経営
マネジメント/人材育成
セールス&営業
マーケティング
仕事のできる人
副業/起業
会社設立/資金調達

会社での優秀さや地位は独立、起業の力とは無縁

目次 [非表示]

会社での優秀さや地位は独立・起業の実際的な力とは違うとあえて思っておきましょう。
一般的に良い会社と言われる超大企業などにいると、仕事の立場や社会的な評価などよりあなた自身の実際の力について錯覚を起こしてしまうことが多々あります。

良く言われますが、あなたがすごいということではなく、会社がすごいのです。

独立、起業するとその会社のバリューがなくなるわけです。
会社に所属しているときに、色々と関係ある人に独立、起業の話をしてみると、当たり前に協力するよといってくださるわけですが、実際に独立、起業して協力してくれるかというとそういうわけではなかったりします。
これは少しさびしいかもしれませんが、あなたの勤めている会社がまずあって、〇〇社のあなたとのコミュニケーションを当たり前に多くの人は取るわけなのです。

また、勤めている会社が大きければ大きいほど、やはり社会的にとか、ビジネス構造的な立場が強いため、その中で営業として売れていたので営業が得意と思うことも気を付けるべきです。
ある意味、売れることが構造的、立場的に、仕組的に、決定的な状態で営業担当としていたということが往々にしてあります。
つまり誰でもその会社の人であれば大抵売れたということです。(もちろんそういう場合でないこともあると思いますが!)

会社名など全く知られていない中で、自分の力のみで営業先を開拓しているような人も世の中にはたくさんいるわけです。
独立、起業を持続的にうまくやっていこうとすると、今あなたのことを知らない人や会社相手に当たり前ですが、商品、サービスを展開できないといけません。

良い意味で、勤めてきた会社で培った経験や力を最大に利用しつつも、悪い意味では固執をしては絶対にいけません。甘い想定も絶対にいけません。
会社から離れたらあなたはあなたです。

優秀な人の中でめちゃめちゃ頑張って仕事をしてきたという自負もあると思いますが、独立、起業をして結果を出す人と、会社で結果を出すことというのはその泥臭さや前提があまりにも違います。裸一貫での、全く新しいスタートだというくらいの気持ちを是非持っておいてください。

当たり前ですが少し極端な話をしています。協力してくれる人もいるでしょうし、あなたが実際に他の人より頑張ってきた場合には、実際の力というものもあるわけです。ただ、独立、起業というのは本当にあなたが全てなので、そのことをわかっていただきたいだけです。

あわせて読みたい関連記事

アップルも合同会社!合同会社ってなあに?どんなメリットがあるの?
合同会社設立(LLC設立)について日本で恐らく1番分かりやすいまとめ

ソーシャルビジネスをするなら考えたい!NPO法人を設立するには
NPO法人を設立するメリット、費用、手続きなどまとめてみました!

企業形態で損をしない!どちらがよいのか比較検討してみよう
個人事業主と法人とは?違いを超わかりやすく解説

会社を設立したら否応なしに加入する社会保険について
協会けんぽと健康保険組合の違い、資格取得日と保険料の関係とは?

1円で会社が作れるようになったけど実際どうなの?
1円起業をはじめ超少額の起業について実態をまとめてみた

税金はコスト。これを知らずに起業してはいけません
起業するなら絶対におさえておきたい税金の全体像と資金繰りのこと

1円でもかかる費用は少ない方がいいという方に
使わないと損!?会社を設立するときに活用したい税金の免除制度

起業志望の方からの質問がとても多い事項です
起業する前に支払った費用は必要経費になるの?起業後も使える経費になる・ならないの基準とは?

融資を受けないとしても起業するなら事業計画書を作ってみよう
経営に役立つ事業計画書の考え方とおすすめテンプレート

会社の未来を左右するといっても過言ではない金融機関の選び方
どこで銀行口座を開設する?起業するなら知っておきたい金融機関の選択ポイント

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

株式会社ウェイビー代表取締役社長
徳島大学客員教授
世界経済フォーラム(ダボス会議)メンバー


慶應大学卒業後、23歳の時、病気をきっかけに、小学校親友4名、資本金5万円で起業。

10年間で10,000人を超えるスモールビジネス支援の実績を誇り、
スモールビジネスが、「早く、大きく、強く」育っていける01クラウドシリーズを展開。

経営、マーケティング、マネジメント論に定評があり、全国多数の経営者に慕われ、
銀行、経営者団体、上場企業などからの講演実績も多数。

「自分で稼ぐ力を身につける本」や「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書6冊。
日経新聞、エコノミスト、NHKなどメディア出演多数。