総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

シニアでも起業できる?成功例を教えて

シニアでも起業できる?成功例を教えて

シニア世代の起業はとても増えてきています。シニアの方と若い起業家との圧倒的な違いとして、これまでビジネスマンとして蓄積してきた経験が一番に挙げられます。

そのため、今までやってきたことの延長線上として、コンサルや顧問などの事業を立ち上げることがリスクを最小限にした、手堅い策と言えます。

また、成長している会社ほど人手不足に苦しんでいるため、経験値を積み上げてきたシニア世代に対する需要は非常に高いです。

ただ、0から何かを始めるということに関しては、一般的な起業と同等のリスクがかかります。

伊藤 健太
株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学3年時リクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年8月にスイスのダボスで開催された、世界の若手リーダー140カ国から400名超が集まる、グローバルシェイパーズサミットに日本人3名のうち1名として参加。
2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。現在は多くの地方自治体からの依頼を受け、地方と起業家をマッチングさせる活動も行なっている。

YouTube詳細情報

起業家の0→1→10を支援する「01CHANNEL」では起業・士業のみなさまに役立つ情報を平日毎日更新しています!
ぜひ、ご覧ください!

チャンネル登録は↓から
YouTube壁紙

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事