総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

相談業歴16年相談件数1万件、人気コンサルタントに聞いた、継続できるビジネスの作り方

目次 [非表示]

最近オンラインサロンに関連する話題が多くなりました。

いまオンラインサロンは流行りのものから、定番のサービスへと定着する、過渡期にあるといってもいいかもしれません。

今回ご紹介する稲垣さんは、女性向けのオンラインサロンを展開されている、やり手のコンサルタントです。

ビジネスを継続していくためのポイントや、オンラインサロン運営のコツなどをお話しいただきました。

女性心理と女性集客の専門家

本日はよろしくお願いします。ブログやTwitterを拝見すると様々なことをされてるようですがメインはコンサルティングですか?

助っ人編集部

稲垣佳美

そうですね。今はコンサルとセミナーです。それから「オンラインサロン」と「女性の新しい働き方委員会」を立ち上げています。

IMG_9032

稲垣佳美 株式会社443代表取締役 相談業として独立して16年受けた相談は約1万件。ブロガー・心理家、オンラインサロン443倶楽部主催。人の心を鷲掴むネットプロモーションを生業にし、一千万以上稼ぐ女性起業家を多数輩出。女性の人生に関わり、夫婦関係、婚活、人間関係、ビジネス、仕事と、多くの現実を改革。

女性の働き方委員会とは面白いですね。ユーザーは主に女性ですか?

助っ人編集部

稲垣佳美

はい。私は女性心理と女性集客が専門なので。

創業8年、総売上1億6千万円とはすごいですね。年商1千万円以上の起業家を多数輩出されていますし。 コンサルティングの集客窓口はどこですか?

助っ人編集部

稲垣佳美

主にブログです。お客様はリピーターが8割、新規がぼちぼち。

リピーター8割はすごい! オンラインサロンを始める前からですか?

助っ人編集部

稲垣佳美

そうですね。結構長いお客さんが多いです。
初回の起業コンサルやセミナーからずっとお付き合いしていく感じ。

サロンを始める前からサロンの用なカタチだった?

助っ人編集部

稲垣佳美

そうなのかも。サロンを始めたのもリピーターが多かったから。
セミナー事業はそんなにリピートがかかるものではないので、それのフォローみたいなカタチで。
私のサロンはフロントエンドではなく、バックエンドなんです。

オンラインサロンがバックエンドですか?珍しいですね。

助っ人編集部

稲垣佳美

ファンクラブみたいなカタチ。それまでに色々と買ってくれて、一緒にやってきて、もう売るものもないから入ってもらうというような。

イケハヤさんのところとかそうですけど、起業したいとか、会社を辞めたいとか、オンラインサロンは成果を提供していることが多いイメージです。

助っ人編集部

稲垣佳美

でも女性ってそんなに成果が欲しいわけではなくて、どちらかというとその人が好きだからという理由で入る。だから他のサロンを見てみても活発に動いているのは男性です。
女性はどちらかというとROM専。人となりを知らないと月2000円であっても女性は払わないんです。そこは男女の差。西野さんのサロンでも活動的なのは男性が多かったし。

女性はサロンがバックエンドになっていたほうが合っているんでしょうか?

助っ人編集部

稲垣佳美

女性向けサロンはほとんどがバックエンドだと思う。
はあちゅうさんのところも本を読んだことがあるとか一回接触があってから入るんじゃないかな。

サロンの目的が明確でないような気がしますが、それも女性向けだから?

助っ人編集部

稲垣佳美

目的が明確なところは男性向けなんです。でもその場合、達成したら辞めてしまう。逆にそこが明確でないと居心地が魅力になります。女性は一度好きになってもらえたら長く付き合ってもらえるんです。

自分らしさとは?

「自分らしさ」という講演をされていますが、それは稲垣さん自身が自分の強みを見つけられたから?

助っ人編集部

稲垣佳美

はい。向き不向きというのか、そういうのは結構難しいんです。社会とのマッチングで生まれるものだから。 「自分らしさ」は社会や世間の求めているところでのマッチングでこそ発揮できる。「自分らしい」というと「自分が100%」になってしまう人が多いけど、本当にやりたいことだけでは世間には通用しない。

自分の強みを見つけるのも大変だが、それをどう利用するかも難しいということ?

助っ人編集部

稲垣佳美

要するにマーケティング。世間が求めていることに対して好みをマッチングしていかないと仕事にはならないし、単に傍若無人な人になっちゃう。
「自分らしい」というのは、ある意味で「自分が100%ではない」ということ。
私が自分らしさ、いわゆる強みを活かせのは、お客さんとか外側とうまくマッチできたから。

自分の強みを世間にマッチングさせていくには?

助っ人編集部

稲垣佳美

まず自分のたな卸し。能力や強み、性格を含めて全部。自分というのはこういう人間で、こういうことが得意で、これができる。自分の持っているもので喜んでもらえるものはなにか。
友達からでも誰でも良いんだけど、よく頼られることだったり、助けて欲しいといわれる分野、そういうところにマッチングさせていく。

なにができるか、なにを求められているかということ?

助っ人編集部

稲垣佳美

たとえばコンサルタントになりたい、という人がいたとします。その人に何を質問するかというと、今まで誰かから相談されたことがあるか。相談された内容はなにか。
極端な話だけど、相談されたことが一度もないという人はコンサルに向いていない。私はそういったところをフィードバックしていく感じ。なりたいものと実際になれるもの、それをすり合わせる。

自分のことを客観的にみるのは難しいですよね

助っ人編集部

稲垣佳美

はい、自分らしさと自分がやりたいことは違います。ただ、自分が「なにを求めているか」はちゃんと知っておかないといけない。お金が欲しいのか、人気が欲しいのか。
人気が欲しいのであれば人気を取るためにその人が持っているものをどう使うのか。
建前でお金が欲しいといっていた場合、そっちに走ると潰れてしまう可能性があるのでそこは見極めないと。そこも私のコンサルティングの1つ。

長く続ける秘訣は?

IMG_9020

独立して16年というお話ですが、継続できるポイントは?

助っ人編集部

稲垣佳美

自分のニーズもそうだが、やはり社会とのマッチングです。それを世間あわせて変えてきました。

象徴的なのはマッサージから相談へ変化でしょうか?

助っ人編集部

稲垣佳美

そうですね。私はマッサージで起業して、いまは相談業。相談が仕事なので、もちろん相談業の中でも社会のニーズに応えて変わっていかないといけない。結局はお客さんからどれだけ評価されているかなので。

周りをみて変化させてきた?

助っ人編集部

稲垣佳美

周りと、あとは自分を見て。それをマッチングさせていく。それから、やはり必要なのは実力。これが信用の担保ですから。実力があること、世間から求められていることができること、この2つが大切です。

自分と周りを客観的に見るというのが難しいです

助っ人編集部

稲垣佳美

自分らしくなることが独立するということではないけど、どこの分野で自分が信用を得られやすいのかがわかると独立面でも強い。 とはいえ、やっていかないとわからないこともある。そこはやっぱり難しくてもあきらめないでやってみること。
ただ……起業することが商売という意識がない人が多くて、そこが最近の起業ブームで戸惑うところ。

商売意識がなく、起業を志してしまう?

助っ人編集部

稲垣佳美

起業はキラキラしていて素敵なものだと思ってるんです。

どうしてだと思います?

助っ人編集部

稲垣佳美

自己啓発、自己実現と一緒になってしまったから。でも自己実現の中では仕事ってほんの一部分なんです。それなのに仕事だけが自己実現になってしまっている。 自分がどういう生活をしていきたいか。そこがマッチングしていないと長くは続かない。

成功している人の共通点は?

稲垣佳美

自分のことをよく分かっている。実生活が大事という感覚がしっかりある。自分がしたい生活がはっきりと分かっている。やればすごく売り上げが伸びるけど、それだと家のことや子どものことがおろそかになるし、プライベートな時間が減るのは嫌だな、とか。だったらこのくらいの分量にしておこう、と自分で調整ができる人は長く続く。

相談を受けるうえで気をつけていることは?

助っ人編集部

稲垣佳美

現実をどう見るか。気持ちではなくて、現実。夢を追うといわれても、いまから宇宙飛行士になりない、とかだったら非現実的。マネジメントの観点を含め、現状把握を大事にしている。

どんな人にサービスを受けて欲しいですか?

助っ人編集部

稲垣佳美

成果を出したい人、向上心がある人。今のままでいいやとか、ぼーっとしていればいいや、という感じではなく。どちらかというとビジネス、働く、という側面の相談が得意なので。
今は社会とのマッチングで悩んでいる人、もっと伸びていきたいと考えている人に相談にきてほしい。 今は無料なので、ぜひ入ってください。勉強会の内容はオンラインサロンのようにWEB配信でも見られるようにしていますので。

はい、本日はありがとうございました!

助っ人編集部

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事