士業で集客に成功するための効果的なホームページの作り方

目次 [非表示]

弁護士・司法書士・行政書士といった士業は、営利目的より社会貢献を目的とする社会的評価の高い専門職です。そんな士業も、他業種と同様に広告宣伝をしないと集客は容易ではありません。集客のためにホームページを活用したいときには、どんな注意が必要でしょうか?

士業のホームページを作成する上で知っておくべきことをわかりやすく解説します。

士業に求められるもの

士業で最も重要なことは、信用と問題解決能力の両方です。どんなに優秀でも不真面目という印象を持ったら、客は依頼しません。逆に誠実な人柄でも問題を解決できないのなら、やはり客は離れてしまいます。大金を払って業務を依頼する顧客にとって、依頼する相手が信頼できる人物かどうかと、かつ自分が抱えている問題を解決できる人なのかが最大の関心事です。

この二つについて顧客はできる限り依頼前に知りたいと考えます。ある程度信頼に足りる人物で問題解決能力があるという情報を確認してから、顧客は相談することになります。士業を営む者は、集客を行う上でこうした顧客の心情にうまく応えるツールが必要です。

士業にホームページが必要な理由

士業に仕事を依頼したいと考えるときに、一般人は電話や事務所訪問の前にまずネットで検索し、ホームページを見ることが多いです。そこで士業の広告宣伝も、インターネットの発達した情報社会においてweb集客を欠かせません。

ホームページは顧客が立つ入り口ですので、士業の看板として重要な役割を持ちます。営業戦略として集客力のあるホームページを作成できるかどうかが、経営の死活問題になります。

ホームページにアクセスした人は、どんな人がどれくらいの料金で何をしてくれるのか?といった情報をホームページから得ようとします。ホームページが存在せず、こうした情報をネットから得られないと客は依頼する価値がないと判断して離れていってしまいます。

またホームページが与える印象によって、どのような顧客が集まるかも自ずから決まってきます。集客したい顧客の要望を意識してホームページを丁寧に創ると、自分の得意分野や専門分野の依頼をしてくれる顧客を集めるきっかけとなります。

したがってホームページは士業にも不可欠です。

受注できるホームページとは?

ホームページはサイトの印象を決定するため、いわば士業の顔の役割を果たすので、顧客の知りたい情報を最優先にした順序を意識して作成する必要があります。

顧客が知りたい情報とは、専門分野は何か?どれくらいの料金で何をしてくれるのか?どんな人なのか?ということです。言い換えれば、納得できる料金を払えば自分がかかえる問題を解決してくれる人なのか?ということが最大の注目点になります。

たとえば労働問題に直面している客が検索するとき、まず労働問題に詳しく実績のある弁護士を探します。労働問題に特化した法律事務所等を見つけたら、料金設定がどうなっているのかを調べます。そしてどんな経歴の弁護士がいるのかわかって自分の意向に沿うと判断したら、初めてメールや電話で相談することになります。

そこで士業のホームページには、同業者の誰にも負けない高い専門性・強み・問題解決能力・安心をアピールし、差別化を図ることが重要です。専門性を説明する際に、専門用語を使わず一般人にもわかりやすい平易な言葉で叙述することも、集客力を左右する大切な要素となります。

料金の提示は信頼性を担保するうえで欠かせないので、わかりやすく目立つ場所に明記するようにします。料金がなかなか見つけにくい場所に配置されると、客が不安を感じます。提示した料金の脇に、このほかに別途請求があるかないかも明記しておくと、信頼度がアップします。

士業を営む本人の経歴も掲載して信頼に足りる人物であることをアピールします。学歴や業務に関する実績を中心に書いて、業務以外の人柄などは過剰にならないよう注意します。業務に関係ないことを書きすぎるとホームページが安っぽい印象になります。地味でも包み隠さず載せているとわかる内容なら十分です。

客観性を担保する手段として、アンケートで集めた顧客の声を載せることも効果的です。好意的な意見ばかりでなく、事務所の位置がわかりにくい、駅から遠いといった業務の本質に関わらない苦言も載せた方が信用性が高まります。

そして事務所の場所もホームページ作成において重要なポイントです。最終的に顧客は事務所に足を運んで依頼の相談をすることになるからです。顧客はアクセスの容易な事務所を選ぶことになります。住所の掲載はもちろんのこと、わかりやすい簡単な地図を載せておきます。他の地図表示サイトに飛ばないと地図を見られない設定は、時に時間がかかったりして閲覧者がイライラすることもあるので注意が必要です。

ホームページの体裁については、士業に派手な装飾文字やイラストは不要で、普通によく見られる常識的な形態が落ち着きを感じさせ信頼性を高めます。他人を批判するようなネガティブな文章は、記載者の信用に関わるので記載しないようにします。同様に依頼者が不快と感じるようなネガティブな言葉を避け、ホームページ全体として力強く前向きなイメージを保てるようにします。

ホームページの見やすさ・読みやすさも重要な要素です。限られたスペースにコンテンツを詰め込まずに空白を増やし、読者がゆとりを感じるようにすると読みやすくなります。士業は堅苦しいイメージがあるので、適度に親しみやすいホームページにする工夫が必要です。

またブログ・ツイッターフェイスブックなどSNSを連携させて、顧客に最新の情報を発信していく方法も効果的です。

ホームページ作成は制作会社に依頼すべきか?

多忙な士業において、ホームページを一から自作するのは大変な負担です。そこでホームページ制作会社にデザインや構成の作成について依頼してみるという選択肢もあります。開設したホームページを客に見てもらうために、SEOの対策も行ってくれます。

SEOとは、アクセスを増やすためにホームページを検索エンジンの上位に表示させるための技術です。したがって士業のホームページ開設者にも必須の戦略と言えます。

ただし制作会社に何でもまる投げではなく、コンテンツの重要部分は打ち合わせを綿密に行うか、自分で作成する必要があります。さもないと専門分野の説明や業務の細かい点について制作会社の作成した記事と事実の異なる部分を見逃すおそれがあります。

おすすめの関連記事

行政書士として独立するために知っておいて欲しいこと

行政書士が補助金業務で売上を上げる方法

資格起業家になるために取得しておくと有利な資格を紹介!!

商標の類似と、登録をする際に調査しなければならない事について

士業は、定性的なイメージが大事

事務所拡大するには社会から応援される事業をする

士業事務所の求人とは?~求人を出す際に気を付けるポイント~

士業の独立はWhyからスタートするべきです

士業事務所経営におけるシンプルなポイント

士業のダブルライセンスという罠~資格が目的化する~

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事