総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

20歳の学生起業家物語~オンライン語学ビジネスへの挑戦~【第3回】学生起業家に1番必要な能力って!?

ポイント
  1. 学生起業家は量をこなすべし。量をこなすことで仕事のクオリティが上がる。実績が作れる。
  2. 自分のやりたい事に対しての情熱とビジョンを持ち続ける。
  3. 早く実績を作り出す事によって仕事も生まれ新たな実績も生まれる

目次 [非表示]

 

100万円の出資、決定なるか

こんにちは!第3回の記事もお読みくださり、ありがとうございます!

前回に引き続き、ビジネスモデルが出来上がっていく過程と僕が思う学生起業家にとって必要なことをお話ししたいと思います! 前回から続きまして 見事、ある社長さまに当時考えていた家庭教師×外国留学生のビジネスをプレゼンする日でした。社長に認められれば、100万の出資という大一番です。

僕はまず、現在オンラインとリアルで存在する英会話講師の属性からお話ししました。

①ネイティブ講師(アメリカ、イギリス、オーラストラリアなど。)
②ノンネイティブ講師(非英語圏が母国だが,英語をネイティブレベルに喋られる人と定義
③主にオンライン英会話で活躍するフィリピン人講師

上記の3種類が存在すると定義しました。

①,②の講師の特徴として、日本に在住しているが、仕事(本業)として英会話講師をしているため高い賃金を払わないといけない。なぜなら彼らは契約社員か正社員として雇用されていて人件費が高くなりがちだから。その点、外国人留学生はアルバイトで雇用するため、賃金が安く家庭教師として外国人留学生を派遣してもビジネスが成り立つとプレゼンしました。

結果は出資決定でした!

どんなビジネスモデルだったのか詳細にお知りになりたい方は、連絡していただけたらお伝えします(笑)あの頃でも今でもそうなのですが、ビジネス全般に対してまだまだ学生レベルの考え方しか出来ないのに、なぜ出資決定という結果を勝ち取れたのかと思い返してみると、自分のやりたいことに対しての情熱とビジョンが決め手になったのかなと思いました。

学生起業家にとって必要なこと!?

特に情熱だと思います!もちろん、他にもマーケティングやサービスも大切だと思うんですが、情熱があれば仕事時間を増やせます。

僕ら学生起業家が競合の経営者に勝てる唯一の資源は労働時間で、これを徹底的に活用するしかないと思います。もちろん長時間労働はラクではないです。でも、情熱を持っていない仕事を8時間以上するのと、情熱を持っている仕事を8時間以上するのとでは、充実感はまったく異なります。やはり、後者の充実感は大きいですよね。さらに、事が上手くいったときの喜びってすごいし、もっとやりたいってなりますね。これは、起業家だけが得られる醍醐味じゃないでしょうか。

もし長時間働くってゆうことを続けられないとしたら、それは情熱の総量が足りていないのかもしれない。本気でやりたいことなのかやりたくないことなのか 見極める時の指針にもなりますよね。まとめると起業家は、情熱を原動力にし、とにかく量をこなすことが大切だと思います。多くの先輩経営者もよくおっしゃられます。

とにかく量をこなす。これには二つの意味があると。

一つ目は、量をこなすことで仕事のクオリティが上がること。二つ目は、実績が作れること。特に二つ目は重要だとおっしゃられていました。お客さまは、サービスを買うか買わないかを決定するのに必ず「実績」を判断材料にする。そのため、どれだけ早く実績を多く作れるかが重要になる。実績があれば、仕事を呼び、さらに実績が積まれ、次の仕事を呼び込む。量をこなすことで、こうした善循環が生まれやすくなる!

僕も記事を書いてる中、もっと頑張って仕事せなと思いました。(笑)
次回のテーマはビジョンの重要性についての記事にしようと思います!

ーこちらもあわせてお読みくださいー
学生起業家必見!関東にあるオススメのコワーキングスペースまとめ

おすすめの関連記事

ーたった2年で「労働者」から「投資家」にー
「若手起業支援のプロ」は現役大学生?!学生起業家 清水和希氏インタビュー

ー資金もない、人脈もない、足りないリソースだらけの学生に贈るー
学生起業が実はメリットまみれだと分かる驚愕の真実6選

 

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事