総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

「“4人目の経営者”になるために」ベンチャー企業で部長を務める男の役割

ポイント
  1. なかなか一歩進めないでいた自分に大きな後押しがあった。
  2. 大きな責任をあたえられるも、それは自分を突き動かす着火剤へ
  3. 日々の中で見つけられるアウトプットを忘れない。

目次 [非表示]

引っ越し代、振り込んでおいたから

対談
START
 

ウェイビーマンです!よろしくお願いします!まずは、ウェイビーにジョインしたきっかけについて教えてください。

対談
START
 

もともと僕は伊藤が主催していた「イトケン塾」の一期生です。二十歳で行政書士試験に合格して、独立しようか迷っていたときに、経営を勉強しようと考えてイトケン塾に入塾しました。そこで勉強しているうちに、伊藤から「東京で勉強したほうがいいよ」と誘われて。

当時、経営のことが分からなかったので、経営関連の書籍を読み漁っていました。
そのうちの一冊が伊藤の本で、彼のブログも読んでいたのです。それで福岡でもセミナーがあるということで、参加したのが最初のきっかけです。

対談
START
 

イトケン塾の一期生なのですね!その後はどうされていたのですか?

対談
START
 

その後は、起業家向けイベント「TERACOYA福岡」を北見と僕とで担当して。現地に住んでいたこともあり、いろいろと携わらせてもらいました。そのイベントが終わったのとほぼ同時に、東京に出てきました。

伊藤は当初から、僕のことを気にかけてくれていて。もちろん会社のことを考えてだとは思いますが、ウェイビーの成長と僕自身の成長とを考慮してくれていたのかもしれません。

もっとも、僕は地元から離れることに抵抗があったので、いろいろと言い訳していました。あるとき、「引っ越し代がないので……」といつものように言い訳すると、「引っ越し代を振り込んでおいたから、今すぐ東京に来なさい」と言われてしまって。

それで東京に出てきたのが2014年9月です。今になって考えると、東京に出てこられて本当に良かったと思います。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

助っ人編集部

助っ人編集部

起業家を増やし、一緒に世界を楽しくするべく立ち上がった助っ人編集部。 起業家、起業を志す全ての方へ、全国の有力な起業情報をお届けします。 無料会員登録をしていただくと さらに多くのコンテンツをご覧いただけます! ホームページ: https://suke10.com/

山田 龍輔

山田 龍輔

株式会社ウェイビーWEB事業部部長 1990年 4月 福岡県出身 2011年 1月 行政書士試験合格 2013年 9月 ピジー行政書士事務所を設立 2014年 8月 「TERACOYA in福岡」にて、NHKの放送と福岡市の後援を獲得 2014年10月 代表伊藤の勧誘で株式会社ウェイビーにジョイン 2015年 2月 伊藤とカンボジアに視察へ 2015年 6月 伊藤と台湾に視察へ 2016年 1月 株式会社ウェイビーWEB事業部長に就任 2016年 2月 株式会社VALL設立 同社取締役に就任 年間100以上のマーケティングに携わる。