにしても、実務にしてもそう。すべてのことに関して他の人より量やるような人になってください、そこから質が生まれてきます。

おすすめの関連記事

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事