総合トップ
起業
資金調達
会社設立
副業
マーケティング
事業承継
地方起業
フランチャイズ
シニア起業
税・会計・法律
士業
ビジネス
失敗

いきなりタイでの独立開業!タイ人向けリクルーティングサービスを展開する起業家の波乱万丈

ポイント
  1. 起業を思い立ったのはボランティア活動から。
  2. 国内ではなく東南アジアのタイを選んだその訳とは。
  3. 周りの協力なかったら今の自分はいない!

目次 [非表示]

起業のきっかけは学生時代のボランティア

対談
START
 

まずは自己紹介からお願いします。

対談
START
 

越陽二郎と申します。現在は「JobTalents(ジョブタレンツ)」というIT業界向けのソーシャルリクルーティングサイトと、「WakuWaku(ワクワク)」という、日本語を使えるタイの人材をターゲットにした日系企業向けのダイレクトリクルーティングの2つのサービスを展開しています。現在進行中で、クラウド人事管理ソフトHappyHRの開発も行っています。

対談
START
 

起業の経緯について教えてください。

対談
START
 

もともとは学生時代にバックパッカーやボランティアとして東南アジアの国をよく訪れていました。トイレを掘るワークキャンプや、山奥に物資を持って行くボランティアなどをしている際に、いずれは違う形でこの地域に戻り貢献したいなと思っていたんです。

その後、東南アジアに携わることになったのは今から4年前です。KDDIグループに買収された「ノボット」というスマートフォンネットワーク会社の東南アジア地域での新たな展開の立ち上げ担当ということで、2012年の4月にタイに赴任しました。立ち上げの任務を終えたところで東南アジアでITスタートアップブームが起きたり、コワーキングスペースができたりしていたこともあり日本人として貢献できることがあるのでは、と考え思い切って独立をしました。

対談
START
 

どんな分野で起業を考えていたのでしょうか?

対談
START
 

その頃はeコマースが注目を集めていました。ですので、最初はそうした方向での起業も考えたのですが、いずれ東南アジア全体に展開しようと思ったときに、東南アジアではまだロジスティックスが整備されていなかったので難しいのでは、と考えました。

それで、物販が絡まない事業をいろいろ考えたのですが、「人材」は一つ革新が求められている領域だと見定めて、日本の既存サービスでタイにまだないものを色々検討しました。
そのときに、もともと駐在時代から友人であり先輩起業家としてよくアドバイスをもらっていた「Ookbee(オークビー)」という電子書籍のスタートアップを経営者ムーさんに事業案を相談しました。彼はタイにおけるITスタートアップのリーダー格のような人物で、よく相談していました。
その時点ではとくにお金を出してもらおうとは思っていなくて、どちらかというとアドバイザーになってもらいたいと思っていたのですが、事業計画を聞き資金提供してくれるというオファーをもらったので、ぜひ、ということで具体的に話が進んでいきました。

登録することで、 利用規約・プライバシーポリシーに 同意したものと見なされます。

関連記事

著者プロフィール

伊藤 健太

伊藤 健太

慶應大卒業後、23歳の時に病気をきっかけに小学校親友4名、 資本金5万円で起業。 お金がなかったため、知恵を絞った伊藤独自のマーケティング手法を多数考案。 8年間で、累計10,000件を超える起業・その後の事業支援に関わり、 全国、北海道~沖縄までコンサル先累計500社超を抱えるまでに成長。 全然売れていない(月商0-100万円)小さい会社や個人事業主の売上を 数か月~2年の間で、年商数千万円~10億円を超えるところまでに持ち上げた実績でいえば 国内でも間違いなくトップクラス。  2016年末に、世界経済フォーラム(ダボス会議)の若手リーダーとして日本代表に選抜。 2018年9月1日より、徳島大学客員教授にも就任。元LINE社長の森川亮氏推薦の「起業家のためのマーケティングバイブル」など著書5冊 NHK、日経新聞、エコノミスト、夕刊フジ、日刊工業新聞、CCTVなどメディア出演多数。

越 陽二郎

越 陽二郎

1984年生まれ。 2008年東京大学卒業。 2009年、株式会社日本能率協会コンサルティング入社、経営戦略コンサルタント兼アジアマーケティングチームメンバーとして従事。 2011年、株式会社ノボットに入社、KDDI子会社medibaへの売却に伴い、同社の海外戦略部創設に参画。 タイ拠点立ち上げリーダーとして1年の任期を終えた後、2013年3月退社。同年11月バンコクにてTalentExを創業。