総合トップ
起業
マーケティング
M&A/事業承継
仕事のできる人
セールス&営業
マネジメント/人材育成
経営

超簡単。すぐ実践出来る『分かりやすい文章』を書く5つの方法。

ポイント
  1. 見出しをつける
  2. 箇条書きにする
  3. 改行をする
  4. 例え話を挿れる

目次 [非表示]

こんにちは!松山です。

何事も「分かりやすさ」という部分は重要です。特にWebライターとして仕事をされている方やブログを運営されている方にとって「分かりやすい文章を書く」ということは最も重要なスキルです。

しかし、意外にも分かりやすい文章を書くことができる人は少なく、記事やコンテンツ作成の依頼者側も頭を悩ませている方が多いです。

「せっかく依頼を出したのに、分かりやすい文章で納品してくれるライターが少ない。」「最低限のレベルで良いから分かりやすい文章を書いて欲しい。」という話をよく耳にします。

特にクラウドソーシングサービス上のライターは、誰でも登録ができるためライティングのレベルがバラバラであり依頼者側はしっかりと見極める必要があります。

逆に言うと「分かりやすい文章を書く」だけで、高単価な案件を多く獲得していくことができるライターになれます。今回は「超簡単。すぐ実践出来る『分かりやすい文章』を書く5つの方法。」を解説します。

これは当然ライターとして仕事を受け副業される方にとっても、ブログを運営されていく方にとっても重要なことです。すぐに実践できて、劇的にライティングレベルを向上させることができるノウハウですので、是非参考にして頂ければと思います。

では実際にどうすれば「分かりやすい文章」を書くことができるのでしょうか?

具体的な書き方のポイントは以下の5つです。

  • 見出しをつける
  • 箇条書きにする
  • 改行をする
  • 例え話を挿れる
  • 画像や動画も使う

それでは1つずつ説明していきます。

こちらも合わせてお読みください。
webメディアの運用はしんどいぞ。明かされないwebライターの本音とは。

見出しをつける

見出しの存在しない記事ほど読みにくいものはありません。書く側としても、見出しを先に設定してしまうことで、書く内容が整理されスムーズにライティングに取り掛かることができます。

読み手側としても、「ああ、次はこの内容について書くのだな。」ということが瞬時に分かります。本や雑誌にも見出しはありますよね。あれは読者の目を一瞬で惹き、内容がすぐに分かるように書かかれています。見出しがあるとないとでは、読み手側にとって文章の分かりやすさが全然違ったものになります。

見出しには大きく3種類あります。

・大見出し(記事のタイトル)
・中見出し(大見見出しを分かりやすく分割)
・小見出し(中見出しを分かりやすく分割)

これ以上細かく見出しをつけると逆効果になり、余計分かりづらくなってしまいます。最低、中見出しまでは作りましょう。依頼者側としても、中見出しを作成し分かりやすいコンテンツを提供してくれライターは重宝したいものです。つまりライターとしての単価を上げてでも居てほしい存在となります。

文章を見出しもつけずにつらつらと書いてしまっている方は、文章の内容を見出しで区切ることを意識してみてください。それだけで、文章の分かりやすさが劇的に変化します。

箇条書きにする

箇条書きは本当によく使いますし、文章を分かりやすく整理するために「見出し」同様大きな効果を発揮します。今回の記事でも活用していますね。

①見出し
②箇条書き
③改行
④例え話
⑤画像や動画も使う

 

冒頭のこの部分です。

例えば・・・

伝えたい事は以下の3つです。

①○○○○

②△△△△

③□□□□

それでは、順を追って説明していきます。

①○○○○

説明文を書く

————————。

————————。

————————。

②△△△△
説明文を書く

————————。

————————。

————————。

③□□□□
説明文を書く

————————。

————————。

————————。

複数伝えたいことがある場合は非常に便利な「箇条書き」。先に何を書いていくかを簡単に伝えることは、人間心理である「結果を先に知りたい」という欲望も満たしています。よく会話でも結論から述べ、その後結論の詳細を述べると分かりやすい話になると言われますよね。あれと同じ効果をもたらすことができます。

農山漁村地域の起業に、チカラを「INACOME」

農山漁村が活力を取り戻し、持続可能な発展を実現するためには、何よりもまず、雇用と所得を生み出すことが重要です。農山漁村には魅力的な資源が豊富にあり、これを活用した多様な事業を起こすチャンスに溢れています。農林水産省では、豊富な資源とやる気溢れる人材、そして必要な資金を組み合わせ、農山漁村地域に新たなビジネスを生み出すことを目的として、Webプラットホーム『INACOME』を設置しました。

『INACOME』はこちらからスクリーンショット 2019-11-21 18.07.32

関連記事