総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業して、社員の採用を考えるタイミングっていつ?

起業して、社員の採用を考えるタイミングっていつ?

経営者が営業・マーケティングなど、経営者自身の強みを活かせる業務に集中するためには、人員確保は重要な問題となります。

人員確保についてまず考慮すべきことは、社員になる人の性質です。オペレーションの内部に入れて活躍できる人や事務作業をしっかりと行うことができる人など、それぞれの業務にあった性質を持った人を配置することが重要です。

また、売り上げを上げるためには営業・マーケティング活動の時間を捻出することが最優先事項です。そのため、経営者がそれらの活動に集中できるよう、人員はいればいるほど良いと言うことになります。しかし、雇う社員が多ければ多いほど、当然ですが人件費がかかります。しっかりと人件費を出すことができるのかと言う点はシビアな指標によって判断すべき問題です。

人員は今すぐ欲しいと思ってもすぐに確保できることではありません。一度採用した方とはある程度の時間をかけて関係構築することを心がけましょう。

伊藤 健太
株式会社ウェイビー代表取締役社長
慶應義塾大学3年時リクルート主催のビジネスコンテストで優勝し、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、資本金5万円で起業。
2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年8月にスイスのダボスで開催された、世界の若手リーダー140カ国から400名超が集まる、グローバルシェイパーズサミットに日本人3名のうち1名として参加。
2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。現在は多くの地方自治体からの依頼を受け、地方と起業家をマッチングさせる活動も行なっている。

YouTube詳細情報

起業家の0→1→10を支援する「01CHANNEL」では起業・士業のみなさまに役立つ情報を平日毎日更新しています!
ぜひ、ご覧ください!

チャンネル登録は↓から
YouTube壁紙

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事