総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

【タイ最終日→シンガポールへ移動】大学時代の旧友に会う

ポイント
  1. コミュニケーションの重要性
  2. 最後の最終地点へ

目次 [非表示]

おはようございます!タイ最終日の朝となりました。フィリピン、ベトナムに比べて総じて発展目覚ましいタイは、とても過ごしやすい国でした。(全くローカルな部分には行っていないのでかもしれませんが。。。)

タクシーがメーターを回してくれない、英語が通じないなどで、行く先の調整がとても大変でしたが。モバイルワイファイがないとアウトでしたね。僕のワイファイは早々に故障をし、北見のワイファイが大活躍です。ワイファイがないとやばかったですね。遅れるご連絡もできないですし、最後の調整はほぼすべてGoogleマップですので。

海外でのビジネスの一番の肝は「コミュニケーション」

さて、本日は11時~タイのラストインタビューです。日本のゲームメーカーからアニメ―ションの作成を受託し、作成している会社さんです。

「交通事故がなければ海外に行くことはなかった」
「海外の中でも、日本人がいないところいないところに行こうと思う理由」
「タイ人デザイナーのつくるアニメーションってどうなの?」
「ワーホリをもっと活用すれば圧倒的にチャンスが出てくる」
「コミュニケーションが言語でないものでできる領域×キャッシュフローのよいビジネス」

などなど、リアルなお話の数々を伺うことができ、とても参考になりました。特に海外でのビジネスの一番の肝は、コミュニケーションです。

「言語でない方法でコミュニケーションできる領域を考えているという」考え方にすごく共感しました。どうしてもコミュニケーションをうまくなろうと思うと、英語などの語学を勉強しようという風になります。これもこれも大切なのですが、そもそも論、言語でないコミュニケーション(EX、絵を見せるとか)で、仕事で仕組化していくという方法もまた大切な発想ですよね。

結果、ほとんど仕事をしていません(もちろんされているのですが)というスタイルをつくっていらっしゃり素晴らしいなと感じました。その後ランチもご一緒させていただき、ちょうど来週から東京にお越しなさるようで、東京での再会をお約束してお別れしました。

IMG_9035

清弘 文哉さん(J CREATION 

いざ最終目的地シンガポールへ!

シンガポールに向かうために空港へ。タイ―シンガポールまでは2時間程度。あっという間でした。空からみえるシンガポールの景色だけみても、その他の国々とは全然違う、計画性、効率性のようなものを感じました。

空港着後も、市街地に向かうまでにも様々感動することが多かったです。街の綺麗さ、建物の形、ITの進歩などなど。ホテルに着いて、すぐに大学の友人(現在、大手電機メーカーのシンガポール支社に赴任中)と久しぶりに合流。いろいろ案内していただきました。

IMG_8488

一日目のシンガポールはこのようにして終わりました。

ーこちらも合わせてお読みくださいー
前の記事←【タイ2日目】日本企業のマーケテイング支援、農業、ホテルの分野で起業された日本人に会うの巻
次の記事→【シンガポール2日目】起業 

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事