総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗
Question
起業に関するQ&A2019/04/18

経験のある仕事で独立した方がよいのでしょうか?

いまはWEB系の制作会社で働いていますが、近いうちに独立しようと考えています。  ただ、今やっていることことの延長線上で独立しようとすると、今働いている企業と業務がカブり、競合のような形になってしまいます。今までお世話になった恩もあるのでなるべく競合にならない形が  いいと思っていますが、経験のある仕事で独立した方が経験もありますしスムーズだと思います。  このような場合はどうすればいいでしょうか。

矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する
Answer

WEB系以外の選択肢はない!

回答日時:2019/04/18 20:54:36

そもそもWEB系でやろうと思われて独立を決めていると思うので、 WEB系以外の選択肢はないと思います。

会社への恩義のようなところでいえば、

1、まず期間的な意味でみると ・そもそも本当に長く勤めたのであれば、会社にその間、十分貢献されたということなので何の問題もありません。
・短い勤務の場合には、その会社のノウハウやメソッドというわけでもないので(体得できる話ではないので短期間で)、何の問題もありません。

2、テクニカルな対応方法という意味でみると
・会社に今の延長線で独立をしようと思っていると素直に伝えることを僕ならします。 結果ここで言っておかないと悶々としたものが残るだけです。
1の期間的なことや、関係性、ポジションなどを鑑み誰にどのように言うかを工夫します。

・業務委託的に会社より仕事を引き受け(貢献しながら)、または、仕事を逆に自分が会社に依頼する形で薄くでも濃くでも関わりを持つようにし、WINWINの構図にしちゃいます。

オススメの関連記事
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

回答者プロフィール

伊藤 健太

株式会社ウェイビー 代表取締役CEO伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。


矢印

質問に回答する

ペン質問に回答する

回答するためにはログインしてください。

メールアドレス
パスワード

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら

削除します。よろしいでしょうか?