【保存版】学生起業家が初期の資金を集めるためには?タイプ別のオススメまとめ

カテゴリ:あれこれ学生資金調達 |  更新日:2016.11.01

1

学生起業をする上で大変なのはチームマネジメントやサービスの開発など様々な障壁があります。特に資金の問題が悩みの種です。サービス開発に集中するとなったらバイトもできませんし、かといって何もしないと生きていけない。さて、今回はエンジニアやプランナーなどの場合に分けて、受託をして資金を集めるオススメの方法を考えてみました。

学生起業したいが自分は営業マンタイプの場合

Negotiations

Freepikによるデザイン

何かクリエイティブ系のスキルがあるわけでもなく、気合と根性だけは負けない、そんなタイプの方にオススメなのが営業です。どこかしらの企業からの代理店として商材を獲得し、自身の足を使って営業をしましょう。そこで生まれた利益を元にエンジニアやデザイナーなどを雇うことで作りたいものを作ることができます。昔からエンジニアではない人が起業する際にはよく取られていた手法なのでメジャーではあります。特に多いのがネット回線の訪問販売です。

学生起業したいが自分はライタータイプの場合

Working meeting

Designed by Freepik

営業は苦手だけど文章を書くのは得意、そんなタイプの方にオススメなのがライターです。リモートワークができるので時間や場所うに制限されることなく仕事をさばいて資金を集めることができます。ただし単価が低いので量を作る必要があるので集中力が問われます。自社サービスを開発する際のキャッチコピーやSEO周りの業務などに応用を聞かせることができます。

学生起業したいが自分はエンジニアタイプの場合

ofjhb90

Freepikによるデザイン

自分でシステム開発をできるスキルを持っている、そんなタイプにオススメなのがエンジニアです。システム開発のできる人材は一般の企業でも喉から手が出るほど欲しがられています。最初は低い額で信頼関係を作りつつ、だんだんと価格を上げていくといいでしょう。ただし、受注した開発案件には時間を割かれてしまい自社サービスの開発が滞るので注意が必要です。

学生起業したいけど上記の方法を取りたくない場合

479d696980b267fccb2dde4fe26d3e74_s

それなりの能力を持っているが受託をやっていては時間がもったいない、そんな方にオススメなのが出資を受けることです。ベンチャーキャピタルや投資家から資金を調達することで煩わしい資金問題を解決することができます。ただし、その際は持ち株を渡したり、経営権を握られるなど様々な制約が発生するので注意が必要です。

学生起業したいけど経営にこだわりがない場合

0d8ee6c371902d77196ab3bc4c976bd8_s

学生起業をしたい、自社サービスを回したい、そんな人にオススメなのが持ち込み起業です。多くの企業では資本力はあるがアイディアがない、そんな状況に置かれている場合があります。もしも経営自体にこだわりがないのであれば、持ち込み企業を提案し、サービスの担当者になったり、子会社の社長として活躍するのも選択肢として挙げられるでしょう。

いかがだったでしょうか。初期の資金がないとしても様々なパターンで資金を集められる可能性が出てきましたね。もしも本当に学生で起業をしたいのであれば、様々な経営者に会うのも一つの手段です。なぜなら彼らも苦労をして、どうにかその場に立つことができたからです。そんな中で自分よりも若い学生が頑張っているのであれば、応援をしたくならないわけがありません。若さと度胸を持って多くの経営者に会ってみましょう。誰かを紹介してもらえたり、エンジェルとして投資をしてくれるかもしれません。何かが変わるきっかけになると思うので行動に移していきましょう。


記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

ページ最上部へ

メニューを閉じる

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら