総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

リレーが定番?事業承継のイラストを活用してみよう!

目次 [非表示]

事業承継とは、現経営者が後継者に対して事業を引き継ぐことを言います。この事業承継をイラストにするとどのような構図になるのでしょうか。多く見られるのがリレーの構図です。

なぜリレーの構図が多いのか、そして事業承継を最もよく表しているイラストとはどのようなものなのかをご紹介していきます。また、イラストの活用方法についても触れていきます。

事業承継のことが分かりやすいイラストとは

事業承継のイラストで多いのがリレーの構図と言われています。これはまさしく事業承継を表しているイラストと言えるでしょう。そもそも事業承継というのは、事業を後継者に引き継ぐことを意味しています。現経営者が築いてきた全てを後継者に譲るのではなく、引き継ぐというイメージがバトンタッチをするリレーの構図に似ていることから、よく使われているイラストの一つです。

また、握手をしているイラストも活用されています。これは納得の上事業を引き継ぐことを意味していることから温和な雰囲気を持つイラストになっているのです。

事業承継と言われてもピンとこないという人であっても、イラストを見ると何となくイメージを持つことができるのではないでしょうか。事業承継は、ただ単純に会社を継ぐのではなく、今まで築いてきたイメージを守らなくてはいけないといった責任もあるのです。明るい様子のイラストだけではなく、確固たる意志を持ち引き継がれるイメージのイラストが多いのもその責任あってのことなのかもしれません。

事業を引き継ぐ相手が身内や従業員の一人であればそこまで悪いイメージはありませんが、事業承継する相手が他企業である場合もあります。このようなM&Aの場合はまた違ったイラストが活用されます。M&Aでの事業承継ですと、イラストはオフィスビル同士が手を繋いでいるようなものが多いようです。

事業承継をする相手によってイラストは使い分ける必要があります。

身内に引き継ぐ場合ですと、父と息子のような構図のものもあります。事業承継のことを端的に説明するだけであればリレーの構図が一番分かりやすいのですが、社内や社外への案内文に使う場合は事業承継する相手によって使い分けるのが良いでしょう。

事業承継のイラストの定番はリレー?

事業承継のイラストで多い構図がリレーです。現経営者が前を走りだす後継者に対してバトンを渡そうとしている瞬間のものが多いようです。経営者が亡くなった後に引き継ぐのではなく、生前に事業承継を行うケースが圧倒的に多いことから、事業の引き継ぎをバトンに置きかえた構図となっています。バトンが事業そのものを表していることから、事業承継を一番イメージしやすいイラストと言えるかもしれません。

また、その他にもスーツを着用した二人が握手をしているイラストも多い傾向があります。背景にはオフィスビルがあることも多く、交渉成立がイメージされるものです。 ただし、やはり事業承継のイメージというよりもビジネスが成功したといったイメージが強い為、あまり活用されてはいません。

事業承継として多く活用されているイラストはバトンタッチをイメージしたリレーのイラストが一番多く、そのイラスト一つで事業承継をイメージできるものとして活用されています。

ただし、事業承継でM&Aを選択した場合はそのイラストですとイメージが異なってしまうので注意が必要です。M&Aは事業を売却するというイメージが先行している為、バトンタッチというイメージでは使われません。

事業承継する相手によってはリレーの構図ですとイメージにズレが出てしまいますので、活用する際には気を付けてください。

事業承継のイラストはどこで手に入る?

ビジネスとしてイラストを活用したい人におすすめなのがフリーイラストサイトです。フリーイラストサイトはその名の通り無料でイラストを使用することができます。また、ユーザーがイラストを投稿しているサイトも多く、イラストの数が多いのが特徴です。

その中でも人気があるサイトとして「イラストAC」をご紹介します。「イラストAC」のイラストはかなりの数があり、ビジネス向けのイラストも多数あるのが特徴です。活用する為にはメールアドレスの登録か、SNSのアカウントがあれば利用することができます。 しかもこの「イラストAC」では、自分のイメージに合ったイラストを直接イラストレーターの方へお願いすることも可能なのです。

基本的にはイラストレーターの方が投稿したイラストの中から自由にイラストを活用することができます。イラストの画像をクリックし、無料ダウンロードページに進めばすぐにダウンロードができるので迷うことはありません。ダウンロード後にはそのイラストを作成してくれたイラストレーターにコメントをしてあげてください。気に入ったテイストのイラストレーターを見つけた場合、イラストレーターのプロフィールページに飛ぶこともできます。

事業承継のイラストを活用すれば理解しやすい

事業承継と聞くと固いイメージがありますが、実際には事業を後継者へ引き継ぐというシンプルなことです。しかし字面からして難しそうなイメージが先行してしまい、理解されにくい部分があります。事業承継を分かりやすく説明する為のポイントにイラストを活用する方法があります。

イラストは一目見ただけでイメージしやすいという特徴があります。事業承継の場合は、リレーでのバトンタッチの構図が多く活用されていますが、これは事業承継を一目で分かりやすく説明したイラストです。事業承継をすることになった際の案内にこのイラストを載せるだけで、事業承継が行われることが伝わるでしょう。

文字だけでは固いイメージがありますが、イラストを載せることで理解されやすくなります。イラストはフリーイラストサイトなどを利用すれば無料で活用することができますので利用してみてください。

事業を現経営者から後継者に引き継ぐということは、従業員や関わりのある会社にとって不安な部分が大きいものです。今まで通り働くことができるのか、付き合いを続けることができるのかなど不安は尽きません。事業を引き継いだとしても経営していくのは引き継いだ新経営者です。今までとは違う部分が出てくることもあるでしょう。

そのような不安を少しでも緩和してくれるイラストを選べば、従業員や関わりのある会社へ安心感を与えられるのではないでしょうか。

あわせて読みたい関連記事

実質税負担ゼロで自社株が引き継げる特例事業承継税制とは?
事業承継にかかる贈与税や相続税の負担が軽減される?後継者は知っておきたい特例事業承継税制

特例事業承継税制を検討する際にはおさえておきたい特例の落とし穴
ちょっと待って!知っておきたい特例事業承継税制をとりまくリスクと対応策

事業承継をきっかけに家族ともめたくない方はお読みください
事業承継は先代経営者と後継者の問題だけではない。家族ともめやすい遺留分問題とは?

事業を売却するってどういうこと?
法人の事業譲渡とは?~メリット・デメリットと手続き~まとめて解説

企業の承継は、自社株の引継ぎだけじゃない
事業承継・会社/企業の承継って何?承継と継承の違いも合わせて解説

ゼロイチよりも買収!?これから増えるM&Aについておさえよう
M&Aって一体なに?会社に係るM&Aを基礎知識から理解しよう!

親族での事業承継を考えるポイントをまとめました
事業相続・承継!【親族内承継】って何?納税猶予も含めて解説!

中小企業を長年コンサルしてきた元金融機関行員中小企業診断士が語るシリーズ
事業承継との向き合い方②事業承継を幻にしないために〜誰に引き継ぐべきか〜
事業承継との向き合い方④~なぜモメるのか?親子間のボタンの掛け違いから考える事業承継~
事業承継との向き合い方⑤ 事業を譲る側がすべきこととは〜船に船頭は二人もいらない?〜

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事