総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業するタイミングっていつがいいの?

起業するタイミングっていつがいいの?

昔は起業そのものに対するハードルがとても高く、リスクが大きいためにタイミングという要素がとても重要なものでした。

しかし、現在では、起業の仕方や起業によって生じるリスクの対処が多様になり、それに伴って起業に対するハードルも低くなりました。起業に適したタイミングという考え方は、起業にはリスクが伴うものという認識があった時代のものです。

起業したからといってそれ以外の環境を全て捨てるというような100か0かという時代ではなくなりました。そのため、会社員をしながら隙間時間で副業をすると言ったような、選択肢を取ることができるようになりました。

これらのことから、起業のタイミングを窺うということ自体がなくなってきていると言えます。

ただ、流行りなど事業の鮮度が問題になってくるところでは、ライバルが台頭する前に早めに着手することが求められます。

伊藤 健太
株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学3年時リクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年8月にスイスのダボスで開催された、世界の若手リーダー140カ国から400名超が集まる、グローバルシェイパーズサミットに日本人3名のうち1名として参加。
2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。現在は多くの地方自治体からの依頼を受け、地方と起業家をマッチングさせる活動も行なっている。

YouTube詳細情報

起業家の0→1→10を支援する「01CHANNEL」では起業・士業のみなさまに役立つ情報を平日毎日更新しています!
ぜひ、ご覧ください!

チャンネル登録は↓から
YouTube壁紙

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事