総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

“ドメイン”って? 集客ブログ制作に重要なドメインの取得

ポイント
  1. ドメインとはインターネット上の住所
  2. ドメインには種類がある、“.com”がおすすめ
  3. 短く、覚えやすいドメイン名にする

目次 [非表示]

ブログやサイトを作る際に、必ずと言って良いほど出てくるのがこの“ドメイン”。そもそもどのような意味があるのかわからない人の方が多いでしょう。

しかし、この“ドメイン”、意外と重要な役割を持っているのです。“ドメイン”はいわばサイトやブログの看板であるからです。

ブログを作成する前の人、もしくは“ドメイン”という言葉の意味を知りたい人でも今後、つい“ドメイン”を見てしまうくらいおもしろい情報が詰まっているのでぜひ読んでみてください!

そもそもドメインとは

ワードプレスでブログを開設する際も、ライブドアブログやアメブロで始める際にも出てくるのがこの“ドメイン”あるいは“独自ドメイン”という言葉です。

ここで有名なドメイン取得サイト“お名前.com”の「ドメインとは何なのか」をみてみましょう。

 

スクリーンショット 2019-02-15 23.39.52

 

ドメインとはインターネット上の住所のようなものです。

Webサイトはその住所に建てられる「家」というイメージをしていただければ、わかりやすいかと思います。

インターネット上でコンピュータを特定しているのは、「210.172.128.230」といった「IPアドレス」です。

ドメインを使うことで「onamae.com」といった情報を知っていれば、IPアドレスを覚えなくても特定のコンピュータにアクセスし、Webサイトを閲覧することができます。

実際の住所でも難しい漢字の地名が覚えにくいように、簡単で覚えやすいドメインを登録することが重要となります。

引用元:お名前.com

“お名前.com”の解説にもあるように、“ドメイン”とはサイトを特定する名前のようなものになります。ですから、“ドメイン”を決めるのにも慎重にならなければなりません。

“ドメイン”の決め方に悩んでいる方もいると思います。もちろん、どのような点を意識して決めれば良いのか後述してありますので、ぜひ参考にしてください!

ドメインとしばしばセットで出てくる“サーバー”って?

ドメインとセットでよく出てくるのが“サーバー”ですよね。先ほど解説しましたようにWebサイトを家に例えるなら、“サーバー”はその土地になります。

様々なデータを保管する場所ですね。基本的にサーバーは借りることが多いのですが、ライブドアブログやアメブロなどのプラットフォームを利用する場合、レンタルする必要はありません。

しかし、ワードプレスでサイト開設をする場合はドメイン、サーバー共にお金を払って取得する必要があります。少々手続きが面倒になりますが、プラットフォームに頼らない分、様々なメリットを享受することができます。

参考:Word Press(ワードプレス)を使ってブログ集客! ゼロからのサイト制作を解説

ドメインにはたくさんの種類がある

iStock-952661176

“ドメイン”を決める際に一番迷うのがこの種類の多さです。それぞれを取得する値段が違い、どれが良いのかわからない方の方が圧倒的に多いでしょう。

まずはそれぞれにどのような意味があるのか理解し、自分のブログやサイトにはどのドメインが最適なのかを選択しましょう。

.com

一番耳にすると言っても過言ではないのがこの“.com”

Commercial = 商用向け

という意味がもともとあり、その頭3文字をとったのがこの“.com”になります。世界で最も登録数が多いドメインでよく聞くのも理解できるでしょう。

ちなみに世界で初めて登録されたドメインが“Symbolics.com”です。1985年3月15日に登録され、当時のアメリカ合衆国にあったコンピュータ製造会社のものだそうです。

現在、そのドメインを見てみると「インターネット博物館?」なるものがあり、アメリカの大手の会社の広告が貼られていたりしています。気になる方はぜひ訪れて見てください。

「World’s first and oldest registered .com domain name on the Internet」

.net

“.com”、“.org”と同様に世界中の誰もが登録できるのがこの“.net”になります。

Network = ネットワーク関連 = コンピュータ同士の接続や情報共有、処理分散など

“.net”はネットワーク関連で使われることの多いドメインでありますが、実際、世界中の誰でも登録することができ、登録するための条件もありません。ただ、名前の関係で個人の利用はあまり多くなく人気とは言い難いドメインです。

“.com”と比べても少し値段が高く設定されていることが多いので、獲得したいドメインがすでに使われていた時などに利用すると良いでしょう。

.biz

2000年11月から使えるようになったのがこの“.biz”というドメイン。

Business = ビジネス = 個人・法人の商用目的

“.com”と意味が似ていますように、“.com”の代わりとして作られたのがこの“.biz”というドメインになります。もちろん、“.biz”も利用するための条件はなく、比較的低価格で取得することができます。

ただ、イメージとして“商用利用”というのがありますので、ブログやサイトのイメージを気にする方は避けた方が良いかもしれません。

.co.jp

少し変則的なのがこの“co.jp”になります。このドメインは“jp”の名前から連想できるように日本を意味するドメインです。分割してみると

Commercial = 商用向け + Japan = 日本

また、このドメインは取得するのに条件があります。

株式会社、有限会社、合同会社、合名会社、合資会社、相互会社、特殊会社、特定目的会社、その他の会社

信用金庫、信用組合、外国会社(日本で登記していること)

また次の組織も登録できます。

有限責任事業組合

企業組合(CO.JPかOR.JPのどちらか1つを選択可能)

投資事業有限責任組合、投資法人

引用元:JPDirect

上記の通り、to B(法人向け)に作られたドメインですので値段も少し高めです。その分セキュリティや、きっちりとした証明に使うことができるのでそのサイト自体に“信用”を得ることができます。

.jp

日本国内に住んでいる人であれば取得できるのがこの“.jp”というドメイン。

Japan = 日本

“.co.jp”と違い、法人は取得できないというのが条件で、日本語で取得できるというのが特徴です。最近、人気が出てきてよく見かけるようになりましたが、まだ“日本語.jp”というのは見ません。

前述の通り、ドメインはそのサイトや会社の看板となるものなので今後日本人にとって最もわかりやすい“日本語.jp”というのが流行るかもしれません。少し高いドメインとなりますが、このドメインを取得するのも良いと思います。

その他

その他にも“.org”や“.work”など非常にたくさんのドメインがあります。しかし、あまりおすすめしません

なんども述べますようにドメインはサイトや会社の看板となるので、安すぎるものやニッチなものはあまり良い印象を与えません。価格で選ぶのではなく、印象や人気で選ぶことをおすすめします。

「集客ブログ」に重要なドメインを決める際の注意点

iStock-942406336

ここまで“.(ドット)”の後ろの解説をしてきました。ただ、見栄えという点では重要なことでありますが、SEOにはほとんど関係はありません。

SEO対策にも、「ブログ集客」にも真に重要なのはここからです。きちんと理解していただけると幸いです。

短くわかりやすい

ドメインを決める際に最も重要なポイントがこの「短くてわかりやすい」ことです。実生活でドメインを言ったり、名刺に書いたりした際に、長ければ長いほど相手には覚えてもらえません。

また、短ければそのままネットに打ち込もうと思いますが、長ければSNSなどでURLを送ってほしいと率直に思うでしょう。企業や製品の名前を付ける時と同様に、覚えやすくキャッチーなドメイン名にするのをおすすめします。

ブログの内容にあった名前にする

そもそも、音楽のサイトなのに「food.com」であったらおかしいですよね。これは極端な例になりますが、意外と意識できていない方が多いのが現状です。

ドメイン名によってサイトの信頼感がましたり、“短くわかりやすい”のと同様に、SNSなどで共有された際にも違和感が無くなります。

ただ、大きくずれがなければ問題ありません。SEO的にはそこまで大きな影響がないからです。ですから、ドメイン名を決める際の一つのポイントとして意識しておきましょう。

会社、もしくは商品などの独自性のある名前にする

おすすめなのは、サイトの名前をそのままドメイン名にしてしまうというモノです。そもそもサイトの名前を考えるのに、ブログの内容や方針を意識し時間をかけて考えると思います。

そこまでして考えたのであれば、そのままドメインにも適用してしまえば良いでしょう。実際、ほとんどのブログやサイトは運営している会社やサイトの名前がそのままドメイン名となっています。迷った方はぜひ、採用してみてください。

ただ、ブログの名前を考える前にサイトを開設してしまった方もいるかもしれません。そうなった場合はドメインを購入し直すしか方法はありません。ドメインの新たな購入の方法も下記に記していますので、参考にしていただけると幸いです。

ドメインの取得方法

iStock-696807362

ここで簡単にドメインの取得方法を紹介しておきます。サーバーのレンタルや、サイトの開設の方法はこちらの記事の書いてありますのでご覧ください。

参考:Word Press(ワードプレス)を使ってブログ集客! ゼロからのサイト制作を解説

STEP1 ムームードメインを利用する

ドメインを販売しているサイトはたくさんありますが、ここでは“ムームードメイン”を使って紹介していきます。

ドメインを取得する際に、誰がそのドメインを保有しているのかをデーターベースに登録しなければいけないのですが、“ムームードメイン”は自動的にそれをドメイン管理会社が代行してくれるので安全にサイト運営ができるというメリットがあります。

“お名前.com”はドメイン取得時に同時に申し込む必要がありますので、もし“お名前.com”を使用する際は注意してくださいね。

参考:ムームードメイン

STEP2 ドメインが取得可能かを検索する

スクリーンショット 2019-02-13 15.07.39

HPにログインしたら検索窓が中央に現れます。そこに取得したいドメインを打ち込みましょう。ただし“.com”や“.jp”など、ドット以降の文字は打つ必要はありません。

ページが遷移すると、すでに取得されている(他の人が購入している)もの以外はカートに入れることができます。欲しいものが残っていれば取得しましょう。

STEP3 アカウント登録して入金する

スクリーンショット 2019-02-13 15.22.00

“ムームードメイン”はAmazonやFacebookのアカウントがあれば登録なしで購入のステップに進むことができます。

ドメインを購入すると言っても1年分の契約を1000円以下でできてしまうので、非常にお手軽です。サイトを制作したり、メールを作ったりするのに必要なものですので迷わず購入してしまいましょう!

ドメインの取得からこだわりを持とう!

今回は“ドメイン”について詳しく解説しました。正直、ドメインを取得する・ドメイン名を決定するというのはサイト制作、ブログ集客に置いてほんの一部分でしかありません。記事を書いたり、デザインにこだわったりする方が圧倒的に時間がかかることでしょう。

しかし、細部にまでこだわりを持つという理念こそが「ブログ集客」を成功させる秘訣になります。ドメイン名を決めるところからこだわりを持ってサイト制作をしていきましょう!

おすすめの関連記事

ー起業の新しい方法はこちらー
2019年1月更新/新しい起業の方法や種類登場。副業~会社を買って起業

ー合同会社設立の方法はこちらー
合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ

ー個人事業主と法人の違いを理解するならこの記事!ー
個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説

ー起業や独立で失敗する前にこの記事を読もう!ー
起業・独立・開業で失敗するパターン62選【起業支援の専門家が指摘!】

ー超少額起業はこちらから!ー
1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた

ー集客ブログをいますぐ立ち上げたい方はこちらの記事を!ー
Word Press(ワードプレス)を使ってブログ集客! ゼロからのサイト制作を解説

ーそもそも集客ブログって?疑問を解決!ー
【超最新攻略法】初心者でも簡単に集客できるブログの基礎の基礎

ー質の高い記事の書き方はこちら!ー
“ブログは基本読まれない!” 否定から始まる集客のためのブログの書き方

ー集客ブログの記事数はどれくらいがベスト?ー
“ブログ集客”に記事数は関係ない! ブロガーが「とにかく記事を書け」という真の意味とは!?

ー副業ライターを志すのであればこの記事を読みましょうー
なぜ副業に「Webライター」を選んだのか?

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事