【第10回】仕事は一人では決して出来ない

ポイント
  1. 専門分野でないことは、その専門分野のプロフェッショナルに依頼するほうが効率がいい。
  2. 自宅教室だからと言って全て自分でこなす事はない
  3. 自分のスケジュール管理を大事にする事

目次 [非表示]

この記事は、5分で読み終わります。
ポイント:専門分野でないことは、その専門分野のプロフェッショナルに依頼するほうが効率がいい。

1.一人で仕事は出来ない

自宅で教室を開くと1人でやるとついつい思ってしまいがちです。独立したのだから1人でやるのは当たり前のことだと思っているかもしれません。ですが、少し考えてほしいのです。

名刺やロゴ、ホームページを作りたいので、デザインの知識やHTMLの勉強をしないといけないと考える。個人事業主なので会社員時代と違って自分で毎年確定申告をしないといけないので最低限の会計知識として簿記の資格ぐらいは必要なのではないだろうか?他にもいろいろと考えてしまうかもしれません。

ですが、デザインや会計知識などは、本当にあなたの自宅教室を運営するために必須の知識と思っていますか?

自分の専門分野以外の知識を習得するために時間とお金を費やしてしまうくらいであれば、自分の教室を運営するために役に立つ専門知識を伸ばしていったほうがより効果的になると思いますよね。どんなことでも、専門家に教えてもらって知識を吸収するほうが間違いなく早く知識を習得することが可能です。

本を何冊か購入して読むだけでも知識をものにできる人もいれば、セミナーで実際に話を聞いて手法をまねることで実行できるようになる場合もあるでしょう。コンサルタントに依頼して自分の行っていることについてアドバイスを受けてみたいと言う場合もあると思います。どれが良くて、どれが悪いというわけではありませんが、本が一番お金はかからないで、コンサルティングを依頼するのが一番お金がかかることになります。

お金を使う時には、使ったお金の価値は最低限でもリターンがないと使う価値はないかもしれないと考えるといいでしょう。

2.時間の使い方を考えること

自分ですべてを行う場合には、専門家を頼らないということでお金はかかることはないでしょうが、その代償として知識を習得するまでに多くの時間を費やしてしまうことになるでしょう。

人間は不老不死ではなく時間が有限であると考えると時間もお金であると考えることができるのではないでしょうか。時間を節約できるのであれば、あなたの専門分野でないことは、その専門分野のプロフェッショナルに依頼するほうが効率もいいですし、時間も節約することができます。

忙しいのは素晴らしいことですが、自分のやっている仕事で忙しいと言えるようになりましょう。専門分野以外で忙しくなってしまって時間を奪われてしまうと本来の場所で力を発揮することができなくなってしまいますので十分に注意をしてください。

自宅教室だとついつい1人で行うことというイメージが強くなってしまうかもしれませんが、他の人と協力して行うことも考えてみましょう。違う分野で教室を運営している方とコラボレーションをしてみたりすれば、仕事の幅は大きく広がることになるでしょう。今まで自分だけでは厳しかったことが、一緒に行うことによってお客様によりよいサービスを提供できるようになるかもしれません。

そうなればお客様に喜ばれ、あなたの教室の評判はさらに上がることになるといいことだらけです。そのためにもブログやセミナー、交流会での出会いを大切にしてください。

ーこちらの記事も合わせてお読みくださいー
【第11回】お客様を選ぶことは悪いことではない

おすすめの関連記事

ーしっかり帳簿つけていますか?ー
確定申告って何?個人事業主で経理がわからない方必見!

ー意外と忘れ去られている、就業規則の作成ー
社労士に相談する前に!?これだけは知っておきたい就業規則の作成ポイント3つ

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事