総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

士業で成功するために必要なホームページ制作の方法とは?

目次 [非表示]

競争の激化により、士業も集客に向けた営業を積極的に行わなければならない状況となっています。そのような中、インターネットが普及した社会においてホームページを利用した営業は、士業にとっても重要な意味を持ちます。

士業という職業の特殊性に鑑み、どのようなホームページが集客の上で効果的なのかを考えてみましょう。

依頼者が士業者に何を求めているかを十分理解したうえでホームページを制作する

依頼者が士業を営む者に求めるものは何でしょうか?できるだけ安い料金で引き受けてくれることも、迅速に解決してくれることも重要な要素です。しかし顧客は何らかのトラブルや解決すべき深刻な課題を抱えていることが多いので、何よりも誠実に問題解決してくれる信頼性の高い専門家に依頼したいと考えています。

士業に依頼するとなると場合によっては多額の謝礼を払うこともあるので、誰に依頼するか選定するうえで顧客は慎重にならざるを得ません。 そこで士業者が最優先に行うべき方法は、ホームページで信頼性をアピールすることです。また何でも屋のような専門性のない士業者よりも、一部の領域に精通したプロの方が依頼しやすいと言えます。

士業者に対して顧客は自分が解決してもらいたい問題に特化した専門家であることを求めます。たとえば法律事務所であれば、過払い請求・労働問題・企業法務など範囲を一つに限定しない看板を掲げるより、労働問題1本に絞って実績を積み重ねたことをアピールする弁護士の方が労働問題を抱える顧客にとっては頼みやすいと言えます。

このように同業者と差別化を図る点をホームページで顧客に宣伝することも大切です。そして自分の特化した専門分野について高い解決能力を持つことも重要なポイントです。どんなに誠実で専門分野が明確でも、問題解決能力が低ければ依頼を受けることは難しいです。したがって専門分野の問題解決に必要とされる十分な知識やスキルがあることをホームページでアピールする必要があります。

信頼性を高めるホームページ制作について

ホームページ制作において、まず訪問者が士業者を信頼できる人物であると思えるようなコンテンツを盛り込まなければなりません。それには人物像についてある程度明確な情報を発信する必要があります。出身地・学歴・職歴など経歴や実績を細かく掲載すると訪問者は安心します。明るい笑顔の顔写真があればより効果的です。

なぜこの士業を選んだのか、どのように顧客と接しているかなどに言及すれば、顧客に寄り添った姿勢をアピールできます。また実際に手がけた事案の対応について言及すると、顧客は具体的なイメージが持てて依頼しやすくなります。どのような案件でどのように対処したのか、なぜそうしたのかなどについて詳しい説明があると好感度が上がります。

趣味や性格など業務以外の情報を入れることも少しなら問題ありませんが、私的情報を入れすぎると安っぽいイメージに繋がり易いので、避けたほうが良いです。士業以外に取得した資格や免許についての記載も、必要があれば加えても良いでしょう。たとえば国際行政書士が外国語の検定試験の合格実績をアピールすることは大変有効です。

ただ業務に関係の無いものであれば顧客にとってはあまり意味がありません。同業者や自分の専門分野の関係者との繋がりもあれば、所属している業界の団体などの名前を掲載した方が、協力し合える共同体の一員であることをアピールできて顧客の安心感が増します。

事務所の雰囲気も士業者の個性を表す一要素として顧客には重要なので、事務所の外観や内部の写真を入れることで信用性がアップします。料金表をわかりやすい位置に掲載することも信頼度を高める上で重要です。料金の掲載位置がわかりにくい場所にあると、他より高額な料金を請求されるのではないかと勘ぐられるおそれがあります。

また信頼性を高めるようなビジュアルも訪問者が安心して依頼するうえで重要な要素です。ホームページで使用される文字や書式は、士業者のイメージを表すものと捉えられることが多いです。 通常ネット上でよく見かける明朝体やゴシック体で地味な色調の文字を使って作成すれば十分です。

極端な拡大文字や「!」を繰り返し使ったり、けばけばしい装飾や派手な色彩を用いたホームページは、真面目で常識的な人物をアピールするうえでマイナスに作用するおそれがあります。表面的に目立つだけのビジュアルに頼る過剰な自己アピールは禁物です。一方でむやみに固い言葉で素人にわかりにくい専門用語を並び立てるホームページも考え物です。

ホームページの訪問者は近寄りがたく相談しにくいイメージを持ってしまいます。素人にもわかりやすい言葉で丁寧簡潔な文章を心がけることが必要です。余白やシンプルな挿絵などを生かして親しみやすく読みやすいホームページを作りたいものです。

差別化をアピールするホームページ作り

士業者にとってホームページ上で自分の得意分野をアピールすることは広報戦略として欠かせません。一般にどの士業に従事しているかはホームページのトップに掲載されますが、その中でどの分野に特化して仕事をしているかをわかりやすい場所に掲示する必要があります。

この項目は名刺であれば名前の上に明記するほど重要な情報であって、ホームページの隅の方等わかりにくい位置に掲載すると、士業者が本業に自信がないと訪問者に思われてしまうかもしれません。この領域ならどんな問題でも任せて欲しいという気概を示すうえでも、ホームページの目立つ場所で得意分野のアピールをすることは不可欠です。

そしてなぜその分野に特化しているかについて、自分の性格や得意分野の特性にふれつつ理由も挙げられると訪問者に対して説得力があります。たとえば労働問題に特化した弁護士であれば、労働審判の実績などを挙げて労働者に寄り添った解決を手がけてきたことをアピールすると、パワハラや不当解雇などで悩んでいる訪問者の関心をひきつけることができます。

さらに経営者に比べ圧倒的劣位にある立場の労働者を、労働審判で有利な和解に導けることにやり甲斐を感じているなど心情を述べれば、訪問者が相談してみようという気持ちになる可能性が高まります。

ホームページで問題解決能力のあることを理解してもらう

問題解決能力がないと顧客に依頼してもらえませんが、ホームページ上で問題解決能力をアピールするのはなかなか難しいものがあります。自分は問題解決能力が高いと声高に喧伝したら自慢になってしまうので逆効果です。問題解決に自信があることを示すには、ただ一方的に問題解決できますと断言するだけでは説得力が無いので、客観的な担保が必要です。

まず成功した実績について個人情報保護の範囲内で具体的事例を紹介することです。さらに専門分野の研究会や連絡会に加入したり、報告会に参加している実態をホームページ上で宣伝することも重要になります。

また問題解決できた場合だけ成功報酬は受け取るが、解決できなかった場合には着手金を返金するというシステムを採用しているならホームページに掲載すると良いです。相談料が無料であることもアピールポイントとして有効です。

このような情報提供をすると成功報酬だけで事業を継続できる自信を示せるので、顧客は士業者に問題解決能力があると理解してくれる可能性が高まります。経営にゆとりがあることを示せれば、問題解決能力が高いことを間接的にアピールできるとも言えます。

おすすめの関連記事

行政書士として独立するために知っておいて欲しいこと

行政書士が補助金業務で売上を上げる方法

資格起業家になるために取得しておくと有利な資格を紹介!!

商標の類似と、登録をする際に調査しなければならない事について

士業は、定性的なイメージが大事

事務所拡大するには社会から応援される事業をする

士業事務所の求人とは?~求人を出す際に気を付けるポイント~

士業の独立はWhyからスタートするべきです

士業事務所経営におけるシンプルなポイント

士業のダブルライセンスという罠~資格が目的化する~

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事