総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

成功する起業にするための賢いタイミングや時期とは

ポイント
  1. 起業のタイミングや時期の選び方
  2. 起業をうまくやるためのタイミングとは
  3. 女性の起業のタイミング

目次 [非表示]

タイミングや時期が起業家には大切

起業のタイミングや時期というのは、テクニカルな意味と、用意周到な性格の方にとっては、とても重要になります。
何も考えずに何とかなるというタイプの方は、気にしなくてもよいでしょう。思い立ったが吉日タイプの起業家もたくさんいます。

起業や独立のうまいタイミング、時期とは

売上、お客さんができてから起業や独立をすべき

起業において絶対に負けてはいけません。負けるというのは会社がなくなることです。 一番の原因は、売上が立たないことです。
そのため、起業のタイミングとしてベストは、売上をつくってしまってから起業や独立をするのがとてもよいと思っています。

※ベンチャーやスタートアップ型の起業の場合には異なります。
たくさんの起業の仕方や種類がありますので、お読みください。

 起業のタイミングと検索をしているあなたは、相対的に堅実で、真面目で、心配性な方だと思います。
そのような方の場合には、一番手堅くやろうと思うと、起業や独立の前に、売上を立ててしまうこと、見込みのお客さんを多数つくったタイミングで起業や独立をするということが一番良いと思います。

副業的にやってみてリスクを確認した後のタイミング

小さくでもよいので実際にやってみてしまうということが大切です。
そのため、100か0というタイミングではなく、副業や複業という形で、リスクヘッジをしながら起業や独立の時期やタイミングを見極めるということもありだと思います。
現在の勤務の給与を超えそうだとか、私生活の生活はできそうなくらいの売上が見えたらとか、様々な基準があると思います。
実際に少しでもやっている中で、とても強いニーズを感じたとか、思っていたよりも簡単に売れてしまった、協力したいと申し出てくれる人が多くいたなど発見があるはずです。
マイナスも然りで、全然ニーズがなかったとか、売れないなども気が付きます。いずれにしても、やってみることで、自分の起業や独立に必要なことが明確になります。

事業領域、商品やサービスの旬や時流のタイミングや時期

事業は生き物です。そのため、今この瞬間でないと意味のない事業や商品、サービスというのは必ずあります。オリンピックに絡めてとか、万博に絡めてだったり、カジノができるので、その周辺事業としてスケールする可能性があるとか、技術的に早く覇権やシェアを取らないと他社に一気にやられてしまうなど、その時々のまさに時流や旬にダイレクトに合わせて起業や独立をするということがあると思います。

スモールM&Aのタイミング

今後の新しい起業の仕方として、事業承継できない会社を買ってそのままその会社の社長になるという選択肢が出てきます。
この場合には、良い会社が売りに出たタイミングが何よりも大切になります。不動産探しと同じ感覚になると思います。
常に売りたい会社に注目をして、買うべきかどうかをジャッジするという感じですね。

フランチャイズ起業をする場合には本部のタイミング

スモールM&Aに近いですが、フランチャイズに加入して起業される場合にも、良いフランチャイズ本部であれば、初期の頃に加入できると、後々、加入するよりも条件としてはよいものがあるでしょう。
※スモールM&Aもフランチャイズもどちらも投資家的な感覚が求められます。 リスクのないところには、リターンは全くありません。そのため、誰よりも先に投資する=起業することがポイントになります。

早期退職のタイミング

早期退職の募集にエントリーすることで、退職金がたくさんもらえたりします。
早期退職のタイミングをうまく活用することもありだと思います。起業を考えているのであれば、手持ち資金が多いに越したことはもちろんありませんので。

補助金や助成金などのタイミング

最近では起業を応援するための国や地域自治体など多数の補助金や助成金などがあります。
うまくタイミングを合わせることで、良い補助金や助成金の対象になるかもしれません。 (もちろん補助金や助成金を受給することが目的ではないので、本末転倒になってはいけません。) 

徹底的に考えてもう起業しかないと思ったタイミング

ありとあらゆる角度で考えてみて、自分のやりたいことを実現しようと思うと起業以外の選択肢はないなと盲目になれたときやタイミングというのはとてもよい起業の時期だと思います。一時的に熱することはありますが、時間を置いて、寝かしてみても、熱が冷めていなければ間違いありません。異性との関係と同じですね。自分の人生を賭してやりたいことなのか?という覚悟が決まったタイミングはやはりベストな起業や独立のタイミングだと思います。

こんな優秀な奴はいないと仲間とのタイミング

起業のタイミングとして仲間という要素が結構あります。これは、起業するなら絶対にこいつと一緒にと思っている仲間が急に誘ってきたときだったり、転職しようとしているようなときで、このタイミングを逃すと退職させることが大変そうだなということで、やってしまえということで起業をするということもあります。仲間の存在は起業の成功に大きく影響を与えます。
そのため、本当にこいつだという人なのであれば、そこに合わせるということは良い選択だと思います。

起業するなら何月がよいのか

王道はやはり4月だけど・・・ 4月に起業する人が圧倒的に多くいます。理由は単純に新年度ということです。 それ以外の実際のメリットというのはありません。
他の多くの会社と一緒で3末決算でわかりやすいということはあります。大したことではありませんが、4月設立の会社が多くあったりするので、顧問先の会社決算期が税理士的には集中してしまって大変だから、決算月を変えましょうという話があったりします。
結論ですが、何月が起業に有利ということはまずありません。
事業年度や決算月を決めるということは決算をすぐにしないといけなくなってしまったり、結果として消費税の免税を受ける期間が短くなってしまう可能性があったりしますので大切です。
決算月の決め方は大切もお読みください。

女性が起業するべきタイミングとは

数字計画や具体化をしっかりと行ってから

女性が起業するタイミングとしては、男性とは異なることがやはりあります。 あくまで一般的な話ですが、数字に弱い部分があったり、具体化に弱かったりする部分が女性起業家にはあります。(もちろん男性より優れた点は逆にありますし、男性起業家でも数字に弱い、具体化に弱い人もたくさんいます。)
そのため事業計画などが相当に緩かったり、曖昧だったり、成立していないケースも散見します。そのような状態で起業をしてもうまくいくことはないでしょう。
パートナーや良いアドバイザーなどを見つけて、苦手な箇所や、客観的に事業内容などを見てもらって指摘された部分を改善してみてということを何度か繰り返してから起業というのが良いかもしれません。
もちろん男性起業家も同様です。起業前に意外と、実際の起業をリアルに想定した事業計画をつくっている人、つくれている人は少なかったりします。外の力を借りて、客観的にしていくという作業は必要です。

いろいろな段取りや根回しなどしておく

女性起業というのは増えてきていますが、まだまだやはり少数ですので、色々と無駄な調整や気遣いが必要な女性も多くいると思います。
起業したことで、今までできていたことができなくなったとなっただけで文句を言われたりということもあるでしょう。
そのようなどうでもよいことに足を引っ張られないためにも、色々と時間を生み出すために、効率にやっていけるように、ITサービスやアウトソーシングの様々なサービスなどをピックアップされるとよいと思います。

女性起業のポイントについてもお読みください。
また、起業や起業家人生を効率的にしてくれるクラウドサービスのまとめもお読みください。

農山漁村地域の起業に、チカラを「INACOME」

農山漁村が活力を取り戻し、持続可能な発展を実現するためには、何よりもまず、雇用と所得を生み出すことが重要です。農山漁村には魅力的な資源が豊富にあり、これを活用した多様な事業を起こすチャンスに溢れています。農林水産省では、豊富な資源とやる気溢れる人材、そして必要な資金を組み合わせ、農山漁村地域に新たなビジネスを生み出すことを目的として、Webプラットホーム『INACOME』を設置しました。

『INACOME』はこちらからスクリーンショット 2019-11-21 18.07.32

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事