副業で月10万円稼ぎ始めて変わった7つのこと

カテゴリ:あれこれ副業・個人・フリーランス |  更新日:2016.11.22

Change Choice Development Ideas Improvement Concept

こんにちは!松山利基です。

会社員をしながら副業で月10万円以上を稼ぐようになり、やはり心境面でも生活面でも変化が起きるようになりました。今回の記事は、「僕が副業で月10万円以上を稼げるようになり変わった7つのこと」というタイトルでお送りしたいと思います。自分で動き、会社以外からの収入を得ることができるようになると色々と感じることが出てきたりします。その中でも特に強く自分の中で変化したことを書いていきます。

① 会社を辞めて生きる自信がほんのちょっとついた

ほんのちょっとです。(笑)

やはり1日2~3時間の副業で月10万円以上の収入をコンスタントに生み出せるようになると、「本業の時間がなければ、副業の仕事に時間を割くことができスキルも報酬も上がっていくのでは・・・?」と考えるようになります。元々会社を辞めるつもりで副業を始めたのですが、やはり月10万円稼いだという実績は自分の中で更に次のステップへの可能性を感じさせてくれるようになりました。

② お金が貯まるスピードが加速した

副業をはじめると平日、休日ともにパソコンの前に向かうようになりましたので、無駄な出費がなくなりました。本業の収入に月10万円以上の収入が乗っかり、「稼ぐ」+「使わない」ことからもお金の貯まるスピードが急激に加速します。手取りで合計30万円以上を超えたときは、さすがに自分を褒めてあげました。

会社の給料だけでは、家賃や奨学金返済、食費などでそのほとんどがなくなっていましたので、副業を始めてから金銭的な面から心の余裕が生まれました。

③ キーボードタイピングが速くなった

これは僕が「ライター」という副業を始めたからということもあるのですが。変わったことの1つとして「キーボードタイピング」が異常に速くなったと感じます。キーボードを早く打つことは、あまり得意ではなかったのですが、ブログ作成や記事の執筆依頼に毎日対応しているうちにかなり速くなりました。

速くなると作業のスピードも当然上がり1記事あたりの時間単価が上がります。当然それだけ数多くの案件をこなしていくことが可能になり、結果収益に繋がるというわけです。やっぱりポチポチと打っている人と、バリバリに速く打っている人とでは限られた時間内にできる「量」が変わってきます。「書く」ということを副業の中で実践されている方は、タイピングが早くなって損はありません。

次のページ:④ 「専門的である」ということの強さを感じた

1 / 2 1 2

記事が役に立ったらシェアしてもらえると嬉しいです!

関連記事

ステップメルマガ
無料相談実施中!
先輩起業家の起業ノウハウ
会員登録をして助っ人ツールを活用

ページ最上部へ

メニューを閉じる

パスワードの再発行はこちら


新規登録はこちら