総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗
Question
起業に関するQ&A2019/03/14

日本の起業が完全に変わっているので間違えるな

矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する
Answer

日本の起業に求められていることが顕著に変わっていること

回答日時:2019/03/14 19:14:53

日本の起業に求められていることが顕著に変わっていることについて話したと思います。

 

これは2018年の日本政策金融公庫の総合研究所の新規開業実態調査というレポートからの引用です。

 

まず一つは開業者の女性の割合が19.9%、つまり開業者の五人に一人が女性となっているということです。

 

なお、これは上昇傾向にあるので、まだまだこれから割合は増えると思います。

 

こういった新しく数字が変化するところにはチャンスが生まれると思っています。

 

この場合は女性が起業するようになっているので女性起業のマーケットが広がっているということです。

 

これはどこかでチャンスが生まれているのかもしれない。

 

そういった観点で見ると面白いと思います。

 

次は、開業の平均費用がたった一年で81万円も減少しているということです。

 

これもどんどん下がっていくと考えています。

 

つまり少ない資金で起業ができるようになってきているということです。

 

これもチャンスだと思います。

 

起業にお金が必要ではないということです。

 

逆に気をつけないといけないこともあって、本当に簡単に起業できて失敗してもリスクが低いので準備をしなくなります。

 

もちろんそういった起業家は死にます。

 

なので、多くの起業家が死ぬことになるんですよね。

 

これには気をつけないといけません。

 

そして、もう一つ面白いと思ったのが、五年前と比べて1週間あたりの起業家の労働時間が12.1時間減っています。

 

1日で考えると約2時間減っています。

 

これは生産性が上がっているのかもしれないですし、労働集約的な仕事ではなくなってきているのかもしれませんし、副業が増えてきたということの影響かもしれません。

この統計は楽して起業で成功できるというわけではありませんのでそこは注意してください。

 

もちろん新しい起業の形がうまれてきていることも確かです。

 

しかし、起業するにあたってそれをきちんと理解できていない起業家の方達がたくさんいます。

 

なので、自分に合うやり方をちゃんと見つけることが大切です。

 

最後ですが、事業からの収入が定期的な収入に占める割合が5年前は80.5%だったのが今では52.9パーセントになっています。

 

つまり、五年前は10人中2人だけが自分の本業の収入以外でお金を儲けていたのですが、今では約半数になっているということです。

 

先ほども言った通り本当にたくさんの新しい起業の仕方が生まれています。

 

いろんな組み合わせができる時代にもなっています。

 

なので、自分がやりたいこと、自分の得意なことに基づいて良い選択をしていただければなと思います。

オススメの関連記事
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

回答者プロフィール

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。


矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する

回答するためにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら

削除します。よろしいでしょうか?