総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

起業した私の「今」までの道のり【第4回】~精神論編~

ポイント
  1. 起業する上で必要な心の強さ
  2. 常に孤独であること
  3. みんなのイメージとは違うものが多くある

目次 [非表示]

この記事は、3分で読み終わります。
ポイント:起業家には、孤独を乗り越る「自分との闘い」がつきものだからこそ、仲間・メンター・先輩の存在が成功の鍵となる。

代表として様々な壁を乗り越える【心】の強さを

読者のみなさん、こんにちは!今回も足を運んでいただきありがとうございます。
今日は、私が起業をするまでに超えてきた道のり【精神論編】をお話していきたいと思います。

起業をするに必要なものは【金】【人】【アイデア】等いろいろあると思いますが、代表として様々な壁を乗り越える【心】も大事です。そんな私が起業する中で乗り越えてきた、今ぶつかっていることをお話ししたいと思います。


あわせてこちらもお読みください
売れる商売人というのは、熱狂的な内なる図太い想いを持っている

代表は【孤独】であること

代表であることは孤独であるということ、これはなかなかイメージしにくいと思いますが、一見、会社を経営数人の周りには仲間がいて、たくさん従業員がいて、「楽しそう」と思うかもしれません。私は、毎日自分で営業に出かけ、仲間と会議をして企画をたて、ウェブエンジニアと会議をし、確かに「一人」ではなかったです。

関連記事