総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

「個」の時代を生きる、“起業”という働きかた【第10回】弊社のメイン事業「求人広告代理業」とは

ポイント
  1. テレアポから原稿制作、事務作業までを1名の担当者が行う場合が多く、幅広い業種との取引があるため、仕事量は非常に多い
  2. 「求人広告代理業」は、経験や技術が身につくのも早く、独立起業する人が多い。
  3. スタートアップの事業としては比較的オススメ

目次 [非表示]

 

弊社のメイン事業について

ついに第10回!残すところ、あと2回となりました。読み返すと毒にも薬にもならないような事ばかり書いてありましたので、今回からは所謂「業界話」的な事を書いて、少しでも読んでくださっている皆さまの知識になれるような情報をお届けしたいと思います。

弊社のメイン事業は「求人広告代理業」です。様々な場所で自己紹介をする機会があるのですが、皆さま意外とこの業種をご存じありませんので、改めて詳しく説明させていただくと・・・求人広告代理業とは、リクルート、マイナビ、インテリジェンスなど、世の中に数ある求人広告媒体のいずれか(または複数)を取り扱い、人材採用を必要とする企業様へ、時期・地域・採用ターゲットなど様々な事象を考慮したうえで、適切な求人広告媒体の提案・販売を行う仕事のことです。

少し前までは、単純に広告枠を販売するようなイメージでしたが、人材採用の難しい現代では「採用コンサルティング」の側面も担う、人材採用を行う会社にとっては、非常に重要なパートナーといったポジションです。間接的に、時には直接的に雇用の創出を促す事もできる、社会的にも意義の大きな仕事だと思っています。

大まかな仕事の流れとしては、

・アポイント(訪問・電話・紹介など)
人材を必要としているお客様へアポイントを取ります。

・ヒアリング
採用ニーズやターゲットなど、具体的な状況を把握します。

・提案、契約
ヒアリングを基に、最適な人材採用方法を提案します。求人広告媒体が適していない場合は、チラシのポスティングや、人材紹介など、別の方法をお勧めする場合もあります。

・取材、撮影
基本的な労働条件(給与、勤務時間など)の他に、企業理念、社長の想い、社員インタビューなど、採用ターゲットに応じて、原稿内容を組み立てながら取材・撮影を行います。

・原稿制作
取材内容を基に、各媒体に適した形での原稿制作を行ないます。写真・動画の加工なども、この工程で行います。クライアントと試行錯誤しながら、原稿を仕上げていきます。

・掲載開始
掲載中も求職者の動向を見ながら、フォローや微調整を行います。

・効果測定・アフターフォロー
掲載終了後は、最終的な効果測定を行い、反省点や改善点、次回に向けた提案などを行います。

ーこちらも合わせてお読みくださいー
いきなりタイでの独立開業!タイ人向けリクルーティングサービスを展開する起業家の波乱万丈

独立起業する方が多いのも特徴

テレアポから原稿制作、事務作業までを1名の担当者が行う場合が多く、幅広い業種との取引があるため、仕事量は非常に多いですが、その分、経験や技術が身につくのも早く、独立起業する方が多いのも特徴のひとつです。

仕事量が多く、少人数で大きな売上を上げる事が難しい業種な反面、採用の必要な企業は非常に多いため、クライアントを獲得しやすく、スタートアップの事業としては比較的始めやすい業種だと思います。

おすすめの関連記事

ー人材紹介会社起業するなら①ー
成功の確率の上がる人材紹介会社起業のススメ【第1回】人材紹介業の現状とこれから


ー人材紹介会社起業するなら②ー
成功の確率の上がる人材紹介会社起業のススメ【第2回】基礎からわかる人材紹介業

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事